「おわこんTV」第6回

NHKのBSプレミアムのプレミアムよるドラマ「おわこんTV」の第6回「どうしてテレビを見なくなったんですか?」を見ました。

第6回は、バラエティー番組の総合演出を手掛けるディレクターの高橋隼(戸次重幸さん)がフリーになった後、一ディレクターから昇格した新しい総合演出の山田さんの下でディレクターを務めることになり、深夜の5分半の番組の「ノルマ」のために一週間一度も家に帰ることができないような忙しい毎日を送っていた新人の元バラエティーADの塚本順(遠藤雄弥さん)が、山田さんのいるプレビュー(試写)の場に行かずに失踪してしまったことをきっかけに、中央テレビの編成の広瀬弘介(金剛地武志さん)と、高橋さんを含む「チョコレートTV」のみんなが、つまらないものを作るくらいなら死ねと言われるほど命がけで番組を作ったり、視聴率を気にしたりするのはどうしてなのか、それは良いことなのか悪いことなのかを話し合い、テレビを見なくなったと言われている人たちにテレビを見てもらうためにはどうすればいいのかを探っていかなくてはいけないということを改めて決意する、というような話でした。

脚本と演出は松木創さんでした。

今回も面白かったです。ホラー風だったり、コント風だったり、みんなで話し合うまでの場面が、シリアスというか、説明的になり過ぎない作りになっていたように思います。

塚本さんの「死ね死ねリスト」のノートを見た社長の荒巻源次郎(千葉真一さん)と高橋さんは、ADにはよくあることだと笑っていたのですが、実際にもよくあるものなのでしょうか。基本的には良くないものなのでしょうけれど、でも、何だか面白かったです。

荒巻社長が話し合っているみんなに自分の意見を言おうとしていた時、失踪していた塚本さんが無事に戻って来ていました。中央テレビの広瀬さんも喜んでいて、テレビの放送に耐えられる本物の酔っぱらいの人を町中で探す代わりに役者を立てるのではないかという「やらせ疑惑」についても、塚本さんはそんな度胸はないとみんなに笑っていたので、ドラマを見ていた私も少しほっとしたのですが、再び元気に仕事に向かった塚本さんが「チョコレートTV」のビルを出たドアの前でふと音が止まって静かになっていたのは、一体どういう意味だったのでしょうか。

そのまま何か神妙な表情で道を渡る塚本さんの場面で終わっていたのですが、私にはよく分からなかったので、少し気になりました。

視聴率に関しては、ADの篠田岬(福田沙紀さん)や木下正治(冨浦智嗣さん)は、視聴率ばかり気にしているからテレビはつまらなくなっているのではないかという意見だったのですが、ドラマプリデューサーの皆本加奈子(片瀬那奈さん)は視聴率を気にするのはスポンサーから入るお金のためだと言っていました。

確かに最近の若い人はテレビを見なくなったと言われているのを私も聞くことはあるのですが、でも、どのくらいの量(あるいは時間)を見るのを基準に、最近の人は見なくなったと判断しているのかが不明のような気もします。

数十年前の?昔の人は、そんなに毎日何時間もテレビを見ていたのでしょうか。ある番組の視聴率が高かったのは、その番組の人気が高かったというだけではなく、番組の数が少なかったからとか、何となく点けていただけとか、家にいる場合の娯楽が少なかったからとか、いろいろな理由があるのではないのでしょうか。

私は、どちらかというとテレビを見るのを好きなほうなのですが、それでも見たいものをいくつか見るというくらいです。何時間も見続けることはできないですし、何かの臨時速報があるかもしれないという理由でとりあえず点けておく場合もありますし、テレビの近くにいてもずっと消しておく時もあります。そのため、一視聴者の私は、視聴率を気にしながら見ることはないのですが、例えば「ランキング」形式で公表されているのを見ると、面白いなと思います。それでも、その一覧表を見て、視聴率が高いなら今度見てみようかな、という風には、私の場合は意外とならないような気もします。

最近のテレビ番組が総じて「つまらない」ということも、私にはそれが本当のことなのかどうか、よく分かりません。それは、昔は良かった、というような、例えば「Always 三丁目の夕日」の映画のような、懐古趣味の考えなのではないかなと思うこともあります。確かにバラエティ番組やドラマは過激なもの?が減って少し地味になっていたり、夕方やゴールデンタイムの子供向けのアニメ番組がなくなっていたりするのかもしれないのですが、今は今で、この時代に合った良い番組は作られていると思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム