「ST 赤と白の捜査ファイル」第3話

日本テレビの水曜ドラマ「ST 赤と白の捜査ファイル」の第3話を見ました。

黒崎勇治(窪田正孝さん)が友人で俳優の卵の内藤茂太(石垣佑磨さん)と新宿のボクシングジムで練習をしていたある夜、近くのビルで火災が発生し、その飲食店のロッカー室にいた斉藤マリという女性が一酸化炭素中毒で死亡しているのが発見されたのですが、捜査一課の刑事の菊川吾郎(田中哲司さん)や筒井桃子(柴本幸さん)たちが調べても、出火原因を特定することができませんでした。

似たような火災が周辺地域の飲食店ですでに3件発生していたため、管理官の池田草介(林遣都さん)は、「ST(警視庁科学特捜班)」に捜査を要請したことを理事官の松戸紫織(瀬戸朝香さん)に報告し、キャップの百合根友久(岡田将生さん)と赤城左門(藤原竜也さん)と、赤城さんが呼んだ嗅覚の鋭い黒崎さんが火元を調べたのですが、黒崎さんにも特定することができませんでした。でも、百合根さんは、黒崎さんがいつも山吹才蔵(三宅弘城さん)にしているように自分に耳打ちをして伝えてくれたことに喜んでいました。

4件の火災は、暴力団組織の「極央組」のお店と、対抗する「夏目会」のお店で交互に発生していて、4件目は極央組のお店でした。事件発生の夜、現場の路上で足を引きずる男性を見かけた赤城さんは、その人物が極央組の荒木組長だと推理していました。

被害者のマリさんの遺体の状態を確認した赤城さんは、整形手術の痕などから、被害者は高級クラブのホステスだと推理していたため、それを証明するために、百合根さんと一緒にある高級クラブを訪れ、マリさんがそこのホステスだったことを突き止めていたのですが、他のホステスの女性たちに話しかけられて対人恐怖症が悪化していて、ガッキー君の小さな人形を握りしめながら耐えていました。

その時、そこへ黒崎さんもやって来て、無口な黒崎さんがクラブのママの肩に腕を回して見つめているのを百合根さんが見て驚いていたのですが、荒木組長の写真をママに見せていた黒崎さんの目的は、そこが夏目会のお店であるということをママから聞き出すことでした。

黒崎さんは、4件目の火災が起きていた時、黒崎さんの言いたいことをよく理解してくれる友人の内藤さんから、「エレガンス企画」という新人俳優を募集する会社の詐欺に遭ったという相談を受けていました。内藤さんの口座から家賃の引き落としができないと大家さんから言われていたのは、その会社が「情報料」として勝手に数十万円を引き出していたからだったようでした。

以前にもネズミ講の詐欺被害に遭ったことがあるらしい内藤さんは、被害届を受理するだけで何もしてくれなかった警察に不信感を持っていたようで、母親にもらって使わずに取っておいたお金だったという「エレガンス企画」に奪われたお金を、今度は自分で取り返しにいくと言い出し、黒崎さんは、やめておけ、と言って止めようとしていたのですが、ある日、夏目会の弁護士を名乗って極央組の「エレガンス企画」に嘘の電話をかけ、慰謝料か口止め料かのお金を受け取りにいくことになったのでした。

百合根さんに訊かれて、友達が詐欺に遭って、とはっきりと言った黒崎さんは、それからメールで?心が落ち着く場所で話がしたいと伝え、3人で元参事官の三枝俊郎(渡部篤郎さん)のバー「Cafe'3」に行って、百合根さんとメールでの会話を続けながら、内藤さんとは拳で会話をすることができるという意味の絵文字を赤城さんと桃子さんと三枝さんにも送っていました。

「エリートヤクザ」と呼ばれている夏目会の向井会長(松田賢二さん)は、物理学者気取りの人で、刑事の赤城さんたちが出火原因を突き止められないことを話すのを嬉しそうに聞いていました。青山翔(志田未来さん)は、自己愛の強い攻撃型の向井会長が今回の事件の犯人だと推理していました。

その頃、刑事であることを言い出すことができない黒崎さんに同行を頼んでいた内藤さんは、黒崎さんが迷っている姿を見て、一人で行くと決意し、「エレガンス企画」に向かい、組員から300万円を渡されていたのですが、受け取ろうとした手を捕まれて、最初から見抜かれていた偽の弁護士であることを追求されて、組員たちに囲まれていました。

黒崎さんは、助けてほしいと百合根さんに頼み、警察が極央組の「エレガンス企画」を「ガサ入れ」に来たことで、内藤さんは300万円をもらってその部屋を出ようとしたのですが、警察と一緒に黒崎さんが来ていることに驚き、公務員というのは警察のことだったと気づいて、あんた最低だな、と自分に嘘を付いていた黒崎さんを罵って突き飛ばすようにしてビルの階段を下りていました。

黒崎さんが内藤さんを追いかけている間、赤城さんと百合根さんと紫織理事官と池田管理官は、STの物理担当の結城翠(芦名星さん)の火の気のないところでの出火をさせる実験を見ていました。荒木組長が殺された5件目の火事の現場検証で見つけたアルミの板の一部を見て気付いた「アンダーソン局在」という現象を証明する実験でした。

犯行現場の共通点は金属と燃えやすい布だとしていた翠さんの説明と実験によると、その出火は、目的の部屋の床に敷いた布を囲むように金属の板を立てて並べて、無線機に付けた機械から強い電磁波を出してその部屋に当てると、金属板に電磁波が当たって、電子レンジのように、中央の布の温度が上がって発火をすることで起きたものだったようでした。

翠さんが実験で証明するのを見ていた紫織さんは、翠さんを「AAA」と評価し、STを辞めることを勧めていました。

300万円を持って逃げていた内藤さんは、それを隠そうとしていた?場所で名前を使った夏目会の向井会長たちに捕まり、どこかへ連れて行かれそうになっていたのですが、そこへ黒崎さんが現れていました。

何しに来た、と最初は少し怒っている感じだった内藤さんと黒崎さんが背中合わせに立ち、無言で意志を通じ合わせて、自分たちを囲んでいる夏目会の人たちに向かっていく場面も、とても良かったです。

黒崎さんと内藤さんは夏目の人たちを倒し、警察は向井会長他夏目の人たちと共に、内藤さんもパトカーに乗せていました。

向井会長の目的は最初から荒木組長だったのだと判断していた赤城さんは、菊川刑事に頼んで向井会長の部屋からノートパソコンを押収してもらい、翠さんはその中のあるものを解析していたのですが、それは数式でした。

証拠を見せるよう要求していた物理学者気取りの向井会長は、その数式の一部を見て、「アンダーソン局在」だと分かったようで、それを認めた向井会長は、一連の犯行も認めていました。

菊川さんは内藤さんに今回のことを注意して放免していて、内藤さんを追いかけた黒崎さんは、助けに来てくれてありがとうとお礼を言い、それなのに酷いことを言ったと謝る内藤さんに、謝るのは俺のほうだ、お前を騙したりして、と頭を下げていて、もう3度騙されている内藤さんは、俺は素直ってことだと言って笑っていました。

最後、バーの三枝さんは、黒崎さんは相手に特別な感情を持った時に話すのだろうと、赤城さんと百合根さんに話していました。

脚本はみなづきともこさんと渡辺雄介さん、演出は佐藤東弥さんでした。

第3話は、黒崎さんの回だったのですが、赤城さんと百合根さんと黒崎さん以外のSTのメンバーもバランス良く生かされて描かれていたように思います。

「アンダーソン局在」についての詳しいことは私にはよく分からないのですが、でもそれによる事件の部分も良かったと思いますし、今回は窪田正孝さんの黒崎さんと石垣佑磨さんの内藤さんの友情の物語として描かれていたところが、特に良かったのだと思います。

赤城さんと百合根さんの感じも、いつも通りに面白かったのですが、今回はとにかく、友達を助けに行く黒崎さんが、とてもかっこよかったです。赤城さんの引きこもりが治って、青山さんの不安感も少し治って来たようなので、これからは黒崎さんももう少しみんなと直接話をすることができるようになっていくのかなと思いました。

「おわこんTV」第5回

NHKのBSプレミアムのプレミアムよるドラマ「おわこんTV」の第5回「独立すると年収10倍って本当ですか?」を見ました。

第5回は、「チョコレートTV」から独立することになり、大日本テレビの重成義人(入江雅人さん)から過去の自身の企画をゴールデンの新番組にしたいと持ちかけられ、その演出を頼まれて有頂天になっていたバラエティー番組の総合演出を手掛けるディレクターの高橋隼(戸次重幸さん)が、よく一緒に仕事をしている大物タレントの米田ツヨシ(阿南健治さん)よりも若手の人気アイドルを重視したことで米田さんの怒りを買い、その結果、社長の荒巻源次郎(千葉真一さん)の見たという渦潮に飲み込まれていく悪夢が正夢になったように失脚していき、テレビ出演の激減した元人気お笑いタレントで高校時代の先輩でもある黒下アカオ(神保悟志さん)を蔑ろにするような夫の仕事ぶりに幻滅していた妻にも見放されてしまうのですが、先輩として後輩を見捨ててはおけないアカオさんの優しさに救われ、バカにしていたアカオさんのコントの舞台の演出をするところから、再び二人で一緒に輝いていこうと決意する、という話でした。

脚本は下山健人さん、演出は松本創さんでした。

第5回も面白かったです。前回に引き続き、少しシリアスな、真面目な雰囲気の作風で、良かったです。

私には本当の芸能界のことは分からないのですが、それでも、タレントさんと総合演出のディレクターさんとはこのようにつながっているのかもしれなと思えました。テレビ業界の裏側を描くドラマという感じが、よく伝わってきました。

人気急上昇中のアイドルが突然ゴールデン番組の司会に決まったり、そのアイドルの所属事務所と大物タレントの事務所の仲が悪いという理由で出演者の変更が出たり、そのアイドルグループの一人が事件を起こして解散することになったり、実際にもありそうなことのように思えました。

荒巻社長は、人気アイドルの番組の演出は引き受けるけれど落ち目の芸人さんの舞台は断ろうとするというような高橋さんの仕事に仕方をそれとなく注意していたのですが、それでも、高橋さんの行動を見守っている様子でした。

そして、高橋さんは、米田さんの怒りを買ったことでいくつかの番組を降ろされてしまったのですが、独立の件はそのまま貫くことにしたようでした。

荒巻社長の苦い?チョコレートもおいしく食べることができた高橋さんは、高校時代の先輩のアカオさんに救われてその舞台を手掛けたことで、アカオさんは「再ブレイク」をしたようでした。

ところで、これはこのドラマの内容そのものとは関係のないことなのですが、アイドルグループの解散のニュースを見て心配して高橋さんの家を訪れたアカオさんが薄暗いリビングで自暴自棄の感じになっている高橋さんを励ます場面を見ていて、私は、テレビ朝日のドラマ「相棒」の「ピル・イーター」の大河内監察官のことを少し思い出してしまいました。

「東京スカーレット~警視庁NS係」第3話

TBSの火曜ドラマ「東京スカーレット~警視庁NS係」の第3話を見ました。

第3話は、繁華街の路上で防犯キャンペーンのチラシ配りをしていた警視庁捜査一課NS係の刑事たちが、そのすぐ近くの居酒屋の厨房で腹部に包丁が刺さったまま倒れて死亡しているアルバイト店員の三浦万里江(玄里さん)を見つけ、給料明細を配られた日の夜の殺人事件の捜査をする話でした。

脚本は入江信吾さん、演出は森本浩史さんでした。

料理の料金が「激安」というその居酒屋では、数ヶ月前に前店長の女性が自殺をしていました。レジからはお釣り用の3万円が奪われていたのですが、店内の防犯カメラはダミーということで、映像は残されていませんでした。

アルバイトの万里江さんは、電車の始発まで店内に残ることにした夜に殺されたことが分かったのですが、その夜は、アルバイト店員たちに給料明細が配られていました。給料明細は点線の入っている縁の部分を切り取って開くタイプのもので、他の店員たちは明細を受け取るとその場で封を開けて、千切った部分を店内のごみ箱に捨てて帰っていたのですが、アルバイトリーダーの原田志保(小林涼子さん)は、福室店長(津村知与支さん)が店員の専用の引き出しに入れていた明細を持ち帰るのを忘れ、一度他の店員たちと一緒に帰った後、一人で戻って来ていました。

志保さんは、刑事の鳴滝杏(水川あさみさん)に給料明細のことを訊かれて、忘れて取りに戻ったことを打ち明けていたのですが、明細の紙の端の指紋を調べていた鳴滝さんは、万里江さんの明細だけが見つからないことを気にしていました。そして店員たちの明細の時給を比較して、犯行動機に気付いていました。

自殺した前店長の今掘さんと同じように仕事に忙殺されていた福室店長は、万里江さんと志保さんの給料明細を間違って引き出しに入れてしまったようだったのですが、それと知らずに忘れた明細を開封した志保さんは、時給が10円上がっていると喜び、自分の仕事が評価されたのだと感激していたのですが、それを聞いて自分の引き出しを開けた万里江さんは、そこに志保さんの明細を見つけて教えていました。

そうして改めて開封した志保さんの明細には1090円と書かれていて、時給は変わっていませんでした。志保さんは、どうして仕事を頑張っている自分よりも万里江さんの時給が上がるのかと怒り、自分たちはお店の駒でしかないという現実を見るべきだと冷静に志保さんに話す万里江さんを、厨房の包丁で刺してしまったのでした。志保さんは、包丁の指紋を拭き取り、二人分の明細を持ってそのまま逃げ出していました。

志保さんの明細と切れ端の指紋を提示した鳴滝さんは、万里江さんの時給が上がったのは、自殺をした今掘前店長からの留守番電話のメッセージを「過労死」の証拠として保存し、お店の労働条件の改善を要求していた万里江さんの気持ちを抑えようと考えた本社の白川マネージャーが勝手にしたことだったのだと、志保さんに教えていました。現実逃避的に居酒屋のアルバイトの仕事を頑張っていた志保さんは、その事実を聞いて自身の犯行を後悔していました。

今回は、(私にとっては最後の15分ほどを見れば十分だったように思えていた)第1話や第2話と比べると、もう少し普通の刑事ドラマの雰囲気になっていたように思います。でも、何というか、まだいまいち捜査一課NS係の刑事さんたちの個性が描かれていないような気もします。刑事さんたちの日常?の場面と捜査の場面との差やメリハリが少なく思えてしまうためかもしれません。

事件の捜査の部分のこととは少し違うのですが、今回は、「ブラック企業」のお店に勤めているアルバイト店員たちの複雑な気持ちが描かれていたのが、何となくリアルな印象で、少し寂しい感じでもあったのですが、良かったように思います。

鳴滝さんが時給の差に気づくきっかけとなっていたのは、福岡に帰る友人からの電話で、学生時代に一緒に始めたパン屋さんでのアルバイトが鳴滝さんだけ3ヶ月でクビになったのは実はちやほやされる鳴滝さんに嫉妬した自分が店長に鳴滝さんの嘘の悪い噂を流したからだと告げられたことでした。

そして、これはドラマの中の志保さんたちのこととは関係のないことなのですが、これからも杏と友達でいたいから、と事実を打ち明けて、許してくれる?と軽く謝り、鳴滝さんが戸惑いながら同意するのを聞くと、これで荷が下りたという感じで明るくバスに乗って帰っていたその鳴滝さんの友達の場面を見ていて、少し不快な気持ちになりました。もしも私が鳴滝さんの立場だったなら、そのような人物とはすぐに友達付き合いをやめてしまうだろうなと思いました。

「ペテロの葬列」第4話

TBSの「月曜ミステリーシアター」のドラマ「ペテロの葬列」の第4話を見ました。

第4話は、探偵のように自殺したバスジャック犯の暮木一光(長塚京三さん)のことを調べるに当たって用意した「退職願」を、同じ敷地内に暮らす義父で「今多コンツェルン」の会長の今多嘉親(平幹二朗さん)に提出しに行った杉村三郎(小泉孝太郎さん)が、今多会長から、社内報「あおぞら」の編集長の園田瑛子(室井滋さん)の過去を聞く話でした。

脚本は神山由美子さん、演出は竹村謙太郎さんでした。

今多会長は、バスジャック時のことで出勤することができなくなっている園田編集長の状態について、自分にも責任があると、杉村さんに話し始めていたのですが、会長の話によると、園田編集長は、今の会社に入社したばかりの1984年頃、他の新入社員たちと一緒に、現今多会長の指示で、「フェノミナ人材開発」という会社の「ST」と呼ばれるトレーナーによる自己啓発的な社員教育プログラムを強制的に受けさせられた結果、プログラムに反発して連日連夜監禁された小部屋で精神を病み、自殺を図ったことがあるということでした。

あなたのような人を知っていると、園田編集長が暮木さんを睨んでいたのは、暮木さんの「物を見るような目」が、園田編集長に当時の悪質なトレーナーの記憶を思い出させたからではないかと、今多会長は杉村さんに話していました。

そのトレーナーたちは優秀な企業戦士を育てることを目的としていて、そのために自分たちがしている精神教育については全て正しいことだと思い込んでいるということでした。まるで陸軍の上等兵たちのようだと説明していた今多会長は、どうしてそのようなところに社員たちを送り込んでしまったのかと、当時の自分の方針を後悔していました。

そして、人は基本的には善良だと思うが、特定の場所に送り込まれた時にも善良で居続けることができる人と、良心を失ってしまう人とに分かれると話し、園田編集長の性格のことを今多会長は、暮木さんと同じように、強いが脆い、と分析していました。

園田編集長のことを心配し続けていた今多会長は、会長の秘書の橋本真佐彦(高橋一生さん)に園田編集長を呼びに行かせて、マンションの下に会長が来ていることを知ってぼんやりと部屋を出て下りて来た後、会長の顔を見て着替えをしに戻ろうとしていた園田編集長に、園田はそのままでいい、と伝えていました。

会長の言葉を訊いて嬉しそうにしていた園田編集長は、それから元気に出勤していました。編集部員の井手正男(千葉哲也さん)に付け狙われている?間野京子(長谷川京子さん)にも挨拶をしていたのですが、二人は知り合いのようでした。

編集長が会長の言葉を聞いていた直後、「いかさま師」の絵が血に染まっている場面が現れていたのですが、それは新聞配達員の足立則生(渋川清彦さん)が詐欺師の高越勝巳(水橋研二さん)を刺殺したということだったようでした。

妻の菜穂子(国仲涼子さん)から「探偵」を始めたら家を出て行こうかなと暗に脅されていた杉村さんは、2年前に亡くなった探偵の北見一郎(大杉漣さん)のお墓参りに行った時、お墓の前にいた足立さんに遭遇していました。足立さんの事件を報道で知った杉村さんは、妻に反対されている事実と「探偵」として調査を進めたい気持ちに挟まれて迷っているようでした。

今回は、平幹二朗さんの今多会長が久しぶりに登場していたこともあって、杉村さんが活躍している場面は少なかったように思います。

でも、園田編集長が復帰し、過去の出来事が今回の事件につながっているかもしれないということが描かれていたので、事件についての展開も、まだ遠巻きに見ているような感じではあるのですが、少し進んだような気がします。

「変身」第1話

一昨日の日曜日の夜の10時に放送されていたWOWOWプライムの「連続ドラマW」の新ドラマ「変身」の第1話を見ました。

原作は、私は未読なのですが、東野圭吾さんの小説『変身』です。

産業機器の工場に勤務し、画家になる夢を持っている成瀬純一(神木隆之介さん)には家族がなく、画材店に勤めている葉村恵(二階堂ふみさん)と知り合い、一緒に暮らしていたようなのですが、仕事終わりの2013年のクリスマス・イヴの夜、恵さんにプレゼントする指輪を受け取りに行った成瀬さんは、宝石店で強盗の青年に拳銃で右側頭部を撃たれ、重傷を負って運び込まれた大学病院で脳外科医の堂元博(伊武雅刀さん)による世界初の生体間脳移植手術を受けて一命を取り留めていました。

恵さんは、手術後50日を過ぎても面会を許されない状況を不審に思い、鍵のかかっていなかった「関係者以外立ち入り禁止」のドアを開けて進み、密かに入った堂元教授の部屋で、堂元教授が「世界初の生体間脳移植」だということを公表しようとしている話を聞くのですが、後に成瀬さんの手術の記者会見を行った堂元教授が「生体間脳移植」を公表しなかったことを不審に思い初めていました。

自分の絵のタッチが変わったと悩んでいた成瀬さんは、自宅に戻ると、密かに恵さんの「そばかす」を気にし出していました。恵さんも、成瀬さんの変化を察したようでした。

一方、事件の聴取のために隔離病棟の成瀬さんに会いに来ていた築地中央警察署刑事課の刑事の倉田謙三(村上淳さん)は、成瀬さんに訊かれて、強盗の犯人で事件直後にビルの屋上で盗んだお金を撒いた後こめかみを撃って自殺をしたとされていた京極瞬介(渡部豪太さん)が実は胸を撃っていて、しかも即死ではなく、重傷の状態で成瀬さんと同じ病院へ運び込まれていたということを訊き、その裏事情を探ろうとしていました。

脚本は吉田紀子さん、監督は永田琴さんでした。

WOWOWのドラマということもあって、映像はとてもきれいでした。神木隆之介さんの成瀬さんの意識下が光と水に漂う様子で表現されていたのも良かったように思います。

神木隆之介さん主演という理由で見てみることにしたドラマだったのですが、面白そうかもしれないなと思いました。

伊武雅刀さんの演じる堂元教授が、優しいような野心家のような、穏やかのような威圧的のような、少し不気味な雰囲気でした。

このドラマの主人公は、成瀬さんと、二階堂ふみさんの恵さん(何となく宮崎あおいさんに似ているような気がします)の二人なのでしょうか。

成瀬さんに移植された脳は、犯人の京極さんの脳なのかもしれないのですが、それが「生体間移植」であるということは、京極さんは(脳死の場合以上に)医師によって「殺された」ということになるのかもしれません。

臓器移植を受けた人がその臓器の元の持ち主のような人格に変化していくというような話そのものは、あまり珍しいものではないようにも思うのですが、そのような部分よりも、例えば恵さんが人格を変えていく成瀬さんへの愛情を貫くというような部分が軸になっている話なのかもしれないなとも思いました。

私の家のテレビでは残念ながら無料放送の第1話しか見ることができないのですが、良い作りのドラマになっているような印象でした。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム