FC2ブログ

「グッド・ドクター」第8話

フジテレビの「木曜劇場」のドラマ「グッド・ドクター」の第8話を見ました。

第8話は、次男の早見陽翔(はると、鳥越壮真さん)を東郷記念病院の小児外科の外科医の高山誠司(藤木直人さん)に診てもらいたいという母親の香織(酒井若菜さん)の希望で家族で東京へ引っ越し、学校も転校した長男の翔太(池田優斗さん)が病気の弟を中心にした孤独な生活に嫌気が差している様子に気付いた研修医の新堂湊(山﨑賢人さん)が、両親や兄に迷惑をかけているのではないかと心配していた弟の陽翔さんと、本当は弟のことを心配している兄の翔太さんの気持ちを掬い取ろうとする話でした。

脚本は大北はるかさん、演出は金井紘さんでした。

今回は、医局の中では湊さん以外の誰からも優秀さを認められていなかった?間宮啓介(戸次重幸さん)が面白い回でもあったと思うのですが、湊さんの指導医でもある外科医の瀬戸夏美(上野樹里さん)は、今回はあまり活躍していなかったように思います。

小児科の話としては、いわゆる“ヤングケアラー”の話でもあったのかなと思います。

池田優斗さんの演じる兄の翔太さんは、わがままばかり言うな、病気がそんなに偉いのか、迷惑だと入院中の弟を突き放していたのですが、その弟が死ぬかもしれないと友達と来ていたカラオケ店で湊さんから連絡を受けた時の翔太さんの震え出すほどの怖さが、ドラマを見ていた私にもとてもよく伝わってきました。翔太さんは本当に怖かっただろうなと思います。陽翔さんは間宮先生に救われました。

兄の弟の話としては、湊さんにも共通するものがあると思うのですが、今回の話の中で湊さんは、翔太さんと患者の陽翔さんに亡くなった兄と自分のことを重ねて考えるようなことはしていませんでした。乗り越えたということなのでしょうか。ただ、お互いを心配し合う家族は羨ましいと、湊さんは翔太さんに話していました。

間宮先生も含め、陽翔さんの件を通して、外科医局がまとまる話でもありました。屋上での早見家の花火の場面に他の患者たちがいなかったのは、湊さんたちの訴えを病院が例外的に認めたものだったためかもしれません。

理事長の東郷美智(中村ゆりさん)は、経営のために小児外科を切り離したいと考える一方で、小児外科を病院から無くすことに戸惑いもあるようでした。理事長の美智さんは、自分としてはこの病院をどうしたいのかという意志があまりはっきりしていないというか、とりあえず父親の跡を継いだというところからまだ変わることができていないようです。

もう少し何かが足りないような気もするのですが、今回も“良い話”でしたし、山﨑賢人さんの演じる湊さんの優しい雰囲気も良いです。

「ハゲタカ」第7話

テレビ朝日の「木曜ドラマ」の「ハゲタカ」の第7話を見ました。

2018年・平成最後の夏、日本を代表する重工業企業「帝都重工」でデータ改ざん事件が発覚しました。日本の“ものづくり”への信頼が揺らぐ事態に、政府系金融支援団体「日本ルネッサンス機構」の会長として首相官邸にも出入りするようになった飯島亮介(小林薫さん)は、経営マネジメント会社の社長となっていた芝野健夫(渡部篤郎さん)に「帝都重工」の“爆弾”処理を依頼しました。

その頃、「サムライファンド」の代表の鷲津政彦(綾野剛さん)は、経済セミナーで講演をしていました。鷲津さんは、かつて“失われた20年”と言われていた平成時代の“失われた30年”の間に日本が得たものは何も無い、日本を変えるには「スクラップ&ビルド」(破壊と構築)しかないが今の日本に新しく構築しても何も生まれない、この国は腐っているのだと話しながら、ホワイトボードの「build」を「bird」に書き換えて、自らの力で飛べと力説しました。

講演の帰り、鷲津さんは、公園を聴きに来ていた小さなベンチャー企業「スペース・フロンティア・ジャパン」の代表の天宮光一(森崎ウィンさん)から自分たちの夢に投資をしてほしいと頼まれました。スペース・フロンティア・ジャパンは帝都重工の子会社で、探査機の開発をしていました。工場を視察した鷲津さんは、自分にとっては投資したいと思える事業ではない、夢とはそれを目標として実現する意志のない者が使う言葉だと、投資の依頼を雨宮さんにはっきりと断りました。

芝野さんから帝都重工の救済を頼まれた鷲津さんは、飯島さんと待っていた帝都重工の社長の真壁達臣(伊武雅刀さん)と対面し、帝都重工の買収を依頼されました。しかし、取得する株は三分の一で、株主として拒否権はあるが経営権はないという条件を提示されると、返事を保留しました。そして、部下の佐伯宗徳(杉本哲太さん)や中延五朗(光石研さん)やリン・ハットフォード(太田緑ロランスさん)に帝都重工周辺の動きを慎重に探るよう指示し、飯島さんがサムライファンドを参加させる狙いがアメリカの投資会社を呼ぶためのものだったことが分かりました。

スペース・フロンティアの天宮さんは、鷲津さんへの投資依頼を諦めてはいませんでした。サムライファンドの鷲津さんを訪ねて事業計画書を見せた天宮さんは、投資を再度断る鷲津さんに、資金もないのにどうやって飛べばいいのか分からない、支援がなくれば会社は倒産してしまう、あなたが語っていたことは綺麗事なのかと訴えていたのですが、それを黙って聞いていた鷲津さんは、突然天板のガラスが割れるほどにテーブルを叩くと、甘ったれるな、まずその被害者意識を捨てろ、自分で羽ばたく覚悟を持て、と天宮さんを突き放しました。

その後、スペース・フロンティアの天宮さんは、親会社の帝都重工から、保有する株の7割を買い取れなければ契約を解除するという通告を受けました。帝都重工では、データ改ざんに続き、不正会計も発覚しました。「内部告発」をしたのは、帝都重工で初めて女性管理職になったという嶋田常務だったのですが、嶋田さんは一人で責任を負う形で退職しました。“爆弾”処理を頼まれている芝野さんと会い、トップダウンで不正を行いそれを従業員たちも受け入れている帝都重工は組織として腐っていると伝えた鷲津さんは、部下たちにサムライファンドを辞めると宣言し、帝都重工の真壁社長と日本ルネッサンス機構の飯島さんの料亭での“悪巧み”の現場に向かうと、私はこの件から手を引くとは言っていない、私が帝都重工の社長に就任します、と言いました。

帝都重工の社長になることが認められた鷲津さんは、サムライファンドの元部下たちと共に金融庁の証券取引等監視委員会に出頭し、帝都重工の状況を報告しました。飯島さんから、手綱を握りしめていなければいけないと言われた芝野さんは、日本ルネッサンス機構の飯島さんに支援を申し出られた、外資系ホテルグループ「クラウンセンチュリーホテル」の傘下になりながら独立を目指して努力を続けている「日光みやびホテル」の社長の松平貴子(沢尻エリカさん)に久しぶりに会いに行き、飯島さんは信用できないと話す貴子さんに、アジアの重工業企業の会議を日光みやびホテルで開くことになった、会議の主催者は帝都重工で新社長には鷲津政彦が就任したと伝えました。そして、芝野さんは、彼の暴走を止めてほしいと貴子さんに頼みました。

脚本は古家和尚さん、演出は近藤一彦さんでした。

今回から「最終章」ということで、2018年の現代の物語になっていました。ドラマの原作となる真山仁さんの小説『ハゲタカ』と『ハゲタカII』には書かれていない“オリジナルストーリー”なのだそうです。

どのような現代編になるのだろうと、楽しみにして見始めたのですが、物語のテンポも良く、先の読めない展開で面白かったです。綾野剛さんの演じる鷲津さんの勢いが増しているという印象でもありました。

明治時代創業の“名門”の「帝都重工」がデータ改ざんや不正会計を行っていたという話を聞きながら、近年の三菱重工や川崎重工や神戸製鋼、東芝や日産自動車の事件のことを思いました。

平成時代の“失われた30年”は、今の日本のままなら“失われた40年”になるかもしれないそうです。日本の「信頼崩壊」は、政府や行政機関も含め、様々な場所で起きているのだろうと思います。

最近知った「魚は頭から腐る」という諺は、ロシアの諺だそうです。組織は上層部から腐敗していくという意味だそうです。今回の中で鷲津さんは、この国(日本)は腐っていると断言していましたが、魚が頭から腐っているということは魚はすでに死んでいます。一体、死んだ魚を生き返らせることができるのでしょうか。

鷲津さんの「覚悟」は、腐ったものを蘇らせることができるのでしょうか。鷲津さんの「スクラップ&ビルド」は、本当に成功するのでしょうか。

現代編の始まった「最終章」の第7話が面白かったのですが、予告によると、次回の第8話が最終回なのだそうです。まさか全8話のドラマだとは思いませんでした。これから面白くなりそうなのに、現代編は2回で終わってしまうのかと、少しもったいないように思いました。現代編の「最終章」は、前後編に分かれているということにもなりますが、2時間スペシャルドラマのようなものなのかもしれません。あるいは、もしも、もっと早くに2018年の物語を始めていたなら、今作の「ハゲタカ」のドラマはもっと面白くなったかもしれません。

でも、ともかく、来週の最終回の物語も楽しみにしていようと思います。


ところで、麻生太郎内閣だった2009年の7月に「産業革新機構」という官民ファンドが創設されたそうで、数日前の報道によると、政府は今秋にその組織を改組した「産業革新投資機構」を発足させ、経済産業省はこれまでの約2800億円の出資に1600億円を追加出資して出資額を積み増すことを決めたそうです。「IT(情報技術)」や「IOT(全てのモノとインターネットをつなぐ)」や「AI(人工知能)」など、次世代開発を手掛ける企業などに重点的に投資するのだそうです。

ドラマ「ハゲタカ」の政府系ファンドの「日本ルネッサンス機構」は、この「産業革新機構(産業革新投資機構)」のことなのかなと、何となく思いました。

「健康で文化的な最低限度の生活」第7話

フジテレビのドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」の第7話を見ました。

東区役所の生活課の新人ケースワーカーの義経えみる(吉岡里帆さん)の同期で、えみるさんとは対照的にクールで事務的に仕事をこなす福祉専門職の優等生的新人ケースワーカーの栗橋千奈(川栄李奈さん)は、同居していた姉を一年前に亡くしてから働く意思が全く感じられない生活保護制度の利用者の中林吉徳(池田鉄洋さん)に対して、求職活動をしないなら生活保護の廃止も考えなくてはいけないと「指導指示書」を発行するのですが、指示書を渡された中林さんはその文書を読むことができませんでした。

翌日、生活課に中林さんが指示書を持って訪れました。栗橋さんは、離席中の栗橋さんに代わって中林さんと話したえみるさんから、中林さんが発達障害の一種の識字障害で文字を読むことができないと教えられました。文字が歪んで見えたり、反転して見えたりして、中林さんには文字を読み取ることが難しいのでした。識字障害の人は実はたくさんいるそうで、えみるさんも俳優のトム・クルーズさんやスピルバーグ監督を例に挙げて、そのことを生活課のケースワーカーの人たちと話し合っていたのですが、文字の読み書き以外のことは普通にできるために、文字の読み書きをできる多くの人たちに気付かれ難く、理解もされ難いということでした。

ケースワーカーの半田明伸(井浦新さん)は、どうして言わなかったのだろうと不思議に思う新人ケースワーカーの桃浜都(水上京香さん)たちに、中林さんは文字の読み書きができないことでこれまで辛い思いをしてきたのだろうと話していました。

なぜ気付かなかったのかと一方的に中林さんの保護を打ち切ろうとしたことを須永課長に叱責された栗橋さんは、落ち込んでいたのですが、翌日には立ち直っていて、識字障害について勉強した知識を基に、中林さんを障害者認定してもらうために専門の精神科医のいる病院に連れて行って診察を受けさせ、診断書を書いてもらいました。栗橋さんは、中林さんに障害者手帳が発行されれば障害者雇用制度の中で仕事を見つけることができると考えていました。しかし、区役所の障害者支援課やハローワークの窓口の職員が、自分が説明したにも関わらず「字の読み書きが苦手」なことについて中林さんにしつこく聞くばかりで就労先をすぐに探そうとしないことに苛立ち、識字障害に理解のない、仕事をしない職員に激怒してしまいました。

しかし、「障害者」と呼ばれることに抵抗を感じていた中林さんは、あくまでも就労先を探すことにこだわる栗橋さんに、一番理解していないのは栗橋さんのほうだと怒りました。上司に呼び出された栗橋さんは、中林さんの担当を外れることになりました。

ケースワーカー失格だと落ち込む栗橋さんは、私が前に言ったことと同じことを言っていると笑うえみるさんから、私は栗橋さんの言葉に励まされた、自転車に油差しておこうか、と励まされました。

翌日、栗橋さんは、中林さんの担当を引き継ぐ新人ケースワーカーの後藤大門(小園凌央さん)に識字障害についてまとめた資料を渡し、自転車で外回りに出かけました。

新しく担当になった後藤さんから説明を受けた中林さんは、その後向かったハローワークで、職員に激怒したことを謝りつつあなたの仕事は仕事を探している人に適切な仕事を見つけることだと注意している栗橋さんと出会いました。中林さんは、栗橋さんに、どこか姉に似ていると言いました。姉だけは中林さんの識字障害を理解してくれたということでした。そして、「ちゃんと生きなきゃ!」と中林さんを叱る栗橋さんに、一緒に来てもらいところがあると、本屋さんへ連れて行った中林さんは、書店員さんに案内してもらった棚の文字の読み書きが苦手な子供のための練習帳を栗橋さんに見せました。

栗橋さんは、児童館で中学生や小学生などの勉強を見るボランティア活動をしていたようだったのですが、中林さんの文字の勉強も一緒に手伝うことにしたようでした。

その後、中林さんは、障害に理解のある工場での仕事が決まったようでした。中林さんは阪神タイガースファンだったのですが、社長も阪神ファンだったようで、そのことが採用の決め手?になったようでもありました。

中林さんとの関わり合いの中でケースワーカーとして成長し、少し弱みを見せることができるようにもなった栗橋さんは、みんなの前で笑うこともできるようになってきたようでした。

脚本は矢島弘一さん、演出は小野浩司さんでした。

今回の中ではケースワーカーの半田さんと係長の京極大輝(田中圭さん)の出番は少なかったのですが、ケースワーカーの石橋五郎(内場勝則さん)が阪神タイガースファンだったことに対し、京極係長は東京ヤクルトスワローズのファンだったようでした。

第7話も、良かったです。今回は、栗橋さんの成長物語でしたが、ディスレクシアの話でもあり、民間企業の障害者雇用の話でもありました。

今年の4月に公布された改正障害者雇用促進法で障害者の法定雇用率が引き上げられたということをドラマの栗林さんが役所の職員に話している場面もありましたが、中央省庁など国の行政機関が障害者雇用数を水増ししていたという問題が報道で取り上げられている今、タイムリーな話であるように思えました。障害者雇用数を偽った場合の罰則規定は、民間企業にはあるのに、国の行政機関にはなぜかないのだそうです。(中央省庁の障害者雇用水増し問題は、森友問題・加計学園問題の際の財務省の公文書改竄問題にも共通するものがあるというか、国の行政機関の作る書類やデータを信用することができなくなっていく問題でもあるのではないかと思います。)

私もディスレクシアについて数年前に知ったばかりなのですが、ディスレクシアは発達障害の学習障害(限局性学習症)の一種で、識字障害や難読症や失読症などと訳されるそうです。文字を正確に認識することができないために文字を読んだり書いたりすることがとても難しいそうです。文字を読むことができないと書くことも難しくなるため、読み書き障害とも呼ばれるそうです。

ドラマの中林さんの場合は、紙の上に並んでいる文字が歪んで波打って見えるために、そこに何が書かれているのか、文字そのものや内容を読み取ることができないという感じでした。お姉さんが生きている時には、お姉さんが中林さんの代わりに書類を読んだり書いたりしてくれたので、申請書を提出したり「求職活動」をしたりすることなどもできていたということでした。かつての職場では、中林さんが契約書を読むことができないということから、お給料に関して経営者に騙されたりしたこともあったようでした。

ドラマによると、ディスレクシアのことが知られるようになったのは、2000年以降のことだそうです。最近の学校では、識字障害のある児童が教室で普通に勉強できるように、音声で読み上げる機能のあるデジタル教科書を学校で使うことができるようにもなってきているそうなのですが、ディスレクシアの研究自体は、日本ではまだあまり進んでいないのだそうです。

有名な人々の中にもディスレクシアの方はたくさんいるそうなのですが、スティーヴン・スピルバーグ監督や俳優のトム・クルーズさんやキアヌ・リーブスさんなど、海外の有名人の名前は見つけることができても、日本の有名人の名前は見つかりません。私の調べ方が間違っているのかもしれませんが、あるいは、日本の有名人の中にはディスレクシアを公表している方がいないということなのかもしれません。

ドラマの阪神タイガースファンの中林さんは、阪神タイガースに関する出来事とその日付を正確に記憶している人でした。人には誰にでも得意不得意の個性があるということや、それを尊重するということが描かれていたところも良かったです。

あと、えみるさんや「アオヤギ食堂」の店主の青柳円(徳永えりさん)の協力で立ち直ったということを娘の麻里さん(阿部純子さん)に話していた元生活保護受給者の阿久沢正男(遠藤憲一さん)は、長く離れて暮らしていた娘の麻里さんから一緒に暮らしたいと言われて喜んでいたのですが、商店街でえみるさんに会った麻里さんは、少し戸惑っている様子でした。麻里さんの事情は、まだほとんど描かれていないのでよく分からないのですが、えみるさんが「ケースワーカー」ということに何か問題があるようでもありました。

次回の「健康で文化的な最低限度の生活」の物語も楽しみにしたいと思います。

「ラストチャンス 再生請負人」第7話

テレビ東京の「ドラマBiz」の「ラストチャンス 再生請負人」の第7話を見ました。

デリシャス・フードの社長の樫村徹夫(仲村トオルさん)は、宮内亮(椎名桔平さん)から、十和子フードの社長の岡田十和子(水野美紀さん)の後ろには創業者の結城(池田成志さん)がいる、お前は騙されているのではないかと言われ、誰が味方なのか敵なのか分からない状況に混乱していたのですが、ある夜、誠実に仕事をしているのにどうしてと相談したいつもの路地裏の占い師(ミッキー・カーチスさん)から、これからも誠実に仕事をし続けることを勧められ、結城さんの「結び」にお蕎麦を食べに行きました。

樫村さんは、結城さんのことをこの業界の師匠と言う十和子社長さんに、結城さんの案を取り入れた社員のための分社案を提案しました。財務部長の岸野聡(勝村政信さん)や財務部員の佐伯隆一(和田正人さん)も分社案に理解を示し、樫村さんは岸野さんたちと一緒にデリシャス・フードを5社に分ける計画を立てました。

経営コンサルタント会社「エムズビジネスパートナーズ」の代表の宮内亮(椎名桔平さん)とその役員となったデリシャス・フードの前社長の大友勝次(本田博太郎さん)は、伊坂商事の常務取締役の小沢幸太郎(竜雷太さん)をなかなか樫村さんに会わせようとしませんでした。フランチャイズ権を購入した消費者金融会社の龍ヶ崎司郎(大鷹明良さん)に4億円を返す協力をしたデリシャス・フードの筆頭株主の投資ファンド会社「グローバル・リバイバル・ファンド」の社長の山本知也(大谷亮平さん)から、大友さんとまだ契約していないのなら樫村さんが小沢さんに直接会いに行けばいいと言われ、大友さんを通さずに、伊坂商事の小沢さんに直接会いに行き、デリシャス・フードに興味があるというのは本当かと訊きました。

自分の名前を勝手に使う大友さんをあまり信用していなかったと言う小沢さんは、デリシャス・フードに興味があると改めて社長の樫村さんに伝えると、樫村さんともう一人直接会いに来た宮内さんの二人に、私は誠実な人と仕事がしたいと言いました。

樫村さんと岸野さんは、ちとせ菱光銀行の港南支店の融資課の銀行員の杉山誠三(町田啓太さん)と齋藤さんと大友さんと宮内さんと話し合いの席に着きました。グッドバッド方式によるデリシャス・フードの分割売却を提案していた銀行員たちは、樫村さんの分社案にも理解を示しました。小沢さんと話したということをその場で銀行員と大友さんに打ち明けた樫村さんは、激昂する大友さんに、不確かな情報で企業経営を弄んだあなたは最低だ、と言い、本店からの連絡で伊坂商事の小沢さんがデリシャス・フードのメインバンクをちとせ菱光銀行から別の銀行に変えようとしていると知った融資課の齋藤さんと杉山さんは、態度を一変させ、樫村さんに土下座をして謝りながら、融資したお金を返さないでください、メインバンクとして使い続けてくださいと訴えました。

小沢さんと話してみるとだけ銀行員たちに伝えた樫村さんは、樫村さんを社長にしたのが間違いだったと言う大友さんに、社員を愛せない人に社長の資格はありませんと言い返しました。大友さんを役員にした宮内さんは、社長として責任を取ると、デリシャス・フードから手を引くことにしました。

その後、樫村さんは、十和子フードの十和子社長と伊坂商事の小沢常務取締役と会い、伊坂商事を筆頭株主にする契約について話し合いました。正式な契約は来年の1月ということになり、その2019年の1月、樫村さんは、デリシャス・フードには100億円の含み損があり、債務超過で倒産の危機にあるというニュースが出たことを知りました。

脚本は前川洋一さん、監督は本橋圭太さんでした。

誰が敵で誰が味方なのか分からないという中で、樫村さんは、誠実さを武器に戦っていたのですが、その中で見えてきたのは、結城前オーナーと十和子社長が飲食の仕事を好きで熱心に取り組んでいるということでした。樫村さんは、結城さんと十和子さんを信じることにしたようです。

そして、誠実な人と仕事がしたいと小沢さんが言ってくれた矢先、債務超過で倒産の危機にあるという情報が公になり、デリシャス・フードの株価が暴落したことで、買収話が出てくることになるようでした。

次回予告の映像の中で、樫村さんが「再生請負人の誕生だな」と言われていたのですが、タイトルにもある「再生請負人」に樫村さんがなるのは、これからのようです。でも、次回の第8話がこのドラマの最終回になるそうです。これから面白くなりそうというところで終わるのかなと、少し気になったのですが、ともかく、次回の(最終回の?)物語も楽しみにしていようと思います。

漫画家のさくらももこさんが亡くなったこと

雷雨の報道の増えてきた昨夜の9時前にNHKのニュースを見ていた時、漫画家のさくらももこさんが亡くなったという訃報が飛び込んできて、どうしてさくらももこさんが亡くなるのかと驚きました。さくらももこさんは乳がんだったそうで、先々週の8月15日に53歳で亡くなったそうです。53歳なんて早過ぎます。

「ちびまる子ちゃん」のまるちゃんのお姉ちゃんがファンだった西城秀樹さんが今年の5月に亡くなったばかりですが、偶然なのだとしても、その約3か月後の同じ年の8月にさくらももこさんは亡くなったのだなと思いました。何か少し不思議な感じもしました。

私も『ちびまる子ちゃん』は『りぼん』で読んだり、フジテレビの日曜日のアニメで見たりしていました。特にまるちゃんと同じ小学生の頃は毎週アニメを見ていました。『COJI-COJI(コジコジ)』も単行本で読んでいました。『もものかんづめ』や『さるのこしかけ』や『たいのおかしら』のエッセイも、漫画と同じくらい面白かったという印象でした。

「ちびまる子ちゃん」を最初に見た時には、少女漫画とは思えないような平面的でシンプルな絵が当時の私にはカルチャーショック?でもあったのですが、素朴で個性的な登場人物と話の面白さから、絵にも慣れて、すぐに好きになりました。主題歌の「おどるポンポコリン」のナンセンスな感じも楽しくて、私はこの歌で駅の中の「キオスク」を知ったように思います。

「サザエさん」や「ドラえもん」や「クレヨンしんちゃん」と同じように、アニメの「ちびまる子ちゃん」はこれからも続くのだろうと思いますが、「ちびまる子ちゃん」は昭和時代(の静岡の清水)を舞台にした物語でもあるので、先日には女優の菅井きんさんが92歳で亡くなったという訃報もありましたが、もうすぐ平成時代が終わるという今、昭和時代がまた少し遠退いていくような気がしました。

さくらももこさんの作品の全てを知っているというわけではないのですが、いくつかのさくらももこさんの作品に、あまり意識しないうちに教えられたことは多いのではないかと思います。さくらももこさん、ありがとうございました。でも、早過ぎます。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム