「IQ246~華麗なる事件簿~」第3話

TBSの「日曜劇場」のドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」の第3話を見ました。

第3話は、法門寺沙羅駆(織田裕二さん)の執事の賢正(ディーン・フジオカさん)が、現在はカリスマセレブ主婦モデルとして活躍している高校時代の同級生の滝乃川美晴(観月ありささん)と再会し、美晴さんの夫で不動産会社の社長の滝乃川隆文(高木渉さん)が町工場の元経営者の下村辰也(岡田浩暉さん)に自宅の居間で刺されて殺され、下村さんが居間に置かれていた花瓶で後頭部を殴られて殺されるという事件に巻き込まれた美晴さんを沙羅駆さんの推理から守ろうとする話でした。

脚本は泉澤陽子さん、演出は坪井敏雄さんでした。

夫が自分と離婚をして浮気相手に遺産を渡そうとしていることを密かに設置していた盗聴器で知った美晴さんは、「13」からのメールに返信をして、夫を恨む下村さんを利用した「完全犯罪」を実行し、下村さんを部屋の花瓶で撲殺したのですが、そのことを視聴者はすでに知っているという倒叙型のミステリーとして、前半は展開していました。

ミステリーの部分はそうだったのですが、今回は主に、主人の沙羅駆さんと執事の賢正さんの物語でした。

沙羅駆さんと賢正さんと美晴さん、という三角関係?のようになって、沙羅駆さんは美晴さんを庇おうとする賢正さんに永久の暇を出したのですが、本当には、その喧嘩はお芝居だったのでした。それは最後のほうで明かされていました。美晴さんによると賢正さんは高校時代には陸上部だったそうで、普段は普通の洋服を着ているというのが少し意外でもあったのですが、執事の賢正さんは沙羅駆さんを絶対に裏切らないということが最後に改めて分かって、何だかほっとしました。

美晴さんの嘘は、和藤奏子(土屋太鳳さん)が見逃しそうになって賢正さんが捕まえた、盗聴マニアの証言からも明らかになろうとしていたのですが、割れたレプリカの花瓶の持ち手の指紋の向きよりも決定的になったのは、美晴さんが夫に依頼した時の音源を持っていると脅してお金を要求する下村さんの妻(占部房子さん)を、賢正さんを利用して殺す際に、自らその犯行を告白したからでした。下村さんの妻は、美晴さんを脅すことを沙羅駆さんに頼まれていたようでした。

美晴さんに利用されそうになっていた賢正さんは、それでも美晴さんのことを好きだったようでした。ドラマの初めのほうでは、賢正さんは、美晴さんが抱えていたダイヤモンドリリーの花束を見て花言葉は「幸せな思い出」だと言っていたのですが、最後のほうの、下村さんの妻と会う美晴さんのテーブルにはストロベリーフィールド(千日紅)の赤い花を用意していました。和藤さんが調べたところ、その花言葉は「変わらぬ愛を君に」でした。

ダイヤモンドリリーは、花びらの表面がダイヤモンドの粉を散りばめたようにキラキラとしているユリの花です。ストロベリーフィールドは、私は千日紅という名前でしか知らなかったのですが、ドライフラワーにもよく使われている花です。

ダイヤモンドリリーの花言葉で始まりストロベリーフィールドの花言葉で終わるという構成も、賢正さんの美晴さんへの思いが花言葉に託されるというところも、良かったように思います。

沙羅駆さんと賢正さんの深いつながりは、和藤さんが思っていたようなものではなく、沙羅駆さんによると、「もっと崇高な」ものなのだそうです。

今回の和藤さんは、沙羅駆さんの妹の瞳(新川優愛さん)の付き人のようになっていたり、睡眠薬がトッピングされたハロウィン仕様のドーナツで眠らされたりしていましたが、刑事の和藤さんがスイーツに釣られて眠らされて捜査にほとんど参加できないということは、これからもあるのでしょうか。沙羅駆さんと賢正さんと和藤さんの個性や関係性が、このドラマに少し慣れてきたということもあるのかもしれないのですが、何となく楽しく思えてきました。

あと、沙羅駆さんは、「13」がパソコンのカメラのハッキング?をして自分を監視していることに気付いていたようでした。今までも気付いていながらそれを放置していたのでしょうか。沙羅駆さんはカメラの向こうの犯人を「モリアーティ」と呼んでいました。やはり「モリアーティ教授」のようです。

すごく面白いというのとはまだ少し違うかもしれないのですが、でも、次回の物語も楽しみにしていようと思います。


ところで、今日はハロウィン(ハロウィーン)の日です。もともとは古代ケルト人が冬の始まりに秋の収穫を祝うお祭りだったそうです。そのお祭りと、その頃に現れる魔物たちから身を守るための行事とが重なっていたのだそうです。仮装イベントに興味を持つことができないでいる私は、ハロウィンのことも今までほとんど気にしていなかったのですが、最近は、オレンジ色と紫色のハロウィンの飾りをかわいいと思うことができるようになってきました。ケーキ屋さんのガラスケースに並ぶ小さなハロウィン装飾のケーキもかわいいです。古代ケルト、と聞くと、何か神秘的であるような気がしてきます。

「真田丸」第43回

NHKの大河ドラマ「真田丸」の第43回「軍議」を見ました。

第43回は、茶々(竹内結子さん)から豊臣秀頼(中川大志さん)を死なせないでほしいと密かに頼まれ、徳川軍に勝つためには大坂城の外へ出て京で戦うべきと考えた真田左衛門佐幸村(信繁、堺雅人さん)が、総大将の秀頼の御前で開かれることになった軍議の場で、籠城すべき主張する五人衆の毛利豊前守勝永(岡本健一さん)や後藤又兵衛基次(哀川翔さん)、長宗我部盛親(阿南健治さん)、明石全登(小林顕作さん)、豊臣家の家臣の木村長門守重成(白石隼也さん)、茶々の乳母の大蔵卿局(峯村リエさん)の息子で秀頼の側近の大野修理大夫治長(今井朋彦さん)、織田有楽斎(井上順さん)を説得しようとする話でした。

作(脚本)は三谷幸喜さん、演出は小林大児さんでした。

真田伊豆守信之(大泉洋さん)の嫡男の真田信吉(広田亮平さん)と次男の真田信政(大山真志さん)は、徳川秀忠(星野源さん)や本多正信(近藤正臣さん)のいる陣に合流していたのですが、弟が大坂城へ入ったという連絡を受けた江戸の真田屋敷の信之は弟が思い切り徳川と戦うことができるようにするため、姉の松(木村佳乃さん)に頼んで、息子たちが前線へ出ることがないようにする方法を考えていました。

一方、徳川家康(内野聖陽さん)のもとを、豊臣の元家臣の片桐且元(小林隆さん)が訪ねていました。大蔵卿局たちに疎まれ身の危険を感じて豊臣家を出た片桐さんは、豊臣が集めている兵糧について家康から訊かれて、迷いながら、10万人の兵には持って半年の量だろうということを答えていました。片桐さんは、徳川の家臣として迎えられることになったようでした。

秀頼と五人衆の軍議の間、茶々は大坂城を訪ねてきた妹の初(常高院、はいだしょうこさん)と会って懇談していたのですが、乳母の大蔵卿局と有楽斎は、籠城という作戦が幸村に覆されないよう大野治長を注意し続けていました。

京に攻め入って家康の首を取ろうという作戦を提案し、毛利勝永の賛同を得た幸村が、キリスト教の布教を許可してもらいたい明石全登、長宗我部家の復興を願う長宗我部盛親、死に場所を求めていた後藤又兵衛、若い木村重成、そして大野治長までを堂々と説得していき、五人衆や秀頼の重臣たちが秀頼を中心にまとまっていく流れがとても良かったです。

必ず勝てる、負ける気がしない、と断言する幸村の言葉に、史実を知っている私も、本当に豊臣軍が勝つことができるような気がして(徳川軍が負けた方がいいというわけではないのですが)何だか嬉しいような気持ちになりました。

しかし、大坂城に集まった武将たちを信用せず、籠城で通したい有楽斎と大蔵卿局、そして茶々は秀頼を説得し、秀頼は外で戦うことを諦め、母親たちの言う通りに籠城をすることに決めたようでした。大野治長と木村重成は、そのことを幸村に伝え、幸村も籠城の方向で、新たな作戦を考えることにしていました。

本編の後の「真田丸紀行」では、後藤又兵衛の槍が紹介されていました。とても長くて重そうな槍で、それを振り回して戦っていたのだとするなら、後藤又兵衛は本当に強い武将だったのだろうなと思いました。

出城の築城が始まるらしい次回の「真田丸」も楽しみにしたいと思います。

「スニッファー 嗅覚捜査官」第2話

NHKの土曜ドラマ「スニッファー 嗅覚捜査官」の第2話を見ました。

第2話の事件は、白昼のオフィス街で会社社長と銀行の頭取が遠く離れたビルの屋上から頭部を狙撃されて即死するというものでした。

捜査に参加することになった嗅覚捜査官(スニッファー)の華岡信一郎(阿部寛さん)は、1件目の風の強いビルの屋上に僅かに残っていた匂いや2件目の風のない屋上にこもっていた匂いから、日本人特有の醤油の匂いやハマナデシコの花の匂いを嗅ぎ取り、犯人は日本人のプロ並みの狙撃手だと推理しました。

独身刑事の小向達郎(香川照之さん)は、若い頃オリンピックの射撃の強化選手として一緒に合宿をしていた仙崎士郎(トータス松本さん)を思い出し、その仙崎さんがアメリカへ渡ったまま行方不明となっていることを知るのですが、華岡さんの推理では犯人は単身者であるところ、小向さんは、当時の競技射撃の仲間から仙崎さんは結婚していると聞き、同僚の刑事の細井幸三(馬場徹さん)や早見友梨(高橋メアリージュンさん)と調査を続ける中で、妻を病気で亡くしたばかりの仙崎さんの娘の死の真相にたどり着いていくのでした。

脚本は林宏司さん、演出は堀切園健太郎さんでした。

華岡さんと、母親の小向昌子(吉行和子さん)に押されて婚活中の独身刑事の小向さんとの掛け合いは、今回も面白かったです。

仙崎さんは、小さな娘と家族で海に遊びに来ていた時、航行禁止区域に侵入してきたクルーザーのスクリューに巻き込まれるという被害によって娘を亡くしていました。クルーザーの持ち主と乗っていたその友人たちの3人は、政財界に人脈を持つ「エリート」だったため、警察にも守られることになり、元自衛官の仙崎さんの娘をの死亡事故はサメに襲われたという嘘で終わらされていました。仙崎さんは、娘を殺した上に逮捕も起訴もされない要人3人に復讐をするために、今回の狙撃事件を起こしていました。

残りの一人を殺そうとしていた仙崎さんは、警察官に向けて発砲しながら霧の森の廃墟の中を逃げていたのですが、華岡さんの嗅覚によって発見され、小向さんたちに捕まってしまいました。

第1回の物語もそうでしたが、今回でも、犯人は復讐殺人を完遂することはできませんでした。刑事ドラマなので、それは仕方のないことなのかもしれませんが、物語の中で犯人の悲しみとそれを伴う動機が描かれるほど、その復讐が遂げられてから逮捕されてほしいようにも思えてしまいます。

また、今回でも、復讐される側の人物のその後は特に描かれていませんでした。

第2話も面白かったのですが、華岡さんの鋭過ぎる嗅覚は特殊能力なのだと思いますし、嗅覚捜査官というよりは、超能力捜査官という感じでもあるような気がします。

嗅覚で得た情報がいろいろな会話のきっかけにもなっているのですが、匂いで癌を発見できるという犬がいるように、華岡さんも身近な人の病気に気付くことができるのかもしれないなとも思いました。

あと、今回には、冒頭から華岡さんの元妻の片山恵美(板谷由夏さん)も登場していました。恵美さんは、娘の美里(水谷果穂さん)の素行?を心配していました。美里さんはいつか何かの事件に巻き込まれるのかもしれません。

次回も楽しみにしていようと思います。

核兵器禁止条約の決議案に日本が「反対」をしたこと

一昨日の報道番組によると、国連総会で行われた「核兵器禁止条約」の交渉を来年から始めることについての決議が、123カ国の「賛成」多数で採択したそうなのですが、日本は、これまでのような「棄権」ではなく「反対」の票を投じたそうで、驚きました。

日本はアメリカの「核の傘」に依存している国だから、と言っても、日本は世界で唯一の戦争被爆国で、酷い無差別殺人兵器である核兵器の廃絶を訴えていく国としてはその発言に説得力を持たせることができるはずなのに、わざわざ「反対」をしたということは、核廃絶を訴える力やそのための説得する力を日本政府が自ら放棄して弱めたということになると思うのですが、一体どうしてこのようなことをしたのだろうと、残念に思いました。日本政府は日本を核兵器の保有国にしようとしているのだろうかと不安に思いました。岸田文雄外務大臣は、「反対」の票を投じた理由として、決議案は核保有国と非核保有国との対立を助長し対立を一層深めるからだと説明をしているということですが、それならなおさら日本は棄権にしたほうがまだましだったのではないかと思います。「反対」にするようにというアメリカ政府からの要請もあったそうですし、それを受けたものだとするなら、日本政府はますます日本をアメリカの属国のようにしていくものであるように思えます。

27日まで来日していたフィリピンのドゥテルテ大統領のことは、日本のメディアではその“過激発言”を多く取り上げていましたが、中国や日本からそれぞれ自国支援の約束を取り付けて外交交渉に成功していて、とても頭の良い方であるように見えました。でも、日本政府は、11月に発行されるという2020年以降の地球温暖化対策の「パリ協定」の批准にも遅れたということですし、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)のお米などの“聖域”を守るはずだった交渉も含めて、外交交渉に失敗し続けているように思えます。

先日には、自由民主党の総裁任期が2期6年から3期9年に延長されることが決まったということが少しだけ報道されていました。党の総裁の任期はその党の中の決議だけで決めることができるそうで、自民党の議員たちが誰も反対しなかったということならそれも仕方のないことなのかもしれませんが(結局、石破茂さんも小泉進次郎さんも反対はしなかったということなのでしょうか)、自民党は与党で、主力の与党の総裁が自動的に総理大臣(首相)になるというシステムである以上は、次の選挙の結果以降に適応されるということですが、せめて安倍首相の次の首相からの適応にするように決めたほうが“政治的良心”というものなのではないかなとも思いました。というか、安倍首相は、東京オリンピック・パラリンピックの時に首相として出演するのが「悲願」なのだそうで、そのための総裁任期延長なのだろうなとも思います。気持ち悪いなとも思えるのですが、自民党の総裁任期の延長は首相任期の延長ということなのですから、大手のテレビ局などのマスコミがこの話題をほとんど取り上げていないということも、何だか少し不気味に思えます。報道番組で伝えられていた、27日の朝に薨去なされた大正天皇の第四皇子の三笠宮崇仁さまの、過去の日本の戦争時代の風潮が再び起こらないとは限らないと杞憂なさっていたことが現代社会の中で現実になってしまわないか、少し不安に思います。

今の安倍内閣が解散した後の衆議院議員選挙でまた自民党が勝つかどうかはまだ分からないことではあるのですが、投票率が低くても、次の選挙で自民党が勝ったなら総裁になった方はまた何についても「信任を得た」とか「私が責任者だ」とか「行政府の長だ」(当初は「立法府の長だ」とも発言していましたが)とか言うのでしょうし、そうして自分たちの党の考え通りに物事を進めようとしていくのだろうなと思います。

仮に来年に総選挙があるとして、日本の片隅の一市民の私が自民党やその議員さんに投票しなくても、世論調査での内閣支持率が50パーセント前後(本当でしょうか)ということなら、それが「野党の中に良さそうな党がないから」というような消極的な消去法的理由からであったとしても、二人に一人が自民党を支持してその人たちが積極的に投票に行くということなら、また自民党が与党になるのだろうと思いますが、今のように外交交渉に失敗し続けている状態があと3年続くということでも大丈夫なのでしょうか(内閣支持者の方からすると、少しも失敗していない、ということになるのかもしれませんが、国会でのTPPの政策の話や報道されている条約の話などを聞いていると、やはり本当は失敗しているのではないかなとどうしても思えてしまうのです)。

昨日の方法ではまた、厚生労働省がロシアのシベリアに抑留されて亡くなった方を特定するための、DNA鑑定に使う61人の方の「歯」を、誤って焼却処分してしまったという報道がありました。それにより、61人の方の身元を知ることはできなくなってしまったのだそうです。

戦争の悲惨さや残酷さを、71年以上前に生きていない私は直接には知らないのですが、今でも世界各地では戦争や紛争が起きていて、暴力や傷害や殺人が起きていて、そのことを報道番組やドキュメンタリー番組や新聞記事、ドラマや映画や小説などで見たり聞いたりすることで、私も間接的には知っているということになるのだと思いますが、71年経ったというだけで、過去の(特に自国の)戦争時代の加害を含めた出来事が検証されなくなっていくのだとしたなら、それは怖いことのように思います。欧米列強と肩を並べるべく競い始めた明治時代の当時の日本政府(あるいは大日本帝国軍)がロシアとの戦争に勝ったことがあるのだとしても、そこにもたくさんの被害者がいて、戦争のことを直接知らなくても、少しの想像力があれば被害者の痛みを、少しだけだとしても分かるような気がしますし、例えば核兵器を持つことが核戦争の抑止力になるというような(古いような奇妙な)考え方は、少なくとも日本政府の中からは早めになくなっていくといいなと思います。

「運命に、似た恋」第6回

NHKの「ドラマ10」の「運命に、似た恋」の第6回を見ました。

第6回は、息子のつぐみ(西山潤さん)にデザイナーの小沢勇凛(ユーリ、斎藤工さん)と付き合っていることを打ち明け、ユーリに会いに行ったつぐみに交際を認めてもらった桜井香澄(カスミ、原田知世さん)が、ある日のユーリの部屋で、ユーリの左隣に座って彫刻刀で木を彫るユーリを見ている時、アムロ(生駒星汰さん)が左手に彫刻刀を持っていたことを思い出し、右利きのユーリは左利きのアムロとは別人なのではないかと微かな疑いを抱く、という話でした。

作(脚本)は北川悦吏子さん、演出は一木正恵さんでした。

一人でいるよりも二人でいるほうが自然だからとか、カスミさんのことを本当に好きであることを、母親を心配して自分に会いに来たつぐみさんにユーリさんが真っ直ぐに伝えていた場面も良かったです。

カスミさんがユーリとの時間を幸せに過ごしている一方で、ユーリに振られた家具メーカーの社長夫人の白井真帆(マホ、山口紗弥加さん)は、ユーリの部屋に置いてあったカスミさんの黄色のカーディガンを床に落として踏みつけていたのですが、その後、ユーリを中心デザイナーから外すために自宅に呼んだデザイナーの倉田レオン(柄本時生さん)からユーリが盗作をしているという噂があると聞き、ユーリを陥れるために、カスミの元夫で週刊誌のカメラマンの藤井洋治(ヨージ、小市慢太郎さん)を自宅に呼び、カスミさんがユーリと腕を組んで歩いている写真と札束を見せて、ユーリが盗作をしているという記事を書くよう迫っていました。

山口紗弥加さんの演じるマホさんの、強い嫉妬心の中に狂気が混ざっていそうな雰囲気が怖くて、すごいです。

ヨージさんの母親の藤井灯(アカリ、草笛光子さん)は、写真館を訪ねてきた男性の写真を撮り、以前にも写真を撮ったことのあるデザイナーの深見芳孝(ヨシタカ、奥田瑛二さん)だと気付いていたのですが、アカリさんは30年前に来たヨシタカさんの息子のことははっきりとは思い出せず、ヨシタカさんも息子のヨシユキさんの話はしませんでした。

しかし、写真館の掃除をしていたカスミさんは、アカリさんが見ていた昔のヨシタカさんの写真を見て、ヨシタカさんの右隣に立って写っている少年がアムロであることに気付いて驚き、アカリさんにアムロとヨシタカさんの左隣に立つもう一人の少年のことを尋ねたのですが、アカリさんはどちらかがヨシタカさんの息子でもう一人がその友達だということしか憶えていないようでした。

カスミさんのユーリさんへの疑惑は、ユーリさんが左手でも右手でも彫ることができるということを知ったことで一応解消されたのですが、古い写真を見たカスミさんは、そこに写るアムロがユーリさんではないなら本当のアムロは今どこにいるのかと動揺していました。

カスミさんがその写真を見る前、カスミさんを誰もいない事務所に入れて能登の病院のキッズルームのデザインをカスミさんと一緒に考えていたユーリさんは、カスミさんが昼食を作りに行っている間に机で眠ってしまい、ふと目を覚まして、先に帰りますと書かれたメモとチャーハンを見ていたのですが、手を触れたそのお皿がまだ温かいことに気付いてベランダに飛び出して、下の道を歩いていたカスミさんを大声で呼び止めてお礼を言って手を振っていました。

その場面もとても良かったのですが、帰ろうとする遠いカスミさんに手を振るユーリさんは涙を流していて、何と、ユーリさんは癌で余命が短い状態であるようでした。

また急に劇的な展開になっていたのですが、ユーリさんは、今なら手術をすれば治ると医師に勧められたのを、なぜか頑なに断っていました。まだ分からないことですが、それも亡くなっているらしいヨシユキさんのためなのでしょうか。

アムロとユーリさんの謎が深まる中、今回は、アカリさんとヨシタカさん、マホさんとヨージさんなど、新しいつながりが描かれていたところも良かったように思います。登場人物の感情が丁寧に描かれていて、ファンタジーのような、非現実的な物語のように思えるのに、不思議なリアリティーもあるような気がします。これからどのような展開になっていくのか、次回の物語も楽しみにしていようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム