「素敵な選TAXI」第3話

フジテレビのドラマ「素敵な選TAXI」の第3話を見ました。

第3話は、「素敵な夫婦アワード」を受賞したIT会社社長の野々山(中村俊介さん)と密かに不倫の関係を続けていた社長秘書の麻里奈(木村文乃さん)が、その授賞式の直後、奥さんと別れて私と結婚して、と社長に切り出して喧嘩になってしまったことを後悔し、偶然乗り込んだ選タクシーの運転手の枝分(竹野内豊さん)に頼んで過去に戻り、社長と結婚するためにいろいろ画策する話でした。

選択肢Aで最初の失敗をした麻里奈さんは、6万円を支払って時間を遡った選択肢Bでは喧嘩を回避するのですが、「妊娠」という切り札を言い出すことができないまま、「元彼」の記者の柴田省吾(窪塚俊介さん)に不倫のスクープ写真を見せられて、不倫はいけないと怒られて喧嘩になってしまい、写真を取り返そうとした社長が階段から転落し、頭から血を流して意識を失ってしまいました。

社長が死んでしまったと、枝分さんに頼んで再び時間を遡った麻里奈さんは、選択肢Cでは、授賞式の直前にロビーで男性と楽しそうに話していた社長の妻でモデルの明歩(笛木優子さん)に、隠さずに社長を話し合ったほうがいいと促すのですが、その結果、明歩さんが思い切って社長に伝えたことは、夫に心配をかけないようにと密かに行っていた不妊治療が成功したということでした。

嬉しそうな明歩さんと社長の様子を見ていた麻里奈さんは、社長のことを諦めて、「自分勝手で悪いんだけど別れてくれない?」と自ら切り出し、社長の元を去っていました。

麻里奈さんは、それから枝分さんのタクシーで海へ向かったのですが、そこで「妊娠」が実は嘘だったということを枝分さんに打ち明けていて、驚く枝分さんとお互いに「酷い」と言い合っていたのが、何だかとても楽しそうでした。

脚本はバカリズムさん、演出は筧昌也さんでした。

まだ第3話までしか放送されていないのですが、いつも終わり方が良いように思います。「ベタ」な展開の部分もあり、途中には私には少し長く思えてしまうようなところもあるのですが、乗客と枝分さんの最後の場面がすっきりとしているので、(決して最後以外が楽しくないというわけではないのですが)「終わり良ければ全て良し」という言葉の感じで、全体が楽しいドラマだったように思えてきます。

今回の最後は、枝分さんがカフェ「choice」の店主の迫田宏演(バカリズムさん)や宇佐見夏希(南沢奈央さん)にサプライズで誕生日のお祝いをされ、「枝さん」と書かれたチョコレートのプレートの載ったケーキをプレゼントされる場面だったのですが、枝分さんの誕生日は本当は先月だったのだそうです。その場の空気に飲まれて本当のことを言い出せない枝分さんの感じも、このような人は実際にもいるのだろうなと、面白く思いました。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム