「おふこうさん」第3話

NHKのBSプレミアムの「プレミアムよるドラマ」の「おふこうさん」の第3話を見ました。

第3話は、探偵事務所を開いている伏山誠治(伊武雅刀さん)が、薄幸なところのある娘の幸子(保田圭さん)が結婚相手として連れてきた小学校時代の同級生の沢村(載寧龍二さん)との結婚に反対し、幸子さんにつきまとう謎の箱男を捕まえようとしていた「おふこうさん」の千倉つぐみ(貫地谷しほりさん)の、花嫁に接触すると結婚話が破談になるというジンクスを聞いて、一人娘を不幸な運命から救い出そうとする話でした。

今回の作(脚本)は北川亜矢子さんで、演出は演出は竹村謙太郎さんでした。

大きな段ボール箱に入って幸子さんたちの後をつけていたのは父親の伏山さんだったのですが、探偵の伏山さんは、娘と一緒に会社に挨拶に来た沢村さんの顔を見て、以前調査で追っていた結婚詐欺師だと気付き、結婚話を破談にしようと考えていました。

子供の頃、叔母の結婚式の当日に会場で盲腸になったつぐみさんは、自分を診てくれた医者と叔母の結婚相手が駆け落ちをしてしまうという「不幸」に見舞われたり、友人の結婚式の会場に隕石が落ちてきたり、という「不幸話」を伏山さんに話していました。伏山さんは、偶然なのではないかと言っていたのえすが、つぐみさんは絶対に自分のせいだと言い張っていました。

幸子さんの幸せを願ってビルの屋上の角の神社の横で積み石までしていたつぐみさんは、新しく結婚式ビジネスを始める予定の大西愛里(木南晴夏さん)のウェディングドレスを着ていて、伏山さんが呼び出した沢村さんがドアを開けて入って来ると、沢村さんのほうを振り向きながら「お金返しなさいよー」と手を伸ばしていました。

その「幸薄子さん」のつぐみさんの不思議な動きと抑揚のない言い方が何だかとても面白かったのですが、結婚詐欺師を数件繰り返していた沢村さんは、幸子さんのことは本気だったと、父親と同じように密かに段ボール箱に潜んで様子を伺っていた幸子さんに言っていました。

同級生の間でも沢村さんが結婚詐欺師をしているらしいという噂が広がっていたらしく、幸子さんはそれを知ってまさかと思いつつ、でも好きなので、付き合って結婚の約束までしていたようでした。幸子のことは本気だったと謝る沢村さんに、幸子さんは自首をして罪を償うことを勧め、信じて待っているから、と沢村さんに伝えていました。

それからその二人がどうなったのかはよく分からないのですが、会社のオーナーの栄幸之助(萩原聖人さん)は、信じようと思える人と出会えることは幸せなことで、そういう人と一緒にいると不幸も幸せに感じることができるのではないかとみんなに話していました。

今回、幸之助さんは、いつまで置いておくのと大西さんから面倒そうに言われているつぐみさんのことを「いいじゃない、かわいいんだし」と言ったり、応援するために頭を撫でたりしてつぐみさんを喜ばせて?いたのですが、さらに最後、ウェディングドレスを着たままでいるつぐみさんが結婚をしたら相手を不幸にしてしまうから私は一生結婚しませんと言うのを聞くと、僕は全然構わないよ、好きだから、と告白をしていました。

つぐみさんは驚いていたのですが、それはつぐみさんには、自分を好きになった人が赤い不幸に見舞われるというジンクスがあるからのようでした。幸之助さんもつぐみさんの謎の「赤い不幸」に巻き込まれるのでしょうか。

今回は前回よりも漫画のような演出が多かったような気がするのですが、今回も楽しく見ることができました。やはり今のところ、登場人物のみんなは比較的幸せに生きることができています。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム