FC2ブログ

「音楽の日2019」の「魂の15分09秒」のこと

土曜日に放送されていたTBSの「音楽の日2019」の、録画をしておいた「第一部」を見ました。安住紳一郎さんと中居正広さん司会の、恒例の長時間音楽番組です。東日本大震災の年に始まっているので、今年で9回目です。

ジャニーズ事務所の社長のジャニー喜多川さんが7月9日に亡くなったということもあり、私は「音楽の日2019」の中で、ジャニーさんの遺志を受け継ぐために昨年末に芸能界を引退してジャニーさんの後継者となった滝沢秀明さんの、「ジャニーズJr.」の方たちの活躍を演出する「魂の15分09秒」を見るのも楽しみにしていました。

中居正広さんが滝沢さんの手紙を朗読で紹介していたのですが、滝沢さん本人はやはり最後まで登場しませんでした。そして、夜の6時25分頃から、「Snow Man」と「HiHiJets」とジャニーズJr.の方たちによる舞台「魂の15分09秒」は始まったのですが、その歌とダンスをスタジオで見守るジャニーズの先輩アイドルの方たちの表情が厳しくて、その表情が画面の右下の四角い枠(「ワイプ」と呼ばれる別のカメラが映した映像を見せる小さな画面)に映されていたのが良くなかったのかもしれないと思うのですが、番組を見ていた私には、少し怖く思えてしまいました。

先輩アイドルの方たちが少し笑顔を見せたのは、HiHiJetsの方たちが「オールスター感謝祭」の時の赤坂ミニマラソンでも使われている坂を、光GENJIの「STAR LIGHT」を歌いながらローラースケートで登っていく場面を見ている時くらいでした。

もしかしたら、この音楽番組の「汗」というテーマに基づいたタッキーの演出を、先輩アイドルの方たちがジャニーさん追悼企画として見ていたためかもしれないですし、後輩たちの歌や踊りを心配しながら見ていたためかもしれないのですが、「ワイプ」で映されているからには、一視聴者としては、せめて硬い表情ではなく、もう少し楽しんでいるような表情で見ていてほしかったように思えました。あるいは、そもそも「ワイプ」など必要なかったと思います。

太鼓の演目を映すカメラが、立って見ている先輩たちの姿を太鼓の演目と一緒に映していたところも気になりました。滝沢さん演出のジャニーズJr.の方たちによる「15分09秒」は、ただそれだけを純粋に「ノーカット」で生放送したほうが良かったのではないかと思います。

Jr.の方たちが頑張っているというところはよく伝わってきたのですが(本当に「魂の15分09秒」だったように思います)、太鼓の演目の直後のCMの入り方も唐突でしたし、そのままJr.の方たちに話を聞くこともなく「15分09秒」が終わってしまったというところも、どうしてなのだろうと気になりました。「音楽の日2019」に入れるのなら、TBSは堂々と、もっと丁寧に放送したほうが良かったのではないかと思います。私には、それが少し惜しかったように思えました。嵐の活動休止の予定の変わっていないようですし、もしもSMAPがいたならと、少し思ってしまうのですが、それは無理なことかもしれません。芸能界の中でのジャニーズ事務所の位置は、少しずつ変わっていくのかもしれないなと、何となく思いました。

ところで、この「音楽の日2019」の放送途中のCMに、なぜか与党・自民党(自由民主党)のCMが流れていたので、少し驚きました。他の政党のCMは流れていなかったように思います。今度の日曜日は参議院議員選挙の投開票日ですが、あるテレビ番組の放送中にどの政党のCMを流すかということを決めるのは、テレビ局側なのでしょうか、それとも、政党側なのでしょうか。少し気になりました。与党の自民党のCMを流すのなら、もう一つの与党の公明党や、野党の立憲民主党や国民民主党や社会民主党や日本共産党や日本維新の会などの主な(NHKの「日曜討論」に出演するような)政党のCMも流したほうがいいと思いますし、そうでないなら流さないほうがいいのではないかと思いました。

「関ジャム」の竹内まりやさんの特集のことなど

昨夜のテレビ朝日の「関ジャム 完全燃SHOW」は、デビュー40周年を迎えた竹内まりやさんの音楽の特集でした。私も竹内まりやさんの歌を好きなので、昨夜の「関ジャム」を見るのを楽しみにしていたのですが、今年の3月のNHKの「竹内まりや Music&Life ~40年をめぐる旅~」に続き、今回の「関ジャム」の竹内まりやさんの特集も、面白かったです。

20代から50代の各世代の視聴者へのアンケートを基にした「これぞ竹内まりやの曲ベスト20」のランキングは、なるほどなと納得のできるものでした。

番組で紹介されていた竹内まりやさんへのインタビューは、取材中の写真と文章のみで、映像と音声はなかったのですが、山下達郎さんのアレンジの話など知ることができて楽しかったです。

「ベスト20」の1位は、中森明菜さんへの提供楽曲だった「駅」でしたが、私が竹内まりやさんの歌で最初に聞いて、竹内まりやさんの歌で最初に好きになった曲も、「駅」でした。槇原敬之さんのラジオで聴いたのだと思います。山下達郎さんが完璧なアレンジだと言っているという「純愛ラプソディー」(番組のランキングでは7位でした)も、とても好きです。

私には、竹内まりやさんの歌声は、カーペンターズのカレン・カーペンターさんの歌声に似ているようにも聴こえます。

“デニムのように時代を超える普遍性”や“時代の最先端を行く必要のないオーソドックスさ”というものは、芸術作品において、とても大切な要素のように思います。

私は、荒井由実時代も含め、松任谷由実さんの歌も好きなのですが、先日のテレビ東京の経済系報道番組「ワールドビジネスサテライト(WBS)」に出演していたユーミンは、時代を先取りしているとか、時代の先端を行くという風に紹介されていて、ユーミン自身もそのことについて話していたので、昨夜の「関ジャム」の竹内まりやさんの話を聞いて、当然のことではあるのですが、全然違うのだなと思いました。

番組の終わりのほうの「ジャムセッション」では、ピアノのさかいゆうさんとギターの錦戸さんと安田さんとベースの丸山さんが、「駅」を披露していました。私はその歌を聴きながら、何となくなのですが、男性ボーカルなら、例えば元椿屋四重奏の中田裕二さんだったらどうだろうとも思いました。

テレビ出演については、竹内まりやさんよりも、中島みゆきさんのほうが、もっと少ないように思えます。NHKの「SONGS」の初回は竹内まりやさんの特集で、竹内まりやさんも出演していましたが、中島みゆきさんの特集の時に中島みゆきさん自身が出演していたことはありません(NHKのBSの「オール中島みゆきナイト」の時には一瞬登場していました)。中島みゆきさんの「糸」のカバー曲が頻繁に流れているためか、最近特にそう思います。

これは昨夜の「関ジャム」の竹内まりやさんの特集とは関係のないことなのですが、何となく録音をしてそのままになっていた最近のいくつかのラジオ番組を少しずつ聴いていた中に、約2週間前の4月30日の、前の天皇陛下(今の上皇さま)の退位の日のものも含まれていました。

夕方の東京FMの番組(「スカイロケットカンパニー」のようでした) では、皇居の宮殿の松の間での「退位礼正殿の儀」を中継していました。安倍晋三首相の国民代表としての挨拶の後、天皇陛下(上皇さま)の天皇としての最後の「おことば」がありました(その天皇陛下への挨拶の中で安倍首相は、「天皇皇后両陛下には、末永くお健やかであらせられますことを願ってやみません」を、「末永く、おすこやまで、あられ、ますことを、願って…、あらせられますことを願っていません」と述べていました。なぜ「願っていません」と言ったのか、その理由は全く分かりませんが、「願ってやみません」と「願っていません」では意味が正反対になってしまいます)。ラジオで聴くと、テレビで聴くよりも、はっきりと聴こえます。

その夕方の「退位礼正殿の儀」の中継の直後、原由子さんの「花咲く旅路」が流れて来て、とても嬉しい気持ちになりました。私はこの番組をあまり聞いたことがなかったのですが、司会(本部長?)のマンボウやしろさんの、世界の人々の平和を祈り続けて来られた天皇陛下への感謝の言葉も良かったですし、その直後の、「花咲く旅路」の次に流れてきたのが、山下達郎さんの「希望という名の光」だったので、すてきな選曲だなと思いました。

昨夜の「SONG」の中島みゆきさんの特集

昨夜のNHKの歌番組「SONGS」は、中島みゆきさんの特集でした。

「SONGS」での中島みゆきさんの歌の特集は6回目くらいだと思いますが、今回には、「平成世代が愛する女神」というサブタイトルが付いていて、中島みゆきさんの歌を好きだという、いきものがかりの吉岡聖恵さん、ももいろクローバーZの百田夏菜子さん、女優の土屋太鳳さんが、みゆきさんの歌について話していました。

私も中島みゆきさんの歌を好きなので、今回の特集を見るのを楽しみにしていました。「歌姫 中島みゆきライブツアー2007」の映像で紹介されていたのは、「ホームにて」と「蕎麦屋」と「EAST ASIA」の3曲でした。すてきな選曲です。

「ホームにて」と「蕎麦屋」も良い歌なのですが、私としては特に、「EAST ASIA」が流れたことをとても嬉しく思いました。

「個人」と「イーストアジア(東アジア)」と「地球」と、離れていく視点が壮大で、宇宙から人間たちの営みを俯瞰している感じが清々しいです。どんな大地でも生きていくことができる、大きな力に押さえつけられても心は自由だという、弱さから出る力強さのようなものが圧巻です。個人と世界の平和を祈る歌でもあると思います。でも、単純に、良い歌だなと思います。大丈夫なのだろうかと不安になる気持ちが、少し安心する気持ちに変わります。中島みゆきさんの歌を知った中学生くらいの頃から、ずっと聴いてきた歌の一つでもありますが、昨夜の「SONGS」の番組で改めて聴いて、新鮮でもあり、普遍的なのですが、今の時代にも相応しい歌であるような気がしました。

中島みゆきさんの歌というと、最近は「糸」が人気のようで、多くの歌手の方たちが「糸」をカバーしているようです。吉岡聖恵さんも、活動休止中?に中島みゆきさんの「糸」をカバーしたということなのですが、「糸」は確かに良い歌だとしても、どうして歌手の方たちが中島みゆきさんのたくさんの良い歌の中から「糸」ばかりをカバーするのかが、私には少し不思議に思えています。

「SONGS」は、レギュラー放送としては、2007年4月の竹内まりやさんの特集から始まりました。竹内まりやさんの歌を好きな私にはそれも嬉しく思え、比較的硬派な印象の歌番組としても好きでした。でも、少しずつその硬派なスタイルも変わっていき、昨年の春からは、俳優の大泉洋さんが「番組の顔」というものになり、(決して大泉洋さんが悪いというわけではないのですが)トークやコント?の要素も加わって、その回で特集する歌手の方のナレーションでその方の歌だけを放送するという昔の「SONGS」の良さはすっかり消えてしまったような気がします。

でも、民放のテレビ局の歌番組が減っている中で、貴重な歌番組だと思います。昨夜の中島みゆきさんの特集も、「平成世代」の方たちのコメントのコーナーがなかったなら、あと3曲くらいみゆきさんの歌を紹介できたのではないかという気もしたのですが、でも、ともかく、昨夜の「SONGS」の中島みゆきさんの特集を私も見ることができて良かったです。

「時事ネタ王2018 ~ニュースVS芸人~」

昨夜の11時、NHKでは「時事ネタ王2018 ~ニュースVS芸人~」というバラエティ番組が放送されていました。

タイトルに「2018」とあるのですが、昨年にも放送されていた番組なのでしょうか。何となく面白そうに思って見て見たのですが、今年の社会問題や政治問題を「時事ネタ」として芸人さんの漫才やコントで振り返るというような番組でした。司会は千鳥のお二人と広瀬アリスさん、審査員(解説?)は脳科学者の茂木健一郎さんとNHKの記者で元ニュースキャスターの大越健介さんでした。

かまいたちのお二人はスポーツ界のパワハラや暴力などの不祥事を、カミナリのお二人は大学医学部の女子受験者への入試差別事件を、ハナコのお三人は米中貿易摩擦を、横澤夏子さんは仮想通貨流出事件を、アルコ&ピースのお二人は米朝首脳会談を、三拍子のお二人は森友学園への国有地格安払い下げの財務省決裁文書改ざん事件を、それぞれ「時事ネタ」にして披露していました。

「時事ネタ」と聞くと、私は、爆笑問題や、最近はウーマンラッシュアワーのことを思い出すのですが、日本のお笑い番組では「時事ネタ」はあまり披露されないという印象もあるので、「時事ネタ」のみを扱うという企画自体は面白いと思いました。

ただ、審査員を兼ねた観客が30人の“普段ニュースを見ない20歳代の女性”というのは、どうなのかなと思いました。“普段ニュースを見ない20歳代”を女性限定にする意味が分からないように思えました。若い男性の中にも普段ニュースを見ない人はいるのだろうと思うので、観客兼審査員には女性と男性とを半々くらいに入れたほうが良かったのではないかなと思います。

“ニュースを見ない若い女性たち”に対して“ニュースに詳しい中年男性”が解説を行うという構図では、以前に東京MXテレビで放送されていた「ニュース女子」(初回を見たことがあるのですが、その構図が私には苦手に思えてしまい、見続けることができませんでした)と同じになってしまいます。

解説兼審査員の中にも、茂木さんと大越さんの他に、芸人さんがいたほうが良かったような気がします。

「時事ネタ」で一年を総括してみるという企画は良かったと思いますし、芸人さんたちの「時事ネタ」も面白かったです。優勝したのは、米中貿易摩擦ネタのコントを披露したハナコさんでした。私としては、特に、最初の、かまいたちさんのスポーツ界の不祥事の漫才が面白かったです。

「ベストアーティスト2018」のことなど

昨夜、日本テレビで生放送されていた、嵐の櫻井翔さんが総合司会を務める音楽番組「日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2018」を見ました。(テレビ朝日のドラマ「相棒season17」の第7話の放送されていた夜9時台の分は、録画をしておいたものを見ました。)

恒例となっている「日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト」は、年に一度の音楽特番だったようなのですが、私はそのことをなぜかすっかり忘れていました。今回は、「“平成時代最後”のベストアーティスト」ということで、「いつもそこに歌があった」というテーマのもと、平成時代を総括するような面もあったようです。

先月にはKing & Princeの岩橋玄樹さんがパニック障害で活動休止をすることが報じられていましたが、昨日の報道では、Sexy Zoneの松島聡さんが突発性パニック障害と診断され、治療に専念するため一時活動を休止するということが伝えられていました。「ベストアーティスト」では、King & Princeは「Memorial」と「シンデレラガール」を、Sexy Zoneは放送中の土曜ドラマ「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」の主題歌となっている「カラクリだらけのテンダネス」を披露していました。岩橋さんと松島さんがそれぞれのグループにいないことで、それぞれのグループにメンバーが一人足りないということで、ジャニーズのアイドルらしい軽やかで華やかな雰囲気も少し足りなくなっているということを、何となく、一視聴者として実感しました。でも、ドラマ「ドロ刑」で泥棒の煙鴉を演じている俳優の遠藤憲一さんとSexy Zoneとのコラボは、楽しかったです。「こんなおじさんがすいません」という遠藤憲一さんの最初の挨拶もとても面白かったのですが、遠藤憲一さんのダンスが上手くて驚きました。

嵐が披露していた曲は、今年100回目を迎えた全国高等学校野球選手権大会の応援歌でテレビ朝日の「熱闘甲子園」のテーマ曲にもなっていた「夏疾風」と、2019年に日本で開催予定のラグビーワールドカップの日本テレビのテーマ曲になっているという新曲の「BRAVE」と、「ワイルドアットハート」の3曲でした。新曲の「BRAVE」は、私は初めて聴きました。

嵐の櫻井さんは、今年のNHK「紅白歌合戦」の司会も務めるそうです。嵐の全員での司会も含めると、嵐のメンバーは約9年間(2015年はV6の井ノ原快彦さんでした)「紅白」の白組の司会を務めています。「紅白」の紅組の司会を務める女性は、近年は「朝の連続テレビ小説」か「大河ドラマ」の主演の女優さんが続いています。今年の紅組の司会に決まった広瀬すずさんは、来年の2019年の1月からの「連続テレビ小説」の「なつぞら」(作・脚本は大森寿美男さん)で主演を務めるそうなのですが、「紅白」の司会に選ばれたのは、もしかしたら2020年に開催予定の「東京オリンピック・パラリンピック」の「ボランティア募集」の広告塔だからということでもあるからなのかなとも、何となく思いました。

2019年の大河ドラマも「いだてん~東京オリムピック噺~」という東京オリンピック関連の物語だそうですし、嵐も2年後の東京オリンピックに深く関わっているのかもしれませんし、NHKは全力で東京オリンピックを応援していくのだろうなということを改めて思います。

一方で、昨夜のNHKのニュースによると、2020年に開催が予定されている東京オリンピック・パラリンピックに使う競技会場の改修工事の影響で大会が中止されたり、練習場が確保できずに休部に追い込まれたりしているアマチュアスポーツがあることが分かったのだそうです。NHKが都内の主な26のスポーツ団体を取材したところ、水泳、テニス、野球などの15のアマチュアスポーツの団体で大会の開催時期の延期や中止を余儀なくされているのだそうです。

今週には東京オリンピックの水球会場となる東京都江東区の東京辰巳国際水泳場で改修工事が始まったそうなのですが、来年2月の水泳のジュニア全国大会の都予選がそこで開けなくなって規模が縮小されたり、かつて松坂大輔投手も在籍したという江戸川区のリトルリーグの強豪チームが練習場所だった葛西臨海公園を使えなくなり(カヌーの会場になるそうです)、代わりとして提供されたグラウンドでは十分な練習ができないため、チームを辞める選手も相次ぐようになってしまい、今年3月に休部になったのだそうです。2020年の全国高等学校総合体育大会(インターハイ)も、会場が分散させられたり、そのための経費がかさんだりして、影響を受けるのだそうです(約7億円?を開催地の自治体に代わって全国高校体育連盟が出すのだそうですが、まだ寄付金が集まっていないというようなことでした)。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックのための競技施設の建設工事によってスポーツ施設が不足している現状について、筑波大学の准教授の方は、工事のためにそれまでの利用者がその施設を使えなくなることは予想されていた、日本の体育施設の3分の2は小学校や中学校や高校の体育施設なので、問題解決のためには都が運営している学校施設をいかに開放するか大事だと思うというようなことを話していました。

子供たちにスポーツを好きになってもらう、スポーツの裾野を広げるという意味合いも、オリンピックにはあるのだと思いますが、オリンピックの競技場建設や環境整備のために多くの子供たちのスポーツの練習や大会にしわ寄せが来ているのだとするなら、本末転倒だなと思います。
プロフィール

Author:カンナ
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム