「天誅~闇の仕置人~」第3話

フジテレビのドラマ「天誅~闇の仕置人~」の第3話を見ました。

強盗事件が発生し、犯人らしき人物を見た人の証言では、刑務所を一年前に出所したという元空き巣犯の八巻辰(柳沢慎吾さん)が配達員として働く宅配弁当屋さんの上着を着ていたということで、首藤重吉(嶋田久作さん)や一ノ瀬大和(竹財輝之助さん)たち刑事は、ついに殺人もするようになったのかと、強盗事件を八巻さんの犯行かと疑うようになっていました。

一方、村田正子(泉ピン子さん)からデジタルカメラを渡され、何か怪しいものがあったら証拠のために撮影するようにと言われていたサナ(小野ゆり子さん)は、八巻さんのお弁当屋さんの上着を着た人物が空き巣をするところを写真に収めていた(ちゃんとフラッシュは止めていました)のですが、それから道で倒れて車に轢かれそうになっていた谷原綾音(西原亜希さん)を助け、連れてきた東条ミツ子(三ツ矢雄二さん)のスナック「天守閣」から家まで送る時、綾音さんの様子がおかしいことに気付き、トイレを借りる振りをして綾音さんの部屋を見回り、何かのにおいを嗅いで押入を開けると、その壁には血でたくさんの「m」が描かれているのを見つけていました。

駆け込み寺で活動をしていた菅井知世子(茅島成美さん)が綾音さんのことを知っていたのですが、その看護師の綾音さんがスナックに落としていった写真を拾った正子さんたちは、そこに写っている子供が綾音さんの娘の麻衣(須田琥珀さん)だと知世子さんに教えてもらっていました。

麻衣さんは、ドラマの冒頭では、誰かにライターの火で脅され、ビニール袋に入れられて、押入の中に閉じこめられていました。ある日、綾音さんの部屋で暮らす睦橋涼(陳内将さん)が押入を見ると、押入の中に麻衣さんの姿はなく、その男性は、ごみを捨ててくれたのかと嬉しそうに綾音さんに言い、綾音さんは動揺しながらも、そうだと答えて少し笑ってごまかしていました。

綾音さんの部屋から消えていた綾音さんを、正子さんに名刺をもらっていた八巻さんが突然「天守閣」に連れて来ていたのでミツ子さんたちは驚いていたのですが、八巻さんによると、少し前に公園でお弁当を食べようとしていた八巻さんは、お腹を空かせて公園のごみ箱の中に食べるものを探していた麻衣さんと出会い、それから毎日二人でお弁当を食べていたのに、ある日姿を見せなくなり、心配になった八巻さんは、麻衣さんのマンションの部屋を訪ね、返事がないので、嫌な予感がしたこともあって、廊下に付けられていた針金を外し、空き巣時代の技を使って鍵を開けて部屋の中に入り、鍵のかかっていた押入のほうで音がしたのでそれも針金で開けると、ビニール袋に閉じ込められて苦しそうに呻く麻衣さんを見つけ、助け出したということでした。

手や腕に怪我をさせられていた麻衣さんは、涼君が来る、と怯えていました。麻衣さんは、正子さんの家に来ることになり、そこで絵を描いて遊んでいたのですが、それを見たサナさんは、正子さんにデジタルカメラの写真を見せて、二人は「m」がカモメであることに気付いていました。

麻衣さんは、母親と出掛けた海浜公園の思い出を絵にしていたようでした。スナックに落としていった写真を綾音さんに届けに行った正子さんは、麻衣さんよりも涼君を失うことのほうを恐れている綾音さんを叱っていて、涼君は優しいと言う綾音さんに、その男性が空き巣をしている犯行時の写真を見せていました。

その後、スナックに来ていた麻衣さんは、見張りの女性が眠っていた隙に抜け出し、八巻さんの車の中に隠れていました。海浜公園に麻衣さんを連れていった八巻さんは、自分にも母親がいないことから、麻衣さんがお母さんと一緒にいたいと思っていることを知って家に電話を掛けさせていたのですが、麻衣さんの留守番電話を聞いたのは、麻衣さんの存在を邪魔に思っている涼さんでした。

母親が来るまでの間、公園で遊んでいた麻衣さんは、八巻さんが持ってきていた竹とんぼ(麻衣さんは竹とんぼを知らなかったようでした)に喜んでいたのですが、八巻さんのほうを振り返って固まっていました。

八巻さんの後ろに来ていた涼さんは、八巻さんをヘルメットで殴ったり蹴ったりして倒し、八巻さんを助けようとした麻衣さんのことも突き飛ばして、八巻さんに麻衣さん殺害の罪を着せて正当防衛に見せかけて殺すために、まず自分の顔を切って、次に八巻さんたちをサバイバルナイフで刺そうとしていました。涼さんは、八巻さんと同じ刑務所にいた人で、真面目に生きることに挫折をしてしまった人のようでした。

そこへ、「天誅」の支持を受け、涼が苛立ちながらバイクに乗って出掛けるところを追ってきたサナさんが到着して、八巻さんを刺そうとしている涼さんを倒していました。涼は再び落ちていたナイフを拾い、サナさんを刺そうとしていたのですが、古武術の師範の松田竜次(京本政樹さん)がやって来て、サナさんを助けていました。竜次さんは、正子さんたちからこの場所を聞いたとサナさんたちに話していました。

麻衣さんに妹のユウ(南乃彩希さん)を重ねて見ていたサナさんは、麻衣さんを傷つけた涼を押さえつけると、「天誅」としてクナイで額に「×」を刻んでいました。

「キテレツ大百科」のとんがり君のような声の女子高校生?になりすましたミツ子さんの通報で駆けつけた首藤刑事と一ノ瀬刑事は、公園の柱に括り付けられ、空き巣の写真も一緒に置かれていたて涼さんを叩き起こし、犯人の涼さんが「フードの女」と言うのを聞いて、不審そうにしていました。

夜、サナさんは、正子さんの部屋の戸を静かに開けて入り、妹によく似たゆかりさんの写真を見ていたのですが、その時お守り袋を落としたことに気付き、慌てて公園に探しに行っていました。すると懐中電灯の光が当てられ、サナさんはお守り袋を拾っていた一ノ瀬刑事に捕まり、何者だと訊かれていました。

今回の脚本は根津理香さん、演出は小林和紘さんでした。

前回よりも急に犯罪性が増していることに少し驚いたのですが、第3話は面白かったです。

古武術師範の竜次さんは、忍はなぜ滅んだのかと訊くサナさんに、必要がなくなったからだと答えていたのですが、突然攻撃をして上手く避けるサナさんの動きを見て、君は忍者だろうと言い、「タイムスリップ」をしてきたのかと冗談そうに訊いていました。サナさんはその言葉を知らないですし、タイムスリップの描写もまだ特に描かれていないのでよく分からないのですが、今回は前回よりも「忍者」の要素が活かされていたように思えて、良かったです。

サナさんが「天誅」を下す際に関わる現代の犯罪者は、「天誅」をされるべき人というか、それに見合う人でなくてはいけないように思うのですが、今回の子供を虐待する人は、第1話のDV夫と同じくらい、サナさんの「天誅」にふさわしい?人物だったように思います。

番組表には、「仕置5人組が誕生」と書いてあったような気がするのですが、それはサナさんと正子さんとミツ子さんと竜次さんと八巻さんの5人でしょうか。

一ノ瀬刑事も少し悪そうな雰囲気なので心配なのですが、警察がサナさんを見つけたことで、もう少しドラマの物語にも展開が出てくるのかもしれないなと思いました。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム