「信長協奏曲」第4話

フジテレビの「月9」枠のドラマ「信長協奏曲(コンツェルト)」の第4話を見ました。

第4話は、織田信長(小栗旬さん)に復讐をするべくその信頼を得るために木下藤吉郎(山田孝之さん)が提案した「一夜城」の計画を斎藤龍興(間宮祥太郎さん)の命令によって台無しにしようとしていた、斎藤家の間者だった軍師の竹中半兵衛(藤木直人さん)が、半兵衛の恩人でもあった「美濃のマムシ」の斎藤道山(西田敏行さん)や自分と同じように、戦のない平和な世が来ることを織田信長が信じて目指していることを知って改心し、斎藤家を裏切る決意をした後に斎藤家の家臣たちに捕まって処刑されそうになっていたところを信長たちに救われて、信長の仲間になるという話でした。

脚本は宇山圭佑さん、脚本協力は岡田道尚さん、演出は林徹さんでした。

例えば大河ドラマのような時代劇では、軍師の竹中半兵衛は、木下藤吉郎(豊臣秀吉)に説得されて仲間になるという風に描かれることが多いように思うので、半兵衛が斎藤家の間者として自ら信長に近付いて来たのには、私には少し違和感があったのですが、サブローの信長が牢に入れた半兵衛にルービックキューブを渡していたのは、半兵衛を演じている藤木直人さんがルービックキューブを得意だからだったのかなと、少し面白く思いました。それとも、これは原作の漫画作品の通りだったのでしょうか。

最後、木下藤吉郎が「一夜城」の功績によって信長に引き立てられて織田家の正式な家臣になったり、明智光秀になった本当の織田信長がサブローの前に現れたりしていたのですが、今回は新しく、松平元康の名を改めた徳川家康(濱田岳さん)や、庶民的な雰囲気のある信長の妹の市(水原希子さん)や、信長を裏切りかけた家臣の森可成(森下能幸さん)に頼まれて一夜城造りに協力した野武士として蜂須賀小六が登場していました。

あと、なぜか帰蝶(柴咲コウさん)の侍女(お世話係)のゆき(夏帆さん)が、サブローの「日本史B」の教科書をどこかの壁の裏に隠していました。教科書の存在や役割を知っているということなら、ゆきさんも未来人ということなのでしょうか。それとも、また戦国武将の誰かの間者とか、そのような人物ということなのでしょうか。

今のところ私はこのドラマを毎週見ているのですが、まだいまいち、現代の高校生のサブローが戦国時代にタイムスリップして織田信長になるというこの物語の面白さをよく分からずにいます。

私としては、何というか、タイムスリップをした先の歴史的世界や歴史上の人物がちゃんと史実に沿って、実像に迫って作られているからこそ、タイムスリップの要素のあるドラマとして、現代人が過去の時代に迷い込んだという感じが出て、そこで描かれる歴史の運命に翻弄される様子などに感動する作品になるように思うのです。

この「信長協奏曲」を好きな方もたくさんいると思いますし、あまり比較をしてはいけないのかもしれないのですが、このドラマを見ていると、改めて、TBSの日曜劇場のドラマだった「JIN -仁-」は本当によくできた面白い作品だったのだなと思います(とても好きで見ていました)。

それでも、「信長協奏曲」も決して面白くないというわけではないので、次回も見る予定です。ドラマの中のサブローがタイムスリップした世界は、やはりパラレルワールドの、歴史上の戦国時代とは少し異なる戦国時代の世界なのかもしれないですし、戦の世にも慣れた、人に対して全く垣根のない社交的で穏やかで軽い性格の新しいサブローの織田信長も、これはこれで良いのだと思います。単純に、作風に対する好みとか、馴染み方などの問題なのだろうと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム