「平成舞祭組男」第1話

日本テレビの深夜に放送が始まったドラマ「平成舞祭組男(へいせいぶさいくサラリーマン)」の第1話を見ました。

テレビ朝日の「濱キス」という番組を見て、私はKis-My-Ft2のメンバーの方のことを少し分かるようになったのだと思うのですが、その後フジテレビで始まった「キスマイBUSAIKU!?」も(最初は「格付け」をする感じが心配に思えていたのですが)面白いですし、この秋から始まったテレビ朝日のオフィスラーニングバラエティの「OLくらぶ」も楽しく思えています(千賀健永さんの千賀健子のコーナーも面白いです)。

そのため、「キスマイBUSAIKU!?」でSMAPの中居正広さんがプロデュースしている「舞祭組」の4人が主演のドラマが日本テレビで放送されると知って、何だか面白そうだなと、私も見るのを楽しみにしていました。

ドラマは、「パクパク製菓」というお菓子会社の西東京支社の営業企画二課に勤務する、不器用で、ピュアなハートを持っているということ以外は全て負けているという、横尾渉さん、二階堂高嗣さん、千賀健永さん、宮田俊哉さんの4人(名前はそのままでした)のサラリーマンたちの成長するような成長しないような日々を描く物語のようでした。

その他の主な登場人物は、営業企画部の課長の芹沢公彦(野間口徹さん)、営業企画部の部長の伊丹秀夫(志賀廣太郎さん)、4人のマドンナ的な存在の総務部の湊里香(南沢奈央さん)、本社から赴任してきた新しいチームリーダーで、仕事のできない4人を厳しく指導する南条愛(マイコさん)でした。マイコさんが出演しているのは「マイコ」つながりなのかなと思ったのですが、ドラマではちゃんと役名がありました。

キスマイの前の3人の北山宏光さんと藤ヶ谷太輔さんと玉森裕太さんは、パクパク製菓のCMタレントとして劇中のテレビの中に出演していました。

脚本は山浦雅大さんと東京03、脚本協力は本田誠人さん、演出は栗原甚さんでした。

オープニングに流れていた主題歌は、中居さんが作詞作曲をした舞祭組の2枚目のシングル「てぃーてぃーてぃーてれって てれてぃてぃてぃ ~だれのケツ」でした。

深夜の放送なので、私は録画をしておいたものを見たのですが、少なくとも第1話は、ドラマを見る前に思っていたよりも、意外とバラエティ要素が少ないというか、普通の真面目なサラリーマンドラマだったようにも思えました。突然ウルフルズの「ガッツだぜ!」や鬼塚ちひろさんの「月光」の歌に合わせて踊り出していたところには少し驚いたのですが、無言で踊っていたので、「ミュージカル」ではありませんでした。

毎回の感想を書くことはできないかもしれないのですが、物語自体がすごく面白いというわけではなかったとしても、決して悪いというほどではないのですし、見ていくうちにはもっと面白く思えるようになっていくかもしれないので、もう少し見てみようかなと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム