「ドクターX ~外科医・大門未知子~ 2」第7話

テレビ朝日の木曜ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~ 2」の第7話を見ました。

第7話は、帝都医科大学付属病院の主任教授選を巡って、講師から教授になった近藤忍(藤木直人さん)を擁立した外科統括部長の蛭間重勝(西田敏行さん)と、論文が認められて凱旋した教授の鷹野勉(浅野和之さん)を擁立した内科統括部長の馬淵一代(三田佳子さん)が、鷹野教授の連れて来た特別患者の膵臓癌の手術を選挙の道具として利用しようとする話でした。

鷹野教授が金沢の病院から連れてきた特別患者の浅井久恵(白川由美さん)は、厚生労働省の医政局長の母親で、医政局長というのはとても権力がある地位らしく、浅井さんの手術を成功させれば間違いなく選挙に勝つとして、蛭間部長や馬淵部長だけでなく他の医師たちも、浅井さんの手術に関わりたがっていました。

混雑していた食堂で席を探していたフリーランスの外科医の大門未知子(米倉涼子さん)は、広い席に一人で座って鰻重を食べている和装の老婦人に怖そうだと話しかけてそのテーブルの空いている椅子に座っていたのですが、その女性が浅井さんで、浅井さんが癌患者だと知った大門さんは私に切らせてと頼んでいたのですが、フリーランスをアルバイトだと思っていた浅井さんは軽く笑って、手術は鷹野先生にしてもらうと大門さんの申し出を断っていました。

蛭間部長は、近藤先生に執刀医を命じ、主任教授を目指して蛭間部長に従い続けてきた海老名敬(遠藤憲一さん)を助手に命じていました。

カンファレンスで馬淵部長側の鷹野教授は、研究してきたフォルフィリノックス療法という膵臓癌の治療法を提案していたのですが、それを聞いた大門さんは手を挙げて、その療法は効果に個人差がある、私なら癌を完全切除することができると蛭間部長に言い、蛭間部長は周囲の医師たちを扇動して、私、失敗しないので、と言う大門さんに拍手を送り、第二外科の代表のようにして、浅井さんの手術を任せることにしていました。

大門さんが浅井さんの執刀をすることに決まったのですが、鷹野教授を信頼している浅井さんは、絶対に失敗しないなんて断言する医師は信用できない、手術に失敗するというリスクを背負わないということは患者の命を背負わないのと同じで、あなたは私の命を背負っていないのだと、大門さんの手術を断固として拒否していました。

「失敗しないので」が通用しなかった患者は初めてだったらしく、大門さんは少し苛立っていて、鷹野教授から助手を頼まれたのも、いたしません、と断っていたのですが、カニを食べようとしていた浅井さんから手術は明日だと聞いて、急遽助手を務めることにしていました。

大門さんは手術をするにはまだ早いと思っていたようでした。浅井さんの手術が始まり、切除するために開腹した鷹野教授は、癌の様子を見てはっとしていたのですが、少しするとふらつき始め、突然その場に倒れ込んでしまいました。

大門さんが診たところ、鷹野教授は腸閉塞になっていたようでした。見学室の窓からは馬淵部長や蛭間部長がその様子を見ていたのですが、蛭間部長は鷹野教授の心配よりも、早く切れ!と、浅井さんの執刀医となるよう大門さんに命じていました。

鷹野教授がタンカーで運び出された後、浅井さんの手術を始めようとした大門さんは、インオペ(手術不可能)にしますと言って、蛭間部長の指示を無視して、浅井さんの切り口を閉じていました。

それからすぐに隣の手術室へ向かい、鷹野教授の手術を始め、24分ほどで終了させていました。

大門さんは、鷹野教授に手術をしてほしい願っている浅井さんの意向を汲んでそうしたようだったのですが、怒った蛭間部長は指示に従わなかった大門さんにクビを言い渡していました。

クビにされてしまった大門さんは、夜、蛭間部長に支払いを拒否されていた名医紹介所の神原晶(岸部一徳さん)と卓球場で映画の「ピンポン」のような感じで卓球をして遊んでいました。近藤先生と海老名教授は二人で飲みに行き、近藤先生は酔って医者もサラリーマンだとお客さんに絡んでた海老名教授を支えながら夜道を歩いていたのですが、卓球場で遊ぶ大門さんを二人で見かけると、そのような大門さんの自由さに感心したり少し落ち込んだりしていました。

それから10日ほど経っていたようなのですが、名医紹介所で禁断症状の手の震えが起きていた大門さんのところに、馬淵部長が訪ねてきていました。

馬淵部長は、ソファにいた猫のベンケーシーを退かすように座りながら、完治した鷹野教授が浅井さんの手術を成功させたことを大門さんや神原さんに伝え、もう一度自分が大門さんを雇うと言っていました。

蛭間部長の策略で?大門さんの営業に失敗していた神原さんは喜んでいたのですが、大門さんは、鷹野教授の薬物治療では手術の時にはまだ浅井さんの癌は小さくなっていなかったことに鷹野教授も馬淵部長も気付いていながら、選挙のための道具として患者を利用したのだと唖然とし、手術なめんな!と怒って外へ出ていっていました。

馬淵部長が帰った後、神原さんはかかってきた電話に出ていたのですが、お久しぶりですと話していたので、誰か知り合いのようでした。

脚本は林誠人さん、演出は松田秀知さんでした。

メロンと請求書を持ってきた神原さんを蛭間部長がジェスチャーで追い返していた場面も、何だか面白かったです。秘書の照井珠緒(笛木優子さん)が蛭間部長のよく分からないジェスチャーの通訳をしていました。

事務長の烏丸金男(笹野高史さん)が神原名医紹介所に大門さんのことで苦情を伝えにきた後、麻酔科医の城之内博美(内田有紀さん)と大門さんと神原さんと4人で麻雀をして仲良くなっていた場面も面白かったです。烏丸事務長の頭には赤ペンが貼り付いていました。

大門さんの「失敗しないので」が通用しない患者が登場するというところも、良かったように思います。白川由美さんの浅井さんの強気な雰囲気が良かったということもあるかもしれないのですが、失敗するかもしれないというリスクを背負わずに手術に臨む医者は信用できないというのを聞いて、なるほどなと思いました。

エンディングに流れてくるこのドラマの主題歌はSuperflyの「Bi-Li-Li Emotion」という曲なのですが、今回のエンドロールの映像はなぜかそのSuperflyの方が手術室で歌っているというものになっていました。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム