「貴族探偵」第7話

フジテレビの「月9」のドラマ「貴族探偵」の第7話を見ました。

探偵の高徳愛香(武井咲さん)は、1年前に死亡した師匠の喜多見切子(井川遥さん)が事故死ではなく実は貴族探偵に殺されていたのではないかと疑い、師匠が亡くなる直前に扱った最後の事件の報告書を読み返していました。

1年前の事件というのは、都倉電子社長の都倉健一(小木茂光さん)が書斎の椅子に座ったまま手首を切って失血死しているのを内縁の妻だった秘書の旗手真佐子(森口瑤子さん)が発見し、前妻の息子の忠仁(藤原季節さん)と娘の江梨子(唐田えりかさん)が元ホステスの妻の光恵(広末涼子さん)を疑う中、現場の管理責任者の交番勤務の巡査の鼻形雷雨(生瀬勝久さん)を犯人が捕まったら手柄を譲ると説得し、事件現場に現れた貴族探偵と競う形で、鼻形さんの協力を得て“密室殺人”の謎を解いていくというものでした。

事件は、執事の山本(松重豊さん)と運転手の佐藤(滝藤賢一さん)とメイドの田中(中山美穂さん)を従えて都倉家に現れた“貴族探偵”の御前(相葉雅紀さん)が最終的に解決したということになったのですが、貴族探偵が解決したように見えたのは、実は喜多見さんが貴族探偵を上回り、被害者の家族を守るために貴族探偵をも利用していたからだったようでした。それを屈辱的に感じていた御前は、事件後、天幕(豪華なテント)の中で喜多見さんにそのことを話していたのですが、さらに喜多見さんは、訊きたいことがあると御前に言い、手帳に何かを書いて破り、メモを御前に渡して、その名前を知っているかと尋ねました。メモを見た御前は顔色を変え、その場では知らないと答えたのですが、喜多見さんが帰った後、秘書の鈴木(仲間由紀恵さん)を呼ぶと、喜多見切子を確実に殺せと命じ、実行方法は任せると伝えました。秘書の鈴木はタブレットPCを取り出して何かを始めました。御前は、喜多見さんが残したメモを燃やしていました。

帰宅した喜多見さんと話していた高徳さんのスマートフォンに、音声検索ソフト「ギリ」の最新バージョンの更新のお知らせが届きました。高徳さんが更新すると、「ギリ」の音声は鈴木さんの声に変わっていました。

師匠の喜多見切子さんの遺品の中から手帳を見つけた1年後の高徳さんは、手帳に書かれていたのが「政宗是貞」だと知ったのですが、「ギリ」に訊いても答えませんでした。

脚本は黒岩勉さんで、演出は金井紘さんでした。

私は、感想を書くことはできなかったのですが、第4話以降も一応見ています。第6話の最後に高徳さんの師匠の喜多見さんが死亡していたということが明らかにされて、今回の第7話は、高徳さんが師匠の喜多見さんの死の真相に近付こうとする回でもあり、探偵の喜多見さんの回でもあり、これまでよりももう物語の少し続きが気になるような気持ちで見ることができたような気がします。

今回にはまた、このドラマの“豪華キャスト”の一人の、仲間由紀恵さんの演じる秘書の鈴木という新しい人物も登場していました。原作の小説を未読の私には、貴族探偵の御前が、名前を知った?探偵の喜多見さんのことを殺せとはっきりと鈴木さんに命じていたのには少し驚いたのですが、御前は実は悪い人だったのでしょうか。それとも、その言葉には何か別の意味があるとか、そのようなことなのでしょうか。

1年前の喜多見さんの最後の事件の内容自体は、「1話完結」のこのドラマのこれまでの事件とそれほどには変わらないものだったようにも思いますが、今回は井川遥さんの演じる喜多見さんが主人公のように描かれていたので、少し別のドラマのようにも見えました。それにしても、フジテレビの「月9」の30周年記念というドラマは、この「貴族探偵」で本当に良かったのでしょうか。感想を書くことができるかどうかは分からないのですが、次回も見てみようかなと思います。

自衛隊のPKO活動の特集と、猫

NHKで放送された「NHKスペシャル」の「変貌するPKO 現場からの報告」を見ました。録画をしておいたものです。

先日の土曜日の報道によると、国連のPKO活動のためにアフリカ大陸の南スーダンに最小限度の武器の使用や武力の行使を伴う「駆け付け警護」の任務を付与されて派遣されていた陸上自衛隊の施設部隊の最後の40人の方々が、無事に帰国したそうです。特集は、昨年の7月の南スーダンで活動中の自衛隊の『日報』に書かれていた「戦闘行為」があったとの言葉を稲田防衛大臣が否定したという出来事を踏まえて、自衛隊の海外派遣や世界各国のPKO活動について考えるものでした。

日本の自衛隊は、海外からは日本の軍隊だと思われているそうです。番組で証言をしていた自衛隊の方々は、匿名ではあったのですが、安倍首相の軍事的な面での「積極的平和主義」や「国際貢献」の方針の中で、とても悩んでいるようでした。南スーダンまで自衛隊を派遣するのは自衛権の範囲を超えているのではないかと考えている方もいましたし、犠牲者が増えて人材不足に陥りつつある外国の要求に沿ったほうがいいのではないかと考えている方もいました。砲撃のあった南スーダンでの活動中に書いた家族宛の遺書を今も大切に持っているという方もいました。

オランダ軍は、日本の自衛隊の場合とは異なり、軍の活動の情報を積極的に国民に公開したり公表したりして、その上で、海外派兵を続けるべきか帰国させるべきかの国民の判断を仰ぐということをしているのだそうです。日本政府は、戦闘はないとか安全だとか言って、自衛隊の活動の実情を国民に隠し続けますが、派遣されている自衛隊の方やその家族や一般市民の安全のためにも、自衛隊の運営のためにも、戦闘があったならそのことを認めて、どのような状態なのかという情報を公開して、国民が広く話し合うことのできるようにしたほうが良いのではないかと思います。国民に本当のことを隠すという手法は、約70年以上前の戦前や戦中の「大日本帝国」の時代からもあまり変わっていないのかもしれないなと、何となく思いました。

番組に出演していたオランダ軍の大佐が、PKOは「平和維持活動」だが維持する平和がない、と話していたのも印象的でした。

昨夜の7時半から放送されていた「プロフェッショナル 仕事の流儀」のスペシャル「猫を知れば、世界が変わる」は、BSプレミアムの「世界ネコ歩き」の撮影をしている動物写真家の岩合光昭さんの特集だったのですが、その中で岩合さんが話していたことによると、猫は、争いの起きているところからはすっといなくなり、平和の風が吹くところにふいに現れるのだそうです。今日本では空前の猫ブームが起きていると、番組の冒頭で言われていたのですが、それは、これから少しずつ失われていくかもしれない自由や平和を求めているということでもあるのかもしれないなと思いました。

「フランケンシュタインの恋」第6話

日本テレビの日曜ドラマ「フランケンシュタインの恋」の第6話を見ました。

第6話は、難病の津軽継実(二階堂ふみさん)を守るためには人間を深く知ることが必要だと感じ、天草純平(新井浩文さん)に誘われて東京のラジオ局へ行き、パーソナリティの十勝みのる(山内圭哉さん)と大宮リリエ(水沢エレナさん)に挨拶をして、120年前に一度死んで蘇ったということや津軽さんを好きな気持ちを率直に打ち明けて、人間ではない「フランケンシュタイン」としてラジオ番組に出演することになった深志研(綾野剛さん)が、「人間になるための方法」を送ってきたリスナーの待つコンビニエンスストアで店員になってお金を投げつけるクレーマーの応対をしたり、喫茶店での離婚の話し合いに参加したり、幼稚園で「怪物」と呼ばれていた左膝から下が義足の少年(横山歩さん)のかけっこを応援したりする中で、少しずつ人間の複雑な感情を身に着け、津軽さんには悲しさや虚しさではなく嬉しさを感じてもらいたいと思い始めた矢先、打ち上げとして十勝さんに招待された中華料理店で、天草さんがフランケンシュタインを登場させるようになってからますます好評の「天草に訊け」に苛立つ十勝さんから、リスナーに日常を届けたい自分のラジオに刺激の強い作り物のような非日常は必要ない、お前たちのしていることは虚しいと罵倒され、ショックと怒りに震え出し、何を隠しているのかと十勝さんにテーブルクロスを外されてその下に隠して抑えてようとしていた変形した手から菌の黒い胞子を撒き散らす様子をその場にいたみんなに見られてしまう、という話でした。

脚本は大森寿美男さん、演出は狩山俊輔さんでした。

稲庭聖哉(柳楽優弥さん)が深志研を天草さんのラジオに出演させるように仕向けたのは、深志研を津軽さんから遠ざけるためだったようでした。室園美琴(川栄李奈さん)は、そのことに気付いて注意したのですが、関係ないと一蹴されてしまいました。

稲庭工務店の人たちは深志研の記憶喪失が治るかもしれないと、ラジオ出演を応援していたのですが、従業員の一人の宍喰丈(篠原篤さん)は、工務店での職人としての仕事があるのにどうして他の仕事をしているのかと少し怒っていました。

津軽さんの通う大学の生命科学専門の鶴丸十四文教授(柄本明さん)は、社会適応能力の高い深志研がラジオに出演するようになれば人間の複雑な感情を憶えることにもなり、感情の昂りによってどのような菌を周囲に撒き散らすか分からないから危険だとも考えていました。

十勝さんは、天草さんがラジオで何がしたいのか分からないと不思議がっていたのですが、稲庭さんの言う深志研は危険だということの理由を知ろうとしていたようでもありました。ラジオのコーナーの中では、クレーマーに怒られた時にも、浮気をしても離婚しようとしない夫に天草さんが殴られた時にも、少年が最後まで走り抜いた時にも、深志研が感情を昂らせて変身することはなかったのですが、十勝さんに自分たちの行動を「虚しい」と罵られて怒りを抑えることができなくなっていました。

綾野剛さんの演じる深志研さんを見ていると、ということだけではないかもしれませんが、人間の感情というのは、人間に元から備わっているものではなく、後から学んで得ていくものなのだなと思います。感情の名前を知らなければ、その感情にはならないということも、もしかしたらあるかもしれません。あるいは、感情に名前が付けられることによって、複雑な感情がある一種の感情にまとめられるということもあるかもしれません。

今のところ深志研は、エンディングに流れる主題歌のRADWIMPSの「棒人間」の歌詞のように、人間によく似た人間ではない存在であり続けていて、津軽さんは、そのような深志研を人間の社会に溶け込ませたいという気持ちとそうすることはできないかもしれないという気持ちの間で迷っているという感じなのですが、もう少し津軽さんのほうにも、深志研が津軽さんを守りたいと願っているように、森の奥から人間社会の中に連れ出してきた深志研を守りたいと強く願っている雰囲気が出ているといいのかなとも思います。

次回の「フランケンシュタインの恋」の物語も楽しみにしていようと思います。

「小さな巨人」第7話

TBSの「日曜劇場」のドラマ「小さな巨人」の第7話を見ました。

第7話は、金崎玲子理事長(和田アキ子さん)と元捜査一課長の富永拓三専務(梅沢富美男さん)が経営する学校法人・早明学園の不正を暴くために内偵捜査をしていた元捜査二課の刑事の江口和夫(ユースケ・サンタマリアさん)が殺害された現場から逃走し、捜査一課の藤倉良一(駿河太郎さん)に拘束され、長時間の事情聴取を受ける刑事の山田春彦(岡田将生さん)を、江口さんの事情について訊くために山田さんの父親である山田勲官房副長官(高橋英樹さん)に直接頼んで解放させた、豊洲警察署の刑事の香坂真一郎(長谷川博己さん)が、早明学園の不正を江口さんと協力して調べていた可能性のある失踪中の経理課長の横沢裕一(井上芳雄さん)に罪を着せようとする元鑑識課長でもあった富永専務に疑惑の目を向け、小野田義信捜査一課長(香川照之さん)から所轄は指示があるまで待機だと命じられたのを無視して部下の三島祐里(芳根京子さん)たちと捜査を始め、小野田捜査一課長付運転担当として小野田捜査一課長の命令で妨害しようとする刑事の渡部久志(安田顕さん)を捜査一課にはできないことが所轄にはできるのだと説得し、渡部さんの協力を得て、富永専務のアリバイを崩す証拠を集め、小野田捜査一課長が言う通りに「100%の証拠」よりも大切だという「200%の覚悟」を示し、元捜査一課長の富永専務の任意同行を求めていく、という話でした。

脚本は丑尾健太郎さんと成瀬活雄さん、脚本協力は八津弘幸さん、演出は池田克彦さんでした。

早明学園は政治家との癒着によって初等部と中等部の建設予定地となった国の土地を購入しているということで、前回ではその記念式典が行われていたのですが、その記念のペンを富永専務が横沢さんのロッカーのそばに落としていたとか、学生が撮った事件当夜の大学構内の写真の中に富永専務の姿があったとか、そのような「証拠」を鑑識員たちの捜査の後に香坂さんたちが見つけるという件は、少し雑であるようにも思えてしまったのですが、香坂さんの示した200%の覚悟を受けて富永専務の任意同行を自ら行った小野田捜査一課長が、すぐに富永専務を釈放し、同じ証拠では二度と富永専務を取り調べることができないようにしてしまうという展開は、良かったように思います。

小野田捜査一課長に香坂さんたちを守るためだと言われて捜査の妨害をしようとしていた渡部さんが、所轄の刑事だった頃の気持ちを忘れずに香坂さんに協力していくというところも、良かったです。

このドラマの早明学園の話を聞いていると、何となく、現実の政府の森友学園や加計学園との癒着を思い出します。ドラマの中の小野田捜査一課長は、癒着のどこが悪いとか、組織が組織であるためには触れてはいけないものがあるのだとか、香坂さんたちに開き直っていましたが、現実の政治家や公的組織で働く人たちの中にもそのような意識があるのでしょうか。今回の香坂さんの「200%の覚悟」を見ていて、官邸によって行政の在り方が歪められ加計学園ありきで獣医学部設置の規制緩和が進んでいたという趣旨のことを証言していた前川喜平さんという文部科学省前事務次官の方も、「200%の覚悟」で記者会見に臨んだのかもしれないなと思いました。

所轄の刑事の香坂さんたちがどのように小野田捜査一課長や富永前捜査一課長たちに挑んでいくのか、次回の物語も楽しみにしていようと思います。

「おんな城主 直虎」第21回

NHKの大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第21回を見ました。

第21回は、井伊の領内で作った綿布を売るため、商人の瀬戸方久(ムロツヨシさん)や家臣の奥山六左衛門(田中美央さん)と共に浜名湖に面した気賀という港町へ向かい、気賀の商家・中村屋の中村与太夫(本田博太郎さん)に商い先の相談をした帰りに立ち寄った賑やかな市場で少年に銭入れを盗まれた井伊直虎(柴咲コウさん)が、犯人の少年たちを追いかけて行った先で反対に盗賊団に捕まってしまい、井伊の領主だと騒いで自分を解放させようとする中、井伊谷に書状を送り直虎の身代金を要求した盗賊団の頭(柳楽優弥さん)から、領主など先祖に喧嘩の強い者がいたか調子のいい者がいたかだけの、百姓たちが作ったものを奪い取る大泥棒だと言われ、大泥棒にならないような領主の在り方を考え始める、という話でした。

作(脚本)は森下佳子さん、演出は渡辺一貴さんでした。

行方不明になっていた直虎が誘拐され犯人が身代金を要求していることを知った家臣の中野直之(矢本悠馬さん)は激怒していたのですが、家老の小野但馬守政次(高橋一生さん)は家臣に身代金の支度を指示し、龍潭寺の南渓和尚(小林薫さん)に相談に行きました。

盗賊団の要求通りに中村屋の前に赤い旗を掲げた直之たちは、馬に乗って山奥の指定された身代金の受け渡し場所へ向かい、その前で現れた賊を斬ろうと構えていたのですが、御堂の中にいたのは毒針で眠らされていた直虎だけでした。賊の目的は馬だと気付いた時には賊たちが直之たちの馬を連れ去るところだったのですが、隠れて見張っていた僧の傑山(市原隼人さん)の矢が賊たちを追い払ったのでした。

政次は龍潭寺の御堂で祈っていたようだったのですが、猫を連れた南渓和尚が直虎の無事の帰国を伝えに来ると、すぐに帰って行きました。今回は政次の場面は少なかったのですが、政次が直之たちとは別の態度で直虎を心配している感じはよく伝わってきたように思います。

直虎の母親の祐椿尼(財前直見さん)と、おとわ時代から直虎の心配をし続けている乳母のたけ(梅沢昌代さん)の動きが連動しているところや、たけが直虎とその娘となった元百姓の高瀬(高橋ひかるさん、高の文字ははしご高です)を比較して、直虎のことを「古いほうの姫さま」と呼んでいたところも面白く思えました。

盗賊が持ってきた里芋?を頑張って食べようとする直虎や逃げるために盗賊の少年を人質に取ろうとして呆れられる直虎も面白かったのですが、領主は百姓に土地を貸し、百姓は領主に作物などを納めるということを当たり前に思っていた直虎が、領主とは大泥棒だと盗賊の頭に言われたことを考え始めるという展開も良かったです。

材木が盗まれたということは材木は売れるということだと考えた方久から、井伊谷の木を材木として売ることを提案された直虎は、盗賊団に木を切ってもらおうと、盗賊の頭に手紙を送って呼び出し、直虎の手紙の通りに一人で現れた盗賊の頭に、お互いに人として等しく卑しいが、卑しいままで生きるのではない方法を探っていきたいというようなことを話し、井伊の材木を切るのを任せたいと交渉しました。尼僧でもある次郎法師の直虎の話を聞き、利益は井伊が7割で盗賊団が3割という提案を受けることにした盗賊の頭は、名を訊かれて、龍雲丸だと答えていました。青空の白い雲が龍の形に伸びていました。

この大河ドラマを見ていると、物語の内容が史実に沿っているのかどうかよく分からないようにも思えてくるのですが、ただドラマとしては単純に楽しいです。喜怒哀楽がはっきりとしていて素直で普通の感覚を持っている主人公の直虎の感情について行くことができているからということもあるのかもしれません。語りの中村梅雀さんのさまざまな「つづく」も良いです。


ところで、NHKのBSプレミアムの日曜日のお昼頃には、「大河ドラマアンコール」として「風林火山」(主演は内野聖陽さん、脚本は大森寿美男さんです)が再放送されていて、私は録画をしつつ見ています。今は第8回「奇襲!海ノ口」までを見たところなのですが、谷原章介さんの今川義元や松井誠さんの北条氏康や佐々木蔵之介さんの真田幸隆といった人物たちも登場し、(見る度に思うことではあるのですが)やはり「風林火山」は面白かったのだなと改めて思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム