「MOZU Season2 ~幻の翼~」第3話

TBSのWOWOWとの共同制作ドラマ「MOZU Season2 ~幻の翼~」の第3話を見ました。

昨夜の第3話は、ソフトバンクホークスが優勝したプロ野球の日本シリーズの第5戦の放送のため、夜の9時からではなく、1時間20分遅れの、夜の10時20分から放送されていました。

森原官房長官殺害の容疑者として指名手配されることになった警視庁公安部特務第一課の捜査員の倉木尚武(西島秀俊さん)のことが、新聞や雑誌やテレビで報道されていました。実の父親(篠田三郎さん)に車で跳ねられて入院していた公安第二課の捜査員の明星美希(真木よう子さん)や捜査一課の刑事の大杉良太(香川照之さん)には、倉木さんのことを信じたい気持ちと少し疑う気持ちとがあるようでした。

大杉さんに頼まれて街の防犯カメラの映像を調べていた入谷交番の巡査の鳴宮啓介(伊藤淳史さん)は、事件当日の森原官房長官の車が一時防犯カメラのない場所に止まっていたかもしれないことに気づいていました。

退院した明星さんは、大杉さんに連れられて、自分を跳ねた車がスクラップにされる工場に来ていました。大杉さんによると、その車はロシア大使館の車だったのですが、大使館側は、盗まれたものだと釈明しているようでした。

明星さんは、自分を轢いたのが生きていた父親であること、北海道でテロリストを案内したとされる似顔絵の人物も父親かもしれないこと、これまで実家にかかって来ていた無言電話は父からのものではなかったこと、父親が裏切った公安警察が自分たち家族のことをずっと見張っていたのかもしれないということを、大杉さんに打ち明けていました。

それから、大杉さんは、フリージャーナリストの名波汐里(蒼井優さん)に接触し、倉木さんはやっていないと断言した名波さんの後を、部下の加藤刑事たちにつけさせていました。

名波さんはそのことに気づかなかったのか、港の工事現場の倉庫のようなところに入っていたのですが、そこには新谷宏美の双子の兄の新谷和彦(池松壮亮さん)がいました。名波さんは、2週間のうちに3人がアイスピックによって殺された事件の犯人が和彦さんではないということを、和彦さんに直接確かめたかったようでした。

新谷和彦らしき人物がいるのをドアの外で理解した加藤刑事は、応援を待てと言う大杉さんの指示を無視して仲間の刑事と部屋の中へ飛び込み、強い和彦さんに倒されていました。加藤刑事の拳銃を奪った和彦さんは、しかし、その二人の刑事たちを殺しませんでした。拳銃を壊して捨てて、すぐに名波さんとその場を離れることにしていました。

その直後現場に到着した大杉さんは、加藤刑事から、和彦さんが生きていることを聞いていました。

その頃、明星さんは、仲間の刑事たちと、テロに関わったと思われるロシア人たちが潜伏していた場所へ押し入っていたのですが、そこには誰もいませんでした。荒らされた部屋の床には血が落ちていて、それは裏口まで続いていました。

ロシア人たちを連れ去ったのは、倉木さんでした。どこかの廃墟にロシア人たちを連れてきていた倉木さんは、水溜まりの水をボトルに汲んで、まだ意識のある一人を水責めにしながら、「イワン・タイラー」はどこにいるのかと繰り返し尋ねていました。相手は、「イワン・タイラー」は今はどこにもいないと答え、信じようとしない倉木さんのことを薄く笑っていました。

翌朝、その現場を明星さんと大杉さんに来ていたのですが、ロシア人たちは意識を失っているものの、一応全員生きていたようでした。倉木さんは殺人犯にはなっていませんでした。明星さんは、誰かが倉木さんの暴走を止めないといけないと大杉さんに話していました。

一方、名波さんと逃走した和彦さんは、俺は無意味な殺生はしないと、名波さんに答えていました。それを聞いて名波さんは少しほっとしていた様子でした。名波さんは、グルジブ人のテロリストたちに拉致されていた時のことを和彦さんに話していたのですが、それによると、名波さんは、自分をグルジブ共和国へ行かせた「栗山」という人物に裏切られて助けを断られた直後、別室に連れて行かれて処刑されそうになっていたのを、処刑の担当を任されていた和彦さんに助けられたようでした。どうして名波さんを撃たなかったのかということについて、和彦さんは衝動的にそうしたのだと答えていました。

和彦さんは、接触してきた東和夫(長谷川博己さん)から、空港爆破事件の黒幕は若松と室井と森原だということを教えられていて、さらにその時、日本に戻ってきた目的は宏美に対する贖罪なのかと見抜かれていたのですが、それから一緒に逃げている名波さんに、弟に自分の代わりに「宏美」になってもらった経緯を話していました。

父親に亡くなった姉の身代わりにさせられていることが嫌になった兄の宏美(佐藤瑠生亮さん)は、純粋な弟を、女装すると死んだお母さんに会えると騙して、「マサミカ、マサミカ」と唱える秘密の儀式まで行って、父親に分からないように弟の和彦に「宏美」になってもらったようでした。しかし、次第に宏美さんは精神を病むようになり、小動物を殺すまでに追い詰められていったところで、兄の和彦さんも宏美さんの状態の深刻さに気づいたということでした。

そのような話をしている頃、二人の近くにあった大型テレビに、警視庁公安部長の池沢清春(佐野史郎さん)の記者会見の様子が流れてきました。池沢さんは、アイスピックによる最近の4件の殺人事件の犯人を、「新谷宏美」という24歳の男性だと特定したと公表していました。

その池沢さんの声を聞いた名波さんは、池沢さんが「栗山」だということに気づいて、復習の方法を考え始め、和彦さんは、密かに赤い口紅を塗り、女装をして、「新谷宏美」を蘇らせていました。

能面の二人組が5人目の被害者を出そうとしていた時、そこに「宏美」が現れ、二人組の一人を捕まえた宏美は、お前は新谷宏美なのかと訊きながら、その一人をアイスピックで突き刺して殺していました。

二人組のもう一人と、目隠しをされていた5人目の被害者になるところだった人は、和彦さんの宏美によって命を奪われることはありませんでした。返り血を浴びていた宏美によるものなのか、壁には百舌の羽の印が被害者の血で描かれていました。

CIAから戻ってきた津城俊輔警視正(小日向文世さん)に会った大杉さんは、池沢部長は全てを「新谷宏美」の仕業にするつもりだと考えていた津城さんから、すでに突き止めていたらしい倉木さんの居場所を教えてもらい、妻の千尋(石田ゆり子さん)の死の真実を追い求める倉木さんの暴走を止めるため、北海道の宗牙岬の駅へ向かっていました。

最後は、指名手配犯になってしまっている倉木さんを助けたい大杉さんと、妻の真実の追求を優先する倉木さんが同時に相手に銃口を向け合う場面で終わっていました。

脚本は仁志光佑さん、監督は羽住英一郎さんでした。

最後の線路と二人のシルエットの雰囲気がかっこよかったです。

水責めとか殺戮の様子とか、怖い場面も多いので、よく地上波で放送できているなとも思うのですが、第3話も面白かったです。

前作の「season1」の時よりも、もっと各場面の説明が少ないので、展開の早い物語の流れは少し分かり辛い感じもするのですが、端的にまとめられている印象でもあります。

新谷宏美は生き返る、都市伝説になるのだと、東さんが和彦さんに言っていたのですが、私には、池沢さんが事件を「新谷宏美」の仕業にする記者会見を聞いた和彦さんが、弟の宏美さんに対する贖罪の気持ちを持っているのだとしても、どうして再び自ら「新谷宏美」になったのか、殺し屋の百舌の「新谷宏美」を蘇らせたのかということが、まだよく分かりませんでした。

でも、とにかく、池松壮亮さんの演じる「新谷宏美」の存在感はやはりすごいです。今回の復活の場面も、圧巻でした。

弟の宏美さんはいなくなってしまいましたが、ドラマを見ている私としては、せめて和彦さんは救われるといいなと思います。

「相棒 season13」第3話

テレビ朝日のドラマ「相棒 season13」の第3話「許されざる者」を見ました。

第3話は、3年前に花屋の店員の山本香奈さんに対する強盗殺人の容疑をかけられたものの人権派の敏腕弁護士の永井多恵(片岡礼子さん)の弁護によって裁判で無罪が証明された過去があった、出版社に勤務する長谷川重徳(夙川アトムさん)がマンションの自室でスタンガンとロープで殺された事件を調べることにした警視庁特命係の杉下右京(水谷豊さん)と甲斐享(成宮寛貴さん)が、鑑識の米沢守(六角精児さん)に見せてもらったマンションの防犯カメラの「ミステリー」映像と部屋が荒らされていた謎を探る中で、冤罪と思われていた長谷川さんが本当は事件を起こしていたこと、そのことを本にして出版しようとしていたことを知り、長谷川さんが信頼していた永井弁護士に疑いの目を向けていく、というような話でした。

脚本は金井寛さん、監督は和泉聖治さんでした。

永井弁護士は、最初に弁護を担当することになった時に長谷川さんから山本さんを殺したことを聞かされていたにも関わらず、とにかく裁判に勝つために証拠を集め、長谷川さんを無罪にし、「冤罪」の被害者にしたようでした。

しかし、長谷川さんがそのことを本にして出版しようとしていると知り、マンションの裏口から外出するよう誘い出して思い通りに出てきた長谷川さんを殺害し、遺体をスーツケースに詰めて、長谷川さんの鍵を使って裏口から?部屋に侵入し、そこで殺されたように遺体を置いたということでした。

裏口のほうには、防犯カメラは無かったようでした。また、永井さんは、長谷川さんの遺体を入れたスーツケースを処分せずに自宅に残しておいたらしく、捜査一課の刑事の伊丹憲一(川原和久さん)と芹沢慶二(山中崇史さん)がそれを押収したようでした。

一度裁判で無罪が確定した事件は再び裁かれないということの危険な側面を描いていたのだと思います。

社会派のテーマで良かったと思うのですが、でも、核心に近づくまでに遠回りをしていたような印象もありました。もしかしたら、昔の「相棒」だったなら、小野田公顕(岸部一徳さん)や閣下と呼ばれていた元法務大臣の瀬戸内米蔵(津川雅彦さん)の登場した回になっていたのかもしれないなとも思いました。

右京さんがアレンジメントフラワー用の花瓶を知らず、灰皿のようなものだと思っていたところにも、少し意外な感じがしました。

今回も物語の展開が右京さんによる謎解きに偏っていたような印象を受けたのですが、そのようになってしまうと、「相棒」らしさが薄まるというか、単調になってしまうような気がします。

予告によると、次回にはまた警察官の中に新しい人物が登場するようでした。「相棒13」がどのようになっていくのか、私には分からないことなのですが、まだもう少し楽しみにしてみようと思います。

「深夜食堂 3」第2話(第22話)

TBSのドラマ「深夜食堂 3」の第二話(第二十二話)「豚バラトマト巻き」を見ました。

漫画雑誌の編集者の宇野(ダンカンさん)は、新人賞を受賞したばかりの橋本ワタル(石田法嗣さん)を「めしや」に連れて行き、マスター(小林薫さん)の作る豚バラトマト巻きを食べさせていました。

豚バラトマト巻きは、赤いプチトマトを一個ずつ豚バラ肉で巻いて、串団子のようにしたものを網の上で焼いたものでした。

でも、宇野さんがその料理を食べさせた新人はデビューすることができないという噂もあるようでした。マスターに挨拶をしに来ていた、手塚治虫と一字違いの手塚おさみさん?という漫画家志望の男性は、ついに田舎へ帰っていました。

ワタルさんは、それから「めしや」で出会った山田のりこ(椎名琴音さん)とのりこさんの借りた家で一緒に暮らし始めていたのですが、自分で満足できるような、編集者が「面白い」と言ってくれるような漫画を一向に書くことができず、スランプに陥っていました。掲載されない漫画ばかりを根を詰めて書き続け、自分を認めない編集者のことを悪く言い、漫画を描くこと以外の「仕事」をしないワタルさんに愛想を尽かしたのりこさんは、ワタルさんに別れを切り出し、のりこさんの家を出たワタルさんは漫画家の夢にも今後の自分の人生にも迷い始めるのでした。

昔のワタルさんのような漫画好きの小学生に公園で出会ったワタルさんは、のりこさんの家に戻らず、「めしや」へ向かい、マスターに漫画家の夢を諦めようと思うということを話し始めるのですが、そこへ、田舎へ帰ったはずの手塚さんが、やよいさんという女性漫画家を連れて「めしや」へ入ってきたのでした。豚バラトマト巻きをマスターに頼んだ手塚さんは、田舎でヘルパーさんの仕事をしていた時にやよいさんと出会い、二人で描いた漫画が雑誌に掲載されることになったということでした。

一からやり直すことにしたらしいワタルさんは、先輩漫画家の手塚さんから、漫画から一度離れてみると良いとアドバイスされて、お店を出ていました。いつか豚バラトマト巻きを食べに戻ってきてほしいと、マスターは心の中で思っていたのですが、いろいろありがとうございましたと去って行ったワタルさんは、まだ戻ってきていないそうです。

脚本は小嶋健作さん、監督は熊切和嘉さんでした。

今回は、マスターが料理の作り方を教える最後の場面も、漫画で表現されていました。

「めしや」の場面よりも、漫画家志望のワタルさんがのりこさんの家や公園などで苦しんだり迷ったりしている描写が多く、途中で、これは「深夜食堂」なのだろうか、と少し疑問にも思えてしまったのですが、でも、今回も良い話だったと思います。

編集者の宇野さんから時々ワタルさんの話を聞いていたマスターが、夢を諦めかけているワタル青年の行く末を見守るという話だったのかなと思います。

私としては、もう少し希望を持つことのできる感じで終わったほうが、もしかしたら、もっと「深夜食堂」らしさが出たのではないかなと思ったのですが、マスターが若者を応援する感じをより表現しようとしていたのかなとも思いました。

豚バラトマト巻きの歌?も、何だかよく分からないのですけれど、何となく、かわいかったような気がします。

「素敵な選TAXI」第3話

フジテレビのドラマ「素敵な選TAXI」の第3話を見ました。

第3話は、「素敵な夫婦アワード」を受賞したIT会社社長の野々山(中村俊介さん)と密かに不倫の関係を続けていた社長秘書の麻里奈(木村文乃さん)が、その授賞式の直後、奥さんと別れて私と結婚して、と社長に切り出して喧嘩になってしまったことを後悔し、偶然乗り込んだ選タクシーの運転手の枝分(竹野内豊さん)に頼んで過去に戻り、社長と結婚するためにいろいろ画策する話でした。

選択肢Aで最初の失敗をした麻里奈さんは、6万円を支払って時間を遡った選択肢Bでは喧嘩を回避するのですが、「妊娠」という切り札を言い出すことができないまま、「元彼」の記者の柴田省吾(窪塚俊介さん)に不倫のスクープ写真を見せられて、不倫はいけないと怒られて喧嘩になってしまい、写真を取り返そうとした社長が階段から転落し、頭から血を流して意識を失ってしまいました。

社長が死んでしまったと、枝分さんに頼んで再び時間を遡った麻里奈さんは、選択肢Cでは、授賞式の直前にロビーで男性と楽しそうに話していた社長の妻でモデルの明歩(笛木優子さん)に、隠さずに社長を話し合ったほうがいいと促すのですが、その結果、明歩さんが思い切って社長に伝えたことは、夫に心配をかけないようにと密かに行っていた不妊治療が成功したということでした。

嬉しそうな明歩さんと社長の様子を見ていた麻里奈さんは、社長のことを諦めて、「自分勝手で悪いんだけど別れてくれない?」と自ら切り出し、社長の元を去っていました。

麻里奈さんは、それから枝分さんのタクシーで海へ向かったのですが、そこで「妊娠」が実は嘘だったということを枝分さんに打ち明けていて、驚く枝分さんとお互いに「酷い」と言い合っていたのが、何だかとても楽しそうでした。

脚本はバカリズムさん、演出は筧昌也さんでした。

まだ第3話までしか放送されていないのですが、いつも終わり方が良いように思います。「ベタ」な展開の部分もあり、途中には私には少し長く思えてしまうようなところもあるのですが、乗客と枝分さんの最後の場面がすっきりとしているので、(決して最後以外が楽しくないというわけではないのですが)「終わり良ければ全て良し」という言葉の感じで、全体が楽しいドラマだったように思えてきます。

今回の最後は、枝分さんがカフェ「choice」の店主の迫田宏演(バカリズムさん)や宇佐見夏希(南沢奈央さん)にサプライズで誕生日のお祝いをされ、「枝さん」と書かれたチョコレートのプレートの載ったケーキをプレゼントされる場面だったのですが、枝分さんの誕生日は本当は先月だったのだそうです。その場の空気に飲まれて本当のことを言い出せない枝分さんの感じも、このような人は実際にもいるのだろうなと、面白く思いました。

「すべてがFになる」第2話

フジテレビのドラマ「すべてがFになる」の第2話を見ました。

前回の続きの、解決編となる後編を、どのような第2話になっているのだろうと一応楽しみにしていたのですが、私は見ながらとても眠いような気分になってしまい、起きていたはずなのですが、もしかしたらところどころ記憶が飛んでしまっているかもしれません。

前回の最後、「極地環境研究センター」の低温実験室に閉じ込められて凍死させられそうになっていた神南大学工学部建築学科3年生の西之園萌絵(武井咲さん)は、ドアの開いていた計測室のパソコンから准教授の犀川創平(綾野剛さん)に「たすけて」と書いたメールを送り、駆けつけた犀川さんに救助され、病院で目を覚ましていました。

この頃すでに、犀川さんも萌絵さんも、研究員の服部珠子(吉谷彩子さん)とその恋人の研究員の丹羽健二郎(菊田大輔さん)を殺害した犯人に気付いていたようでした。

工学科助教の一ノ瀬里佳(市川由衣さん)が九州から飛行機で戻った朝、教授の木熊京介(平田満さん)が研究センターの搬入室で首を絞められて殺されているのが発見されるのですが、第一発見者は一ノ瀬さんで、一ノ瀬さんの叫び声をシャッターの前で聞いて駆けつけたのは犀川さんでした。

ドラマの開始から約30分を過ぎた頃の前半の最後、研究センターの関係者全員のメールを監視していた「shika(しか)」という名前を使う人物と思われる一ノ瀬さんが犯人であることが示されてから、すでに犯人に気付いていた犀川さんと萌絵さんによって、萌絵さんに捜査情報を教える捜査一課の鵜飼 大介刑事(戸次重幸さん)と片桐誠人刑事(坂本真さん)に、推理の説明がなされていました。

それによると、丹羽さんを殺したのは木熊教授で、服部さんを殺したのは一ノ瀬さんでした。木熊教授は、犀川さんたちが来ていた時にも出入りしていた、実験室の隣の部屋の窓から外に出て、非常口のドアを軽く叩いて合図をして中にいた丹羽さんに開けさせ、丹羽さんの背中を刃物で刺して殺害し、丹羽さんの白い防護服を来て実験室の出入り口から外へ出ていて、一ノ瀬さんも同様の方法で服部さんを刺殺し、服部さんの白い防護服を着て準備室の鍵を閉めて、実験室を出ていました。

教授と助教のために非常口のドアを開けた丹羽さんと服部さんが防護服を着ていなかったのは、結婚を研究室の仲間たちに発表しようとしていた二人が、そこでウェディングドレスやタキシードのスーツに着替えるためだったようでした。

木熊教授の死は、一ノ瀬さんの罪を隠し、自分一人で罪を背負うための自殺でした。犀川さんによると、木熊教授と一ノ瀬さんは親子だということでした。

一ノ瀬さんは父親の遺言通りに、ワイヤーに吊されていた父親の遺体を引き下ろして、絞殺体に見えるように偽装していたようでした。

搬入室のシャッターが木熊教授の死の3日前に直っていたということも、後で分かったこと(視聴者に伝えられたこと)なのですが、犀川さんは、木熊さんと一ノ瀬さんが丹羽さんと服部さんを殺したことについて、もしもシャッターが壊れていなかったら、完全犯罪だっただろうと話していました。搬入室のシャッターから外へ出ることができたからだそうです。

研究センターの搬入室のシャッターの前は、守衛さんのいる門からつながる見通しの良い道だったように思うのですが、もしそうだとすると、仮に木熊教授と一ノ瀬助教が研究員二人を殺した直後にシャッターを開けて外に出たとしても、完全犯罪は難しそうというか、そこで誰かにすぐに見つかる可能性もあったように思います。

木熊さんが丹羽さんを殺した理由の中には、何か研究論文の問題もあったようなのですが、一ノ瀬さんが服部さんを殺したのは、2年前に一ノ瀬さんが丹羽さんに酷い目に遭わされそうになっていたのを、服部さんが、一ノ瀬助教と別れたばかりだった増田さん(後にダクトスペースでミイラ化しているのが発見された人物です)に話し、増田さんが丹羽さんを刃物で切りつけようとして暴れて失踪したことで、服部さんを恨んでいたからだったようでした。

犯人の動機が特殊だと、犀川さんが言っていたのは、一ノ瀬さんが服部さんを恨んだ部分だったのでしょうか。それとも、父親の木熊さんが娘のために殺人を手伝った部分だったのでしょうか。

「悲しすぎる動機」が明らかになると、ドラマの解説の画面に書かれていたように思うのですが、私には、「悲しすぎる」動機が一体何だったのか、いまいちよく分かりませんでした。眠いような状態で聞いていたからなのかもしれません。

このドラマは「理系」の作品だと聞いていたので、私は、大学の工学部を舞台にしているのなら、殺人の方法や推理の展開などに、工学系の要素が含まれているのだと勝手に思っていたのですが、少なくとも前後編だった第1話と第2話には、そのような要素はほとんどなかったように思います。

私は原作の小説を未読ですし、他の作品ともあまり比較してはいけないのかもしれないのですが、理科のようでもあったフジテレビのドラマだった「ガリレオ」のほうが(私は全話を見たわけではないのですが)、まだ物理学の准教授らしい要素が活かされていたような気がします。

犀川准教授や大学生の萌絵さんが秀才らしいということも、第2話までのドラマの物語の中では、あまり描写されていないように思えてしまいました。

あと、ドラマの最後に萌絵さんが、「shika(しか)」について、「リカ」はドイツ語で雌鹿だということを犀川さんに答えて、「不正解ではない」?と言われていたのですが、それも私には、少し理解し難い感じに思えてしまいました。本当に「リカ」と言うのだろうかと、独和辞典を調べてみたところ、「Ricke」の項目には「雌ノロ」と書いてありました。「ノロ」は「ノロジカ」という種類の鹿のことだそうで、そうだとすると確かに「リカ」(リッケ?)は雌鹿を指すのかもしれないのですが、雌鹿のことは、通常は「weiblicher Hirsch」と言うそうです。辞書には「Hirsch」は雄鹿と書いてありました。「weiblich」は女性を表すそうです。

このドラマの第1話と第2話を面白く思うことができた方もたくさんいると思うのですが、私は残念ながらそうではなかったので、新しい話になる第3話は、もう少し面白く思うことができるようになっているといいなと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム