「相棒 season12」最終回2時間スペシャル

テレビ朝日のドラマ「相棒season12」の最終回2時間スペシャル「プロテクト」を見ました。

昨夜の8時から10時9分まで放送されていた最終回(第19話)は、実業家であり麻薬の密売などを行う闇社会を取り仕切る権力者だった御影康次郎(中村嘉葎雄さん)の死刑が確定したことを受けて、出所したばかりの長男の真一(阿部進之介さん)と次男で弁護士の悠二(篠田光亮さん)が、父親を有罪にした、10年前の裁判時に父親に不利な証言をした後に消息を絶った三男の智三(ともみ、冨田佳輔さん)の行方を捜し出して復讐をしようと、刑務官の妻子を人質にして団地の部屋に立て籠もり、智三さんを「証人保護プログラム」のようなもので保護した今は亡き元官房長の小野田公顕(岸部一徳さん)と近しい人物だった、康次郎さんと同じ東京拘置所内に拘留されている元法務大臣で元衆議院議員の瀬戸内米蔵(津川雅彦さん)に接触し、刑務官の家族の代わりに密かに一時保釈させた瀬戸内さんを人質にして、瀬戸内さんが連絡をした警視庁特命係の杉下右京(水谷豊さん)に智三さんの消息を捜させる、という話でした。

脚本は輿水泰弘さん、監督は和泉聖治さんでした。

未明に瀬戸内さんから連絡を受けた右京さんは、すぐに“相棒”の甲斐享(成宮寛貴さん)に連絡し、車で享さんのマンションの下まで迎えに行っていました。それから鑑識課の米沢守(六角精児さん)も呼び出し、寝癖の付いたままの髪で特命係の部屋へやって来た米沢さんは、人質立て籠もり事件と知って、右京さんたちに協力していました。

御影家の三兄弟は、何となくなのですが、『カラマーゾフの兄弟』の三兄弟のように性格が分かれていたような気がします。三兄弟はそれぞれ違った形で父親のことを大切に思っていて、父親の康次郎さんも、息子たちをそれぞれ違った形で大切に思っていたようでした。

先週の放送後に最終回2時間スペシャルの予告を見た時には、どうして今亡くなった小野田官房長のことが描かれるのだろうと、少し不思議に思え、どのように描かれるのか、最終回を見るのを楽しみにしていました。でも、昨夜の最終回では、亡くなった小野田官房長の思いが描かれるというよりも、そのカラマーゾフ家ような?御影家の父子と、甲斐家の、警察庁次長の甲斐峯秋(石坂浩二さん)と享さんと享さんの優秀な兄(享さんの話の中で出てきただけです)の父子が並べられるように描かれていたので、むしろ甲斐親子のことを描くほうを中心にしていたかもしれないなと思いました。

突然、小野田元官房長による「一億円の使途不明金」が発覚し、それがその智三さんという証言者を保護するために使われたのではないか、という風につながっていったことが、私には少し「こじ付け」のようにも思えてしまったのです。小野田官房長のいとこだという元役所の職員が官房長に頼まれて智三さんの戸籍などを改ざんしていたという辺りも、右京さんたちに話す中でも官房長のことを「きみちゃん」と呼び続ける小野田元官房長の「いとこ」を登場させたかっただけなのではないかというように、私には思えてしまいました。

瀬戸内さんが登場していたところは楽しかったですし、お坊さんとしてお経を唱えたりしていたところなども面白かったのですが、「整形した智三さん」と偽っていた享さんが智三さんの死亡説を信じない真一さんに撃たれた直後に起き上がり、「防弾チョッキ」を着ていたのを見た瀬戸内さんが、そういうからくりだったのか、と右京さんと享さんに驚いていた場面には、驚きました。

ただ、右京さんが、小野田官房長が一億円を使ったのならそれはきっと必要なことに使ったのだろうと信じていたところは、小野田官房長がいた頃の、「season9」辺りの頃のシリーズの雰囲気が残されているように思えて、良かったです。

三作目の映画が5月に公開されるそうですし、今年の秋にはまた次の新しいシリーズが放送されるのかもしれません。

「相棒」を好きで見ている私としては、「窓際」として作られた特命係の一員だったはずの右京さんが、(寺脇康文さんの亀山薫さんや及川光博さんの神戸尊さんに続く)三代目の“相棒”の享さんを自ら気に入って引き抜いたり、享さんとやたら目を合わせたり、「カメラ目線」になったり、“天才”として何かある権力を持った人のように「相棒」の物語(あるいは「警視庁」)の中心的な存在になっているような感じのする「season11」や「season12」を、以前の作品ほどにはあまり面白く思うことができずにいます(捜査一課の三浦さんが辞職してしまったことも少し寂しく思えていました)。上手く伝えることができないのですが、「相棒」が少し遠くへ離れて行ってしまっているような感じがするのかもしれません。もし「13」が放送されるとするなら、その時にはもう少し、右京さんの雰囲気の面白さも、以前のような感じで復活しているといいなと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム