「ドクターX ~外科医・大門未知子~ 2」第5話

テレビ朝日の木曜ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~ 2」の第5話を見ました。

第5話は、自身の株を上げたい外科統括部長の蛭間重勝(西田敏行さん)の招待に応じて、デモンストレーションを行うためにアメリカのマサチューセッツの医科大学から帝都医科大学付属病院に凱旋した、「ゴッドハンド」として世界的に有名な医師の日下部光彦(別所哲也さん)の「失敗しないので」のカラクリを、フリーランスの外科医の大門未知子(米倉涼子さん)が見破る話でした。

白衣の襟を立てて着る日下部さんは、鳩を出したり、後から名前が浮き出る名刺を渡したり、手品の得意な医師で、大門さんはその胡散臭さにうんざりしていたのですが、大門さんと同じ神原名医紹介所に所属している麻酔科医の城之内博美(内田有紀さん)は、日下部さんをずっと尊敬していたらしく、自ら日下部さんに手紙を出して、全国に生中継される公開手術の麻酔科医を務めたいと申し出ていたようでした。

日下部さんは、第二外科の講師の近藤忍(藤木直人さん)が主治医を務めるラーメン店の店主の五味一郎(大河内浩さん)の食道癌の切除の手術を公開手術で無料で行うことにし、五味さんは迷っていたのですが、周囲の患者さんたちの説得もあって、手術を受けることにしていました。

食道癌の切除とHALSによる胃管再建術という手術を行うことを、失敗しないので、とカンファレンスで宣言した日下部さんに、大門さんは、じゃあやってみな、と投げやりな感じで言っていたのですが、食堂で定食を食べながら手術の中継を見ていた大門さんは、五味さんをうつ伏せの状態にして行われた日下部さんの手術が本人の言う通りに完璧だったことに感心していました。

しかし城之内さんは、縫合の直前に患者さんの腹部に手を入れて胃管の状態を確認していた日下部さんの表情に何か違和感を感じていました。

その夜、日下部さんは、蛭間外科統括部長に誘われて、同期だった海老名教授(遠藤憲一さん)と近藤さんと4人で食事をしていました。蛭間部長は、主任教授選に誰を推薦するか迷っているという話をしていたのですが、そこへ、病室で苦しみ出していた五味さんの対応をしていた城之内さんから日下部さんに電話がかかってきました。

日下部さんは、術後にはよくあることだと言って電話を切ってしまい、困った城之内さんは、家に戻っていた大門さんに五味さんの様子がおかしいことを相談していました。

病院に駆けつけて処置をした大門さんは、城之内さんから手術の縫合直前の違和感のことを聞いて映像を見直し、日下部さんのカラクリに気付いていました。

アメリカへ帰国する日下部さんは、自分の手術は完璧で失敗するはずはないと、再手術を頼みにきた城之内さんに言っていました。蛭間部長や事務長の烏丸金男(笹野高史さん)も、五味さんの再手術をすぐに行うことに反対していたのですが、患者が死んでもいいんですかと大門さんに言われて、迷っていました。

海老名教授は、大門さんに条件付きで再手術をさせてはどうかと蛭間部長に提案し、大門さんと助手の近藤先生と麻酔科医の城之内さんが五味さんの再手術を行うことになったのですが、それはその再手術を蛭間部長が行ったことにするということだったようでした。そうすれば、病院の名誉も保たれ、蛭間部長の株も上がるというようなことを、海老名教授は蛭間部長に話し、蛭間部長は、そのようなことを思いついた海老名教授を見直して感心していました。

五味さんの縫合自体は完璧だったようなのですが、血流障害で胃管が壊死し、炎症を起こしてしまっていたようでした。大門さんは、結腸で再建する手術を行っていて、見学室の蛭間部長と海老名教授のもとに駆けつけていた日下部さんは、通常なら数か月の間を置いて2回に分けて行う手術を1度に行うことができる医師がいるなんて、と驚いていて、それを聞いた蛭間部長は、日下部さんがゴッドハンドなら大門さんはデーモンズハンドだと笑って、このことは誰にも言わないから安心してほしいと話していました。

手術は4時間ほどで無事に終わり、ガムシロップを屋上で飲んでいるところにやって来た日下部さんに、大門さんは、日下部さんが「失敗しない」のは、最初から失敗しないような手術を選んでいるからだと言い、手術を終える直前に胃管を確認した時、胃管が冷たくなっていることに気付いたのではないか、患者が助からなければ意味がないのだから日下部さんはこれからは二度と「失敗しないので」を使うなと話していました。日下部さんに心酔していた城之内さんも、手品のアシスタントはいたしません、と誘われていたアメリカ行きを断っていました。

大門さんに会ったことがあるらしかった日下部さんは、4年前のニューヨークで歌手のステージ4の食道癌の切除手術を行った「ドクターX」は大門さんではないかと、大門さんに尋ねていたのですが、大門さんは知らないと答えていました。

名医紹介所の神原晶(岸部一徳さん)が今回の再手術の件で「ブッダハンド」と噂されているという蛭間部長にメロンと二人分の請求書を持って来ていたのですが、今度の請求額は2千万円でした。蛭間部長は驚いていたのですが、今度二人分の請求書を持ってくるときにはメロンも2個持ってきて、と動揺をごまかすように明るく頼んでいました。

今回の脚本は林誠人さん、演出は松田秀知さんでした。

最後の、大門さんと城之内さんがお互いに支え合うような存在になっているらしいところが描かれていたのも、良かったように思いました。手術の際の医学用語は私には少し難しく思えたのですが、第5話も面白かったです。

日下部さんの手術の腕はそれほど悪いものではなかったようですし、日下部さんが「失敗しない医師」として世界的にも有名な医師になることができたのは、初めから失敗しない手術を選んで手術をしていたからというだけではなく、失敗しかかると、今回の病院の対面を気にする蛭間外科統括部長のように、あるいは影武者のようになった大門さんのように、誰かが裏で日下部さんのサポートをしてきたということなのでしょうか。

それとも、失敗しかかったのは、本当に今回の胃管再建手術が初めてのことだったのでしょうか。その辺りのことはあまり描かれていなかったので、ドラマを見ていた私にはよく分かりませんでした。でも、「失敗しないので」と言う医師が大門さんの他に現れるという設定は面白かったです。

予告によると、来週は近藤先生のお父さんが病院に来るらしく、馬淵内科統括部長(三田佳子さん)も再び登場するようでした。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム