「MOZU Season1 ~百舌の叫ぶ夜~」第7話

TBSの木曜ドラマ劇場で放送されているWOWOWとの共同制作のドラマ「MOZU Season1 ~百舌の叫ぶ夜~」の第7話を見ました。

新谷和彦の双子の弟だった宏美(池松壮亮さん)と警視庁公安部特務第一課の捜査官で警部の倉木尚武(西島秀俊さん)が対峙する場面から始まっていたのですが、時間は少し遡って、倉木さんと捜査第一課の刑事で警部補の大杉良太(香川照之さん)と公安第二課所属の捜査官で巡査部長の明星美希(真木よう子さん)が宏美とフリーライターの中島葵美(有村架純さん)が監禁されていた廃病院の事件現場を見て、プロの殺し屋の「百舌(モズ)」が覚醒したのを確認していた場面に戻っていました。その殺人事件の事実は、3人と一緒に現場を見回っていた特別監察官で警視正の津城俊輔(小日向文世さん)によって、また隠されることになったようでした。

宏美さんは、フィットネスクラブのロッカーから自分と似たような体格の人物の洋服を盗んで身なりを整えていたのですが、それから隠していた鍵を取りに行き、駅のロッカーからICチップを回収していました。その様子は防犯カメラに残っていたのですが、他の映像は見つからず、警察はその後の宏美さんの足取りを掴むことができなかったようでした。

大杉さんは、見える景色が変わった、全てが作りものに思えると居酒屋で倉木さんに話していたのですが、自分の部屋で悪夢を見て飛び起きていた明星さんの元には、後日、何も書かれていない白い封筒が届き、不審そうに開けてみると、中に入っていたのは「極秘」の文字のある「グラークアルファ作戦」の資料のコピーと「ダルマ」の絵でした。

倉木さんを日比谷の事件跡に呼び出していた明星さんは、自分の夢に「だるま」が出てきたことを話し、倉木さんにダルマを信じていますかと訊ねていて、存在は信じているという倉木さんに、届いた資料を見せていたのですが、それを見た倉木さんは驚き、警視庁公安部長で警視監の室井玄(生瀬勝久さん)に、妻の千尋(石田ゆり子さん)も関わっていた「グラークアルファ作戦」とはどのようなものだったのか教えてほしいと尋ねていました。その作戦の責任者は室井さんだったようでした。

室井さんは、作戦のことは話せないとした上で、その作戦に関わった半数以上の者は精神を病み、退職した者や死んだ者もいると倉木さんに話していました。倉木さんの妻と娘の雫さんも見たかもしれない謎のダルマについては、一般の人も見ているから作戦に関わった者が見るものとは限らないし、自分も見たことがないから分からないという風に答えていました。

それから倉木さんは、室井さんに誘われて、小学生の頃登校中に交通事故に遭って以来意識が戻らない様子の室井さんの娘の凜さんのお見舞いへ行っていました。室井さんは、自分を苦しめるのはやめろと倉木さんを心配していたのですが、倉木さんは、自分はこれからどう生きていったらいいのか分かりません、真実を知るまでは俺は空っぽのままなんです、と言って、室井さんと凜ちゃんに挨拶をして帰っていました。

一方、宏美さんは、通っていた小学校を訪れ、亡くなった中島さんの代わりに、用務員の寺門守(品川徹さん)に卒業アルバムを返していました。宏美さんを見た寺門さんは、和彦だと思って宏美さんに声を掛け、「妹」は好きなことをして生きていると聞くと、良かったと喜び、肩の荷が下りただろうと言って、うさぎが殺された事件の時和彦さんが自分が犯人だと寺門さんのところに謝りに来た話をして、和彦君はいつも妹をかばっていたと、宏美さんに言っていました。寺門さんは、本当は目の前にいるのが宏美さんだということに気付いていたのでしょうか。宏美さんが泣き出す前に泣いているのかと声を掛け、泣き出した宏美さんにお茶を出していました。

校庭のブランコに座って、「モズの早贄」の行動の謎が解けないのは特に意味がないからで、本能的にそうしたいからしているだけということを「衝動に駆られる」と言うのだと教えてくれた兄のことを思い出していた宏美さんは、それから廃墟のようになっている自宅へ向かい、子供の頃の自分が刺し続けていた人形を手に取り、それを部屋の壁に突き刺して、一人残らず殺す、と兄の復讐を誓っていました。

居酒屋にいた大杉さんは、偶然を装って近付いてきた津城さんから、あなたの力で公安の闇を暴きませんかと誘われて、動揺していたのですが、翌朝、ドーナツを買って?入谷交番へ行くと、巡査長の鳴宮啓介(伊藤淳史さん)に、俺は男の中の男になるために警察官になったのだと切り出し、津城さんの提案に乗る決意をしたようでした。

大杉さんは、なぜか公安の若松忠久警視(戸田昌宏さん)に退職願を提出し、あっさりと受け取った若松警視に、これからは津城さんと一緒に公安の闇を暴くとか上司に告発するという主旨のことを大きな声で言って外へ出て、津城さんと明星さんの乗る車に同乗していたのですが、それは若松警視が動き出すように仕向けるためだったようで、3人は若松警視の乗った車を追いかけていきました。

各テーブルの上にだけ明かりの落ちている薄暗いレストランでは、大手の警備会社「アテナセキュリティ」のシニアアドバイザーの東和夫(長谷川博己さん)が知人たちと食事をしていたのですが、その姿を離れた席から宏美さんが右手を噛みながら注視していました。そして、袖の内側からアイスピックを出して東さんを殺す機会を狙っていたのですが、その宏美さんの鋭い視線を遮るように、突然倉木さんが現れて素早く向かいの席に着くと、初めまして、新谷宏美君、と挨拶していました。

そして倉木さんは、テーブルの下で拳銃を構えていることを伝え、宏美さんが東さんを殺しに行くのを止めていました。

衝動を押さえ込み、東さんを討つことを一時的に諦めた宏美さんと倉木さんは、倉木さんが注文したフルコースを食べながら、家族がいないことと空っぽであることを、一緒にするなとお互いに言いつつ打ち明けていました。

筧俊三(田中要次さん)の鞄の中に爆弾を仕掛けたのは当然和彦さんではなく、自分でもなく、「謎の女」だということを伝えた宏美さんは、和彦さんが東さんの部下たちに殺されたことや兄を助けようとした自分が一緒に海に落ちて記憶を失くすまでの顛末も率直に倉木さんに話し、持ち出したICチップを見せて、東さんたちはこれを血眼になって捜しているのだと教えていました。

空っぽの人間は苦しみや憎しみを抱えて、復讐のために生きるしかないのだということを倉木さんに答えていた宏美さんは、爆発事件現場で拾ったという少し焦げた白い紙の断片をトランプのカードのように持って、この中に謎の女の写真があると、倉木さんに示していました。

女が持っていたというその白い紙には「警備計画書」と書かれていて、筧さんがその写真を見て謎の女の顔を確認していたという写真を見せてもらった倉木さんは、そこに千尋さんが写っているのを見て、呆然としていました。知り合いなのかと素朴に訊く宏美さんの声もあまり聞こえていなかったようなのですが、そうだと答えて少しして顔を上げると、それが謎の女の正体だと言っていた宏美さんの姿はすでにありませんでした。

脚本は仁志光佑さん、監督は羽住英一郎さんです。

第7話も、緊迫感の続く展開になっていて面白かったです。

久しぶりの鳴宮巡査と大杉警部補の場面も、少しだったのですが、明るい雰囲気で良かったです。

倉木さんと宏美さんがお互いに「空っぽ」であることを話し合う場面も良かったです。宏美さんが倉木さんをあまり警戒していない感じが少し不思議にも思えたのですが、あるいは警戒感を見せないようにしていたのかもしれません。

ただ、これはこのドラマに限ったことではないのですが、事件に関する重要な話を周囲に複数のお客さんのいる場所で刑事さんたちが話している場面を見ていると、現実的には危険なことなのではないかなと、いつも少し気になってしまいます。例えば今回のドラマでは、フォークをテーブルに突き刺したりする宏美さんに店員さんが驚くような描写がありましたが、実際の普通のレストランなどでも、他のお客さんや店員さんたちの会話は、意外と聞こえてくるもののような気がします。

明星さんの気付かなかった「謎の女」の正体も判明し、事件の直前に筧さんが千尋さんたちのほうに走っていた理由も何となく分かりました。千尋さんたちに近寄っていたホームレス風の人も、本当は何か関係のある人なのでしょうか。次回も楽しみにしたいと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム