西日本豪雨から一週間、支援と、コアストーンという巨石のこと

広域多発豪雨のあった、一週間前の7月6日は、朝にオウム真理教事件の死刑囚13人のうちの7人が連続的に処刑された日でもあるのですが、そのことも含めて、この一週間は大変な一週間だったように思えます。

報道によると、西日本豪雨の被災地では、阪神・淡路大震災や東日本大震災などの過去の災害時と同じように、瓦礫や泥や石やごみなどを処分する場所がないという問題や、衛生や臭いや虫の問題や、支援物資のミスマッチの問題が起きているということでした。今朝の報道では、全体で187人の方が亡くなったと言われていました。土砂災害で地形が変わって道路にできたという川の水で洗濯物をしている小学生の方たちの姿に驚いたのですが、被災各地の断水は今も続いていて、町の方も、病院などの施設の方も、水を使うことができないそうです。

6日の前日の、大雨の警報の出ていた5日に「赤坂自民亭」という宴会を開いていたという安倍首相とその周辺の国会議員たちは、参議院議員の定員数を6増やすという法案の審議を国会で進めていて、大阪の高槻市の地震以降、さらに水道事業民営化法案の国会審議を進めようとしているようなのですが、日本に住む人々の命に関わる日本の水道事業は公共の事業として国や自治体が責任を持って運営するようにしてほしいと思います。日本政府がアメリカ政府から買う予定にしているらしい、周辺の地域がミサイル探知のための謎の強い電波に常にさらされることになるという陸上型ミサイル迎撃システムのイージス・アショアの購入費の約1000億円(2基だとその倍、さらに毎年高額の維持費がかかるそうです)の税金を、武器のためではなく、被災者の生活支援や被災地の整備のために使ってほしく思います。東日本大震災と聞いて想起する東北の被災地とは異なる場所(東京都内の都市開発事業など)にも使われていると報じられていた東日本大震災の時の「復興予算」や各国政府からの義援金は、結局、被災者支援や復興のためにどのくらい使われたのでしょうか。

昨日には、東京オリンピック・パラリンピックを「復興五輪」であると国内外に印象付けるために、来年3月から行うという全都道府県を巡る聖火リレーを福島県から始める(青森県や岩手県からではなく福島県からに決まったのは、メルトダウン事故を起こした東京電力福島第一原子力発電所があるからでしょうか)というような報道もありましたが、そのような東京オリンピック関連の聖火リレーの報道(聖火台をお台場に置いて集客を図るという計画も謎に思えますが)に、私は少し違和感がありました。それとも、被災した方々も、聖火リレーが自分の住む都道府県に来たなら嬉しく思うものなのでしょうか。

今日も気温と湿度が高く、天気予報によると、全国的に気温は35℃前後であるようです。40℃近くという(ほとんど殺人的な)気温になる地域もあるそうです。昨日には、被災地に泥棒が出ているということも報じられていましたが、また被災地で窃盗や詐欺や性犯罪などの嫌な事件が起きるのだろうかと(思い過ごしかもしれませんが)憂鬱な気持ちになりました。

被災者が使わない毛布などの支援物資が大量に避難所に届けられて、支援の現場の職員の方々が困っているというような報道もありました。災害の度に問題になる支援のミスマッチは、どうしてなかなか改善されないのでしょうか。必要な人に必要な支援が届くようになってほしいです。避難している方が、爪を切りたいから「爪切り」がほしい、と話しているのを聞いて、なるほどなと思いました。被災地の方は、当然のことながら、突然の災害が起きるまでは、被災していない地域の方と同じように、ごく普通の日常を過ごしていたのだということを改めて思います。ボランティアの支援なのだから「善意」であるはずだという考え方も分かるのですが、「善意」という言葉で括るのではなく、被災者のためのものであるはずの一方的な支援物資が被災者の迷惑にもなり得るということは、はっきりと言ったほうがいいというか、そのようにメディアが伝えたほうがいいのではないかなと、そのニュースを聞いて思いました。遠くに住んでいる者(私もその一人です)が今、自分なりに少しでも被災地を支援したいと思った場合は、物資を送るとかではなく、やはり身近な専用の場所に募金をする(義援金を送る)というのが、簡単でもありますし、自己満足的なものになってしまうかもしれないとも思うのですが、一番良いのかなと思います。

あと、山の土砂崩れによって市街地に転がり落ちて来たという巨石は、「コアストーン」と呼ばれる直径6メートルほどの石だそうです。日本列島ができていく過程で地表に上がってきたマグマがゆっくりと冷えて固まることで出来た花崗岩なのだそうです。風化して砂になったものが真砂土となり、その豪雨に弱い真砂土の土地が西日本には多いということでした。以前のNHKの「列島誕生 ジオ・ジャパン」という科学番組でも伝えられていましたが、東日本と西日本は、同じ日本列島でも、その出来方が違うのだそうです。

風化していない花崗岩のコアストーンを、復興の過程で一体どこに移動させるのだろうということも気になるのですが(さすがに山に戻すことはしないと思いますが)、日本にも巨石文化はありますし、今回の豪雨の影響で土石流となって山から被災の町に物凄い勢いで転がってきたという、コアストーンなる自然の巨石の点在する風景を見て、注連縄や紙垂が巻かれて“神様”になっている巨石は、このような巨石なのかもしれないなと思いました。

俳優の加藤剛さんが亡くなったことと、西日本の「平成最悪」の豪雨災害

私は昨日の報道で知ったのですが、俳優の加藤剛さんが先月の18日に亡くなったそうです。80歳だったそうです。以前にテレビで拝見した時、とても痩せていらして驚いたのですが、胆のう癌だったそうです。

加藤剛さんのことは、私はTBSの時代劇の「大岡越前」で知りました。昔、夕方に再放送されていたのを好きで見ていました。「大岡越前」は1970年から1999年まで放送されていたということなのですが、すごいことだなと改めて思います。加藤剛さんの演じる江戸の南町奉行の大岡忠相と竹脇無我さんの演じる親友の医者の榊原伊織先生の存在感がかっこいい時代劇だったという印象があるのですが、とても真面目な方だという加藤剛さんが大岡越前の役柄の雰囲気を最後まで保ち続けていたということも、本当に立派なことだと思います。

最近の俳優さんたちは、映画やドラマの中で犯罪者などの悪役を演じることを面白く思っているようなのですが、加藤剛さんは、大岡越前のイメージのために、大岡越前を演じるようになってから悪役を演じないことにしていたと聞いたことがあります。八千草薫さんや吉永小百合さんにも、悪役を演じている印象はないのですが、絶対に悪役を演じない俳優さんというか、良い人の役柄とご本人が重なる俳優さんがいるというのは、俳優さんの全員がそうなることは難しいことだと思いますが、大切なことのように思います。

加藤剛さんは、作品を通じて世の中を良くしていきたいと考えていたそうです。報道で紹介されていた映像の中の加藤剛さんは、世界が平和になることを祈っていました。加藤剛さんも、戦争を知る世代の方でした。先日の「笑点」は落語家の桂歌丸さんの追悼企画でしたが、俳優の加藤剛さんが亡くなったという昨日の報道に、平成時代の終わりが近付いていることや、昭和時代がまた少し遠くなっていくことを思いました。


西日本に甚大な被害を出した記録的な広域多発豪雨のことを、気象庁は「平成30年7月豪雨」と名付け、「激甚災害」に指定したそうです(「西日本」などの地域名はその豪雨の名称の中にはなぜか入っていないようです)。昨夜の報道では、「平成最悪の豪雨災害」と言われていました。今朝の報道では、この豪雨により127人の方が亡くなったと伝えられていますが、総務省によると、短期間に死者が100人を超えた豪雨災害というのは、1983年(昭和58年)7月に島根県を中心に112人の方が亡くなった災害以来のことなのだそうです。

豪雨の水害によって一気に町を覆い尽くした土砂が、昨日からの突然の太陽の光と“猛暑”の気温によって壊れた家の上や道路や川に積み上がったまま乾燥して固まっている様子などを報道の映像で見て、まだ災害は終わってはいませんが(報道によると、広島の府中町の榎川が氾濫し、周辺の人々に避難指示が出されているそうです)、復興には長い時間がかかりそうに思いました。この突然の豪雨で家族を亡くした方は、当然のことかもしれませんが、辛いだろうと思います。生きている方には、生きていてくれて良かったと思います。家族が無事で、自分で歩くことができる健康な方も、食べ物や飲み水、手を洗うための水や石鹸や着替えやお風呂やトイレなどがなくて、今は大変だと思うのですが、一方で、病気の方や体の不自由な方やお年寄りの方は、もっと大変なのかもしれないとも思います。

一昨日頃に報道で、救助隊の方と川を渡っていた高齢者の方が配られた被災用の食べ物が食べにくいと話しているのを聞いて、確かにそうかもしれないと思いました。病院や福祉施設などでは、きっと、食材が細かく刻まれているなど、飲み込みやすく作られた料理で食事をとっていたのだろうと思います。そのような方には、例えば(具体的に何が配られているのかは分かりませんが)おにぎりやサンドウィッチなどは、食べづらいのではないかと思いました。治療のために必要な機械も、停電や水道の故障などで使えなくなっているかもしれません。

一体どうすればいいのだろう、と私が考えなくても、より良い方法を、災害の専門家の方や地元の方、救援隊や医師の方たちが考えているのだろうとは思うのですが、やはり、どうすればいいのだろうと思ってしまいます。今は晴れていても、脆くなっている土壌の上に、また雨が降ってくるかもしれません。それに、梅雨が明けて、これからが本格的な、暑い夏の季節になります。沖縄県の宮古島には台風8号が来ているそうです。冬の災害も過酷だけれど、夏の災害はもっと過酷であるように思えます。

被災地となった西日本の府県には外国人の方もいるのではないかと思うのですが、この豪雨災害を伝えるテレビの報道番組では、外国人の方の避難については何も報じられていないように思います。外国の方が被災していないのならそれでいいのですが、もしもいるなら、ちゃんと無事に避難できているのでしょうか。支援物資が届いている被災地域と届いていない被災地域があるかもしれないということも、東日本大震災以降の教訓をもとに、改善されているといいなと思います。


あと、西日本に大規模な災害が起きたということで、昨日の報道によると、自民党総裁の安倍首相(今日のニュースの映像では、災害対策の会議の席に着いていた首相がずっと下を向いて誰かの書いた原稿を朗読していました)は、予定にしていた外遊(その中には、フランス革命記念日の7月14日にパリで行われる軍事パレードに自衛隊を参加させるという計画も含まれていたそうです。多数の同盟国の参加するフランスの軍事パレードへの日本の自衛隊の参加は、2008年に国連PKOの一員として参加し、2014年に単独で参加して以来のことになる予定だったのだそうです。それもまた安倍政権の、自衛隊を軍隊としていく“積極的平和主義”のアピールの一環だったのでしょうか)を中止にしたそうなのですが、国会は通常通り開くそうで、今日はカジノ法案についての審議をするそうです。

国会を開くのに1日あたり2億円か3億円かの運営経費がかかると聞いたことがあるのですが、本当でしょうか。もしも本当なら、その上さらに国会議員の数を増やすという与党の計画はどうかしていると思いますが(議員個人への投票数が反映されない名簿繰り上げ式の比例代表制もやめてほしいように思えます)、日本社会を良くするものになるとは思えない謎のカジノビジネス法案(当初懸念されていたのは治安の悪化とマネーロンダリングが行われることだったように思います)や水道事業民営化法案を審議するよりも、その1日数億円という国会運営費を、被災者の救援や被災地の整備のために使ってほしいと思います。

「初耳学」の教育論と、7人では最後の「関ジャム」、西日本の水害のこと

昨夜の「NHKスペシャル」の後に見た、TBSの「林先生が驚く初耳学!」のスペシャルの後半の「緊急企画」の、林修先生と教師志望の大学生が教育論を語る特集が面白かったです。

成功体験は人の目を曇らせる、「自分はこうだった“から”」ではなく「自分はこうだった“けど”」この生徒には合うかなという風に先生たちは考えなくてはいけないとか、なるほどな、そうだな、と思えることが多くて、良かったです。

あることをやってみて、それが嫌いだということが分かった、自分には合わないということが分かった、ということも、「得たもの」になるそうです。確かにそうだなと思いました。でも、嫌な体験は(それを何かの「糧」に変えることができる場合は良いですが、そうでない場合のほうが多そうなので)できる限りあまりしたくないなと思います。

“縦社会”を強いる学校のブラック部活動は上司からの理不尽な命令に部下が従うブラック企業にもつながるという(日本大学のアメリカンフットボール部のタックル事件を混ぜつつの)話も、よく分かりました。海外では、学校の部活動ではなく、地域のクラブ活動などに入る場合が多いそうです。最近は部活動の顧問を専門家に頼んでいる学校もあるそうです。学校は部活動を持たなければいけないというのはただの思い込みだというのも、そうだなと思いました。うちの学校には一切部活がありません、という小学校や中学校や高校が出てきてもいいのかもしれません(それとも、もう何校かは日本にもあるのでしょうか)。

子供とコミュニケーションを取れていない親がうちの子を勉強のできる子にしてほしいと小学校の先生に頼むのは無理があるというのも、そうだなと思ったのですが、貧困(あるいは相対的貧困)の連鎖というものも、勉強のできないまま育って親になった人とその親の元に生まれて勉強のできない子供として生きている人の悪循環のような状況に影響を与えているのかなと思いました。

私はこの番組を毎回見ているというわけではないのですが、林先生が教師志望の大学生と教育論を語るという今回の企画は、最後まで面白く、興味深く見ることができました。番組に寄せられた、予備校講師が公教育について語るな、という内容のメッセージについては、語るなと言うのは言論統制だと反論し、これからも自分の考えを発信していきたいと話していました。林先生の話をテレビの番組で聞く時、そうだなと私にもよく分かる時と、そうなのかなと私にはよく分からない時とがあるのですが、教育論をまた聞いてみたく思いました。


ところで、昨夜のテレビ朝日の「関ジャム」は、渋谷すばるさんのいる7人の関ジャニ∞が最後ということで、初の生放送となっていました。体調がまだ万全ではないかもしれない安田章大さんもいました。これから6人の関ジャニ∞に期待してください、と渋谷さんの言葉で演奏が始まった7人の関ジャニ∞としてテレビ最後の「LIFE~目の前の向こうへ~」が、感動的でした。先日の「ミュージックステーション」で披露していた「NOROSHI」も、ジャニーズ事務所を辞める渋谷さんやこれからの関ジャニ∞を応援する歌に聴こえて良かったのですが、近年のジャニーズ事務所のタレントの方々の不祥事(マスコミが大きく扱うものやほとんど扱わないものも含めて)を思う時、みんなに温かく見送られる渋谷さんの辞め方は、幸せな辞め方だなという風にも思いました。


NHKでは、各番組を放送中、青色のL字型の災害情報を出していました。報道によると、西日本一帯を襲った広域多発豪雨による被害は、甚大なものとなっているようです。岡山県や広島県や愛媛県などの豪雨の泥水に沈んでいる町の映像が、東日本大震災の時の津波の映像のようにも見えたのですが、災害の中継映像を見ているとあまり気付かない、L字型(上部と左側)の災害情報の部分に示される死者の数が、少しずつ増えていることにぞっとします(今は98人となっています)。死者の数というのも必要な災害情報なのだろうとは思うのですが、東日本大震災の時と同じく、死者の数を数える字幕を怖く思いました。減っていくように思われた安否不明者の数も、なぜか増えています。水害で陸の孤島となった被災地(報道されていない被災地が各府県内に他にもたくさんあるのかもしれません)にはまだ多くの方々が取り残されていて、食べ物や飲み水がなく、困っているということが報じられています。

大雨の大量の水と土砂に壊された町や線路や道路や農地が復興するのは、簡単なことではないのかもしれません。東日本大震災の時もそうでしたが、春や夏の災害の場合の、急に気温が高くなることによる虫の発生なども、一体どうすればいいのだろうと不安に思います。タイの洞窟のサッカー少年たちは4人が救助されたということですが、他の少年たちやコーチも早く助かるといいなと思います。外へ逃げることができずに食料や飲料水もなく取り残されているという西日本の大規模な水害の被災地の方たちも、早く無事に救助されてほしいです。

「美の壺」の図書館の特集と、TBSの特番の中田英寿さんのことなど

昨夜のNHKのBSプレミアムの「美の壺」は、図書館の特集でした。図書館には、今、家庭や学校とは異なる“第三の居場所”としての役割が求められているということが番組の中でも言われていたのですが、実際にそのような場所であるように思いますし、これからもそのような場所であってほしいと思います。私も、学校の中では教室よりも図書室のほうが好きでしたし、学校に居たくない時に図書館へ行ったこともあります。そこに自由に読むことができる本がたくさんあるというだけで、息苦しさや憂鬱さから少し解放されるような気がします。

紹介されていたいくつかの図書館を見ながら、地方都市には大きくてきれいな図書館がたくさん作られているのだなと驚いたのですが、その中の一つの図書館は、先日に最終回を迎えたTBSのドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」の近未来的な雰囲気だった「桃乃園学院」でした。坂茂さんという方が設計した、東京の武蔵野市にある成蹊大学の図書館なのだそうです。私は知らなかったのですが、もしかしたら有名な図書館なのかもしれませんし、私が気付かなかっただけで、「花のち晴れ」のエンドクレジットにも学校名などが書かれていたのかもしれません。

私の通っていた学校の図書館は、特別なおしゃれ感のない、ごく普通の図書館でした。全体的にやや薄暗くて、床は軋む音のする木の板で、窓からは校舎の中庭が見えたのですが、本棚のすぐ上の低めの天井には、倉庫のような無機質な蛍光灯の照明がついていました。図書館に来ている学生の数がいつも比較的少なかったので、誰もいないと思っていた場所での突然の物音に驚くということも度々ありましたが、本や新聞や雑誌を読んだり、持っていったラジオを聴いてみたり、置いてあるパソコンを使ってみたり、誰にも干渉されずにのんびりと自由に過ごすことのできる、好きな場所でした。


ところで、これは図書館とは全く関係のないことなのですが、昨夜、TBSでは「緊急生放送」としてFIFAワールドカップ2018ロシア大会の日本代表の特別番組が放送されていました。極楽とんぼの加藤浩次さんと俳優の竹内涼真さん司会の番組でした。その中で、前園真聖さんが“旅人”の中田英寿さんにインタビューをしていたのが、短かったのですが、面白かったです。今は日本酒を海外に紹介する会社の社長をしているという中田英寿さんは、サッカー選手になったばかりのことはお酒を好きではなく、全く飲まなかったそうなのですが、前園さんにお酒を飲まされるようになってから、次第に慣れて?お酒を好きになっていったのだそうです。おしゃれな内装の会社で担当者と話していた中田英寿さんは、梅酒味のキットカット?の開発に関わっているようだったのですが、前園さんと話している時の中田英寿さんの楽しそうな雰囲気が良かったです。

中田英寿さんはサッカーをするのが好きで、見るのは別に好きではないそうです。日本代表の試合は、それなりに、何となく気にはなっているようでした。今の西野監督の日本代表については、今回のワールドカップで結果を出せばいいという考えでは日本のサッカーのためにはならないと思うと話していて、外国人監督の契約を打ち切って日本人監督にするくらいなら最初から日本人監督にして3大会を任せるようにするなどしたほうがいいし、外国人監督にするにしても2大会は任せるようにするなど長期の計画で考えないと積み上げることができないというような趣旨のことを話していました。私には、中田英寿さんのその意見は正しいようにも思えたのですが、スタジオの方々は、代表監督のことについて特に何もコメントしていませんでした。

中田英寿さんがテレビで日本のサッカーについて話すのは珍しいので、前園さんにはもっと訊いてほしいようにも思えたのですが、中田英寿さんの的確な考えは日本サッカー協会の方針とは相容れないということなのかもしれないなとも思いました。


あと、昨日の報道によると、アメリカを除く11か国が参加した環太平洋パートナーシップ協定(TPP)関連法案や、過労死の遺族の方たちも反対していた残業という概念をなくす「高度プロフェッショナル制度」を含む8本の労働法改正案を1本にまとめた「働き方改革関連法案」が、参議院で賛成多数により可決・成立したということなのですが、法案を提出した与党の自民党と公明党の議員は一人も反対しなかったのでしょうか。著作権保護期間がアメリカに合わせて50年から70年に20年延長されるという改正案も謎に思えるのですが、経営者側の希望によって作られたという「高度プロフェッショナル制度」は、政府によるデータの捏造が指摘されていた「裁量労働制」の一種ということなので、制度の開始後すぐには広がらないとしても、今のような政府が続くのなら、年収や職業の規定が少しずつ変えられて、適用範囲が拡大されていく恐れというものはあると思います。

西日本では大雨の他に竜巻や突風の被害もあったそうなのですが、東日本では早くも梅雨明けしたそうで、6月に梅雨明けをするのは1951年の観測以来初めてのことなのだそうです。1日の内には様々な種類のニュースがあるので、情報弱者の私は、報道番組等で一般に伝えられていることを意識して見たり聴いたりしなかったなら、“世の中”の出来事などすぐに分からなくなってしまうのだろうなと思います。

サザンオールスターズのデビュー40周年の日と、昨夜のサッカー日本代表の試合

昨夜のTBSの「日曜劇場」のドラマ「ブラックペアン」の最終回の後、私は、日本テレビやNHKのBS1で生中継されていたFIFAワールドカップ2018・ロシア大会のグループHの日本代表とセネガル代表との試合を、少し眠くなりながら見ていました。

引き分けという点では驚くような結果ではなかったと思うのですが、1点取られては1点取り返し、2点目を取られては2点目を取り返すという、2-2の引き分けの結果は意外でした。セネガル代表との試合に引き分けるとは、すごいなと思いました。負けていないのは実力があるからだろうと思いますし、幸運、と言ってはいけないのかもしれませんが、急遽前監督から代表監督を引き継ぐことになって結果を残している岡田監督や西野監督は、やはり運の強い方々であるようにも思えます。皇族として戦後初めて102年ぶりにロシアを訪れたという高円宮妃久子さまも、会場でこの試合を観戦なさっていたようでした。

ところで、「桑田佳祐のやさしい夜遊び」でも特集されていましたが、今日はサザンオールスターズのデビュー40周年の日ということで、今朝からラジオの東京FMではサザンオールスターズの1DAYリクエストスペシャルが放送されています。

全部の放送を聴くことはできないのですが、時々聴くと、ラジオからサザンの音楽が流れてきて、嬉しい気持ちになります。映画「空飛ぶタイヤ」(原作は池井戸潤さんの小説)の主題歌という新曲の「闘う戦士たちへ愛をこめて」も流れていました(久しぶりのサザンの社会派の曲という印象です)。

デビュー曲の「勝手にシンドバッド」が40年前の曲というのが、本当に不思議に思えます。サザンオールスターズや桑田佳祐さんや原由子さんの曲は、良い曲が多いということもそうなのですが、いつの時代でも世代を超えて人気があって、常に様々な場所で流れていて、古く聴こえないというか、古くならないように聴こえるところが本当にすごいです。

今日は晴れていて、梅雨の季節が終わったかのような真夏日なので、ラジオでサザンの曲を聴きながら、サザンの40周年によく合っている日のように思いました。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム