「信長協奏曲」第6話

フジテレビの「月9」ドラマ「信長協奏曲(コンツェルト)」の第6話を見ました。

第6話は、京に上るため、元織田信長の明智光秀(小栗旬さん)に提案で足利義昭(堀部圭亮さん)が征夷大将軍を拝命することに協力したものの、自分が天下統一をすると副将軍の話を断って足利義昭の怒りを買ったサブローの織田信長(小栗旬さん)が、「日本史B」の教科書を盗んだ間者のゆき(夏帆さん)の主だった朝倉義景(小市慢太郎さん)と、妹の市(水原希子さん)の夫で友人の浅井長政(高橋一生さん)とその父親で織田家を全く信用しない浅井久政(村井國夫さん)の裏切りに遭い、「袋の鼠」になりかける話でした。

脚本は宇山圭佑さん、脚本協力は岡田道尚さん、演出は松山博昭さんでした。

「袋の鼠」に気付いたのは池田恒興(向井理さん)で、その池田恒興に説得されて信長が逃げることになり、しんがりは木下藤吉郎(山田孝之さん)が務めることに決定した辺りで第6話は終わり、姉川の戦いに至る物語?は、次回へ続くようでした。

もしかしたら私が見逃してしまっただけなのかもしれないのですが、足利義昭が怒っていることを伝えに来た、背中に派手な刺青を入れていた松永弾正久秀(古田新太さん)に会ったサブローの信長が、松永久秀のことを知っていたり、松永さんが2005年から来た未来人だったことなどをすぐにサブローの信長に話していたのは、どうしてだったのでしょうか。その経緯がよく分かりませんでした。

このドラマでは、織田家が周辺の武将たちから嫌われている?原因というか、親の代や過去の信長の行いがまだほとんど描かれていないので、織田家の「敵」となる武将たちが単なる悪者の感じに描かれてしまっているのが(NHKの大河ドラマなどでもそうかもしれないのですが)、そのほうが分かりやすいということであったとしても、少し残念のような気もします。

朝倉義景が「日本史B」を使い方が分からないからと一度ゆきさんに返していたのも、漢字やひらがなで書かれている本を読むことはできるはずですし、少し不思議な感じがしました。

また、歴史の教科書に載るような織田信長の行動の裏には、要所で元信長(今の明智光秀)の行動があって、歴史の通りになるように?軌道修正されているという風にこの物語では描かれているのですが、ただ、どうして織田信長が突然「明智光秀」を名乗ることができるのかということも、私にはよく分からないままです。(タイムスリップした過去の戦国時代の世界というよりは、現代の高校生のサブローの夢のような)このドラマの物語の世界の明智家の人たちは、明智光秀を名乗っている人物がいることを知っているのでしょうか。それとも、明智家は存在していないことになっているのでしょうか。

ところで、録画をしておいた先週の第5話も一応見たのですが、信長の妹の市が浅井長政の妻になるまでの話だった第5話は、もしかしたら「月9」らしい作風だったということでもあるのかもしれないのですが、描かれる「恋愛」の感じが、何というか、例えばクレヨンしんちゃんの映画「アッパレ!戦国大合戦」や「BALLAD 名もなき恋のうた」のような雰囲気というか、戦国時代に現代の感覚を浅く盛り込んでいるような印象で、(そのような作品を好きな方もたくさんいるとは思うのですが)私には少し苦手に思えてしまいました。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム