「トーキョーライブ24時」

テレビ東京では、3月の31日の月曜日の深夜から「開局50周年特別企画 トーキョーライブ(東京ライブ)24時~ジャニーズが生で悩み解決できるの!?~」という東京タワーから生放送の番組が放送されていて、夜の12時から、私もその第1週目の放送を見ていました。

ジャニーズの各グループのメンバーの方がMCを務め、生放送で電話の向こうの視聴者からの悩み相談に答えるという番組です。

月曜日はNEWSの小山慶一郎さんが「職場の悩み」を、火曜日はTOKIOの松岡昌宏さんが「男の悩み」を、水曜日は嵐の相葉雅紀さんが「女の悩み」を、木曜日はKinkiKidsの堂本剛さんが「寂しい人の悩み」を、金曜日は関ジャニ∞の安田章大さんが「都会になじめない悩み」を、相談と「トーヒョーライブ」という視聴者からの投票で、それぞれ解決していました。

司会のアナウンサーの方が変わって少し新しくなった「ワールドビジネスサテライト」の最後に登場して、その流れで24時からの東京タワーからの放送につながっていました。

東京タワーの展望台に作られた「406号室」で、テレビ東京のバナナ社員のナナナというキャラクターとジャニーズのMCの方の二人で番組を進行していたのですが、今のところはまだ「放送事故」にはなっていないですし、そのギリギリの感じの?視聴者の相談に応じる様子が何となくラジオのようでもあって、面白いです。

慌てる小山さん、進行を上手く仕切る松岡さん、一緒に悩む相葉さん、冷静に自説を伝える堂本さん、「忍たま乱太郎」で盛り上がる安田さんなど、それぞれ悩み相談の受け止め方や答え方が異なっているところも、確かにそれは当然のことなのですが、楽しく思います。

小山さんの回では、面白い相談のために少し時間が押してしまって相談者は2人だったのですが、松岡さんの回からは3人になっていました。相葉さんの回では「おたすけ」のカードを使うとオアシズの大久保加代子さんを呼ぶことができるようになっていて、雨の日だった堂本さんの回では、ダンサーの方が寂しい人の自宅に行って踊っていました。昨夜の安田さんの回では、登場する予定の酔っぱらいの方に逃げられていたのですが、最後のテレビ東京前の「シューゴーライブ」には、「every.」の取材中に呼び出された?小山さんが来ていました。

ナナナとの掛け合いの感じも面白いのですが、この番組のために話すようになったというナナナは、赤いギンガムチェックの女の子のような衣装なのに、なぜか声は博多大吉さんです。相葉さんだけは「ナナナちゃん」と「ちゃん」を付けて呼んでいました。

あと、MCの前のテーブルに置かれる、悩み相談の内容をまとめた札(「ポップ」と呼ばれるものでしょうか)の文字やイラストが、はっきりとしていて読みやすく、何だかとてもかわいいです。スタジオの隅で「世界プロレス協会」?の上着を着たスタッフの方が書いているようでした。

番組の途中に映される高速道路や東京タワーの夜景も、とてもきれいです。

深夜の12時からの放送なのですが、2週連続企画の生放送ということなので、次の月曜日からの2週目の放送も楽しみにして見ていこうと思います。

ところで、もうすっかり春になりました。消費税も5%から8%に上がってしまいましたし、今日は少し寒いような気もするのですが、桜の花も咲いています。年度の初めとしての「区切り」となることの多い春には、他の季節以上に、春なのだから、という何か急かされるような感じもあるので、私は時々少し息が詰まるような思いがしてしまうのですが、春は一般的には明るい季節のはずなので、道を歩きながら、あるいは電車の窓からお花見などを楽しんで、もう少し気軽な気分になることができるといいなと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム