「変身」第1話

一昨日の日曜日の夜の10時に放送されていたWOWOWプライムの「連続ドラマW」の新ドラマ「変身」の第1話を見ました。

原作は、私は未読なのですが、東野圭吾さんの小説『変身』です。

産業機器の工場に勤務し、画家になる夢を持っている成瀬純一(神木隆之介さん)には家族がなく、画材店に勤めている葉村恵(二階堂ふみさん)と知り合い、一緒に暮らしていたようなのですが、仕事終わりの2013年のクリスマス・イヴの夜、恵さんにプレゼントする指輪を受け取りに行った成瀬さんは、宝石店で強盗の青年に拳銃で右側頭部を撃たれ、重傷を負って運び込まれた大学病院で脳外科医の堂元博(伊武雅刀さん)による世界初の生体間脳移植手術を受けて一命を取り留めていました。

恵さんは、手術後50日を過ぎても面会を許されない状況を不審に思い、鍵のかかっていなかった「関係者以外立ち入り禁止」のドアを開けて進み、密かに入った堂元教授の部屋で、堂元教授が「世界初の生体間脳移植」だということを公表しようとしている話を聞くのですが、後に成瀬さんの手術の記者会見を行った堂元教授が「生体間脳移植」を公表しなかったことを不審に思い初めていました。

自分の絵のタッチが変わったと悩んでいた成瀬さんは、自宅に戻ると、密かに恵さんの「そばかす」を気にし出していました。恵さんも、成瀬さんの変化を察したようでした。

一方、事件の聴取のために隔離病棟の成瀬さんに会いに来ていた築地中央警察署刑事課の刑事の倉田謙三(村上淳さん)は、成瀬さんに訊かれて、強盗の犯人で事件直後にビルの屋上で盗んだお金を撒いた後こめかみを撃って自殺をしたとされていた京極瞬介(渡部豪太さん)が実は胸を撃っていて、しかも即死ではなく、重傷の状態で成瀬さんと同じ病院へ運び込まれていたということを訊き、その裏事情を探ろうとしていました。

脚本は吉田紀子さん、監督は永田琴さんでした。

WOWOWのドラマということもあって、映像はとてもきれいでした。神木隆之介さんの成瀬さんの意識下が光と水に漂う様子で表現されていたのも良かったように思います。

神木隆之介さん主演という理由で見てみることにしたドラマだったのですが、面白そうかもしれないなと思いました。

伊武雅刀さんの演じる堂元教授が、優しいような野心家のような、穏やかのような威圧的のような、少し不気味な雰囲気でした。

このドラマの主人公は、成瀬さんと、二階堂ふみさんの恵さん(何となく宮崎あおいさんに似ているような気がします)の二人なのでしょうか。

成瀬さんに移植された脳は、犯人の京極さんの脳なのかもしれないのですが、それが「生体間移植」であるということは、京極さんは(脳死の場合以上に)医師によって「殺された」ということになるのかもしれません。

臓器移植を受けた人がその臓器の元の持ち主のような人格に変化していくというような話そのものは、あまり珍しいものではないようにも思うのですが、そのような部分よりも、例えば恵さんが人格を変えていく成瀬さんへの愛情を貫くというような部分が軸になっている話なのかもしれないなとも思いました。

私の家のテレビでは残念ながら無料放送の第1話しか見ることができないのですが、良い作りのドラマになっているような印象でした。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム