「ブラック・プレジデント」第6話

フジテレビのドラマ「ブラック・プレジデント」の第6話を見ました。

第6話では、大学の映画サークルの岡島百合(門脇麦さん)が、アパレル会社の社長の三田村幸雄(沢村一樹さん)から労働とお金儲けは大切だという話を聞いて、家賃の2ヶ月分?の10万円を支払うためにキャバクラ嬢のアルバイトを始めたのですが、テナントを置く先の会社の社長をもてなすために行ったそのお店でリリーという名前の新人として働いている百合さんに感心した三田村さんは、百合さんから早くお金を稼ぎたい理由を聞いて、会社の部下の明智志郎(永井大さん)に頼んで百合さんを指名するお客さんになってもらっていました。

明智さんのスーツのバッジを見て三田村さんの会社の人だと気付いた百合さんは、それから会社の三田村さんに会いに来て、明智さんがお客さんになったことですぐに貯まったらしいお給料10万円の入った封筒を三田村さんに差し出し、こんなの嫌です、と言って返していました。協力したかっただけだと三田村さんは不思議そうにしていたのですが、「援助交際」みたいで嫌だと言う百合さんに、百合ちゃんから何も与えてもらうつもりはないから援助交際にはならないだろうと言うと、傷ついた百合さんは、封筒を三田村さんに投げつけて社長室を出ていました。

百合さんから事情を聞いた秘書の冴島真理(国仲涼子さん)は経営学部の講師の秋山杏子(黒木メイサさん)に話し、秋山さんは研究室に来た三田村さんに、百合さんと同じように、それでは「援助交際」みたいだと言っていました。百合さんは三田村さんのことを好きなので、また秋山先生は百合さんの気持ちを知っているので、三田村さんが部下を使って百合さんにお金を儲けさせたことをそのように思ったようでした。

その頃、前川健太(高田翔さん)や工藤亮介(永瀬匡さん)たちは、シャベルで掘って金脈を探す人よりも金脈を探しに来た人にシャベルを売って儲ける人になれと言っていた三田村さんに対抗するために工事現場でアルバイトを頑張って疲れきっていました。

大学の構内でも百合さんに避けられていた三田村さんは、自分の誕生日の夜、一緒にキャバクラへ行っていた社長の祝賀パーティに参加していたのですが、そこで社長たちが三田村さんの通い始めた大学の学生たちのことを、あの大学の学生を採用したことはないとかバカにして笑っていたのに言い返そうとして、その社長たちや参加者たちに少し距離を感じたようで、黙っていました。

三田村さんは、女性と約束があるからと、パーティを途中で退席することにし、社長へのプレゼント用に持ってきていた100万円で買った赤ワインを持ち帰っていました。

その頃、冴島さんと秋山さんと冴島さんが秋山さんに紹介した医師の吉岡美紀(壇蜜さん)は3人で飲んでいて、遠くから三田村さんの誕生日のお祝いをしていたのですが、明智さんから冴島さんへの電話で三田村さんがパーティを抜けたことを知った秋山さんは、それから一人でラーメン屋さんにいた三田村さんに連絡をして、映画サークルの学生たちの飲み会に行きませんかと誘っていました。

三田村さんは、パーティに来ているからと一度断ってから、数秒後にパーティが終わったからとかけ直して、秋山先生と合流していました。

学生たちは、三田村さんが来ると秋山先生から聞いた工藤さんたちは、またお説教をされると面倒そうにしていたのですが、みんなが三田村さんのことを少し悪く言ってざわざわとしているのを、違うよ、と止めた百合さんは、何ていうか、あの人は独りぼっちなんだよ、と話していました。

秋山先生と三田村さんが来ると、百合さんは、前川さんと買いに行ったけれど途中で転んでしまったというつぶれたケーキを、お誕生日おめでとうございます、と三田村さんに差し出していました。みんなもおめでとうございますとお祝いをしていました。前川さんも、おめでとうと言っていました。

三田村さんは、ありがとう、少しびっくりしたけど嬉しいと言い、百合さんも嬉しそうでした。三田村さんは持ってきていたワインを開けてみんなで飲もうと提案していました。工藤さんがネットで調べて100万円のワインだと知って、みんなは驚いていたのですが、学生たちに誕生日のお祝いをしてもらった三田村さんは、ここでみんなと飲んだほうが価値があることを実感したようでした。

脚本は尾崎将也さん、演出は白木啓一郎さんでした。

最後、会社に戻った三田村さんは、ボーナスの金額を上げるために社員たちに絞った雑巾をさらに絞るように?節約や倹約をさせていたことの成果が出たことの報告を明智さんから受けて、ボーナスはやめてアニバーサリーグッズを扱う会社を買収すると笑っていたのですが、今回の「ブラック」の要素はそのくらいだったように思います。

百合さんが三田村さんを好きな感じも、誕生日に届く手紙がダイレクトメールばかりの三田村さんが学生たちに救われる様子も、丁寧に描かれているように思えて、良かったです。

秋山さんと冴島さんと吉岡さんが3人で集まっていたり、三田村さんの妹の正美(青木さやかさん)がお見合いをすると兄のことを聞かれたり、本が売れない秋山さんの指示で潜入調査のために三田村さんの会社でアルバイト始めた大学院生の増山圭介(澤部佑さん)が二つの「ブラック」に挟まれたりしているところも、何だか面白かったです。

三田村さんの「ブラック」の度合いは少し弱まっていたかもしれないのですが、三田村さんに少し気持ちの変化があったかもしれないところも良かったと思いますし、前回より最後まで楽しく見ることができました。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム