「素敵な選TAXI」第6話

フジテレビのドラマ「素敵な選TAXI」の第6話を見ました。

第6話は、人気漫画『おひとよしトレジャー』の編集者の柴山美空(栗山千明さん)が、最後の一コマを描けずに「休載」を3週も続けている漫画家の虫海暗(三宅弘城さん)に原稿を書き上げてもらうために、また、同時刻に恋人の浮気を苦にして自殺未遂を図った友人の佐山佑香(臼田あさ美さん)を救うために、『おひトレ』ファンの枝分(竹野内豊さん)の運転する選タクシーで過去に戻りながら奔走する話でした。

脚本はバカリズムさんとオークラさん、演出は筧昌也さんでした。

選タクシーのタイムマシン機能が、これまでよりも活かされていた回だったように思います。

美空さんが過去に戻って変えた人の現状を「キープ」するためには一緒に選タクシーに乗ればいいということを枝分さんが提案したことで、選択肢Dまで、選択肢が増えていく度に、漫画の主人公の5人のように、美空さんの仲間が増えていく感じも、良かったです。

冒頭のカフェ「choice」の常連客の標道雄(升毅さん)の詐欺被害と、美空さんの友人の恋人の浮気と、虫海さんが貢いでいた件が一人の恭香さん?という女性でつながり、虫海さんの『おひとよしトレジャー』の漫画の中の強敵の魔女を倒す場面のように、美空さんと佑香さんと虫海さんと標さんと枝分さんの5人が恭香さんを捕まえに行っていました。その女性が第5話の看護師(浅見れいなさん)だったところも、面白く思いました。

タイムスリップする時のゴーグルや、携帯電話の画面を覗き込む様子や、漫画のコマのような演出や、漫画の魔女の絵と恭香さんの待つレストランの天井の骸骨が重ねられていたところなど、何だかいろいろ凝っている感じがしました。「遊び心」というものなのかもしれません。いわゆる「ベタ」な「良い話」のように思える部分もありましたし、長いコント作品のようでもあったのですが、第6話も楽しく見ることができました。

私はもう何年も(新聞や雑誌の四コマ漫画のような漫画以外の)漫画作品を読んでいないですし、新しい連続のアニメ作品もほとんど見ていないので、「クールジャパン」とかのキャッチフレーズで国が日本の漫画を世界に推奨(斡旋?)している現代では、漫画やアニメなどの日本の「サブカルチャー」を知らないということは日本文化を知らないということになってしまうのかなと、ドラマの枝分さんが宇佐見夏希(南沢奈央さん)に漫画を勧めている場面を見ていて少し心配に思ったのですが、文化の押し売り?のような気もして、何か少し奇妙のように思えます。

ところで、これはこのドラマとは関係のないことなのですが、昨夜は、サッカーのキリンチャレンジカップ2014の日本代表とオーストラリア代表の試合のため、フジテレビの夜の9時以降のドラマは30分遅れて放送されていて、この「素敵な選TAXI」の第6話を見た後、チャンネルを何気なくTBSの「NEWS23」に変えたところ、昨夜の7時頃に衆議院の解散を表明した安倍総理大臣がその報道番組に生出演していました。

どうして今解散をするのかというテーマで話をしていたのですが、その中で「アベノミクス」は成功か失敗かの話題になり、番組スタッフの方が東京の街頭でインタビューを行ったと思われる、10人ほどの方々に今の景気について尋ねている映像を見終わった安倍総理が、インタビューに応じた一般の方々の意見(景気が良くなっているとは思えないという意見が多かったのですが、それに偏っているというほどではありませんでした)を、「編集」されているのかもしれないと鼻で笑って、「アベノミクス」によっていかに景気が回復したかはすでに証明されているという風に、GDPや貿易黒字のパーセンテージや、雇用者の数が増えたことや賃金が上がったことなど「数字」の話に終始しているのを見て、一市民の私は、不快にも思えましたし、少しぞっとしました。

議員定数の削減などの野田元総理との約束を守らなかったことを指摘されると、安倍首相は、自分一人の思いでは無理だというようなことを言って、小さな問題であるかのように変えて終わらせていました。野党が今回の選挙に反対していることについては、民主党政権時の自民党と比較して、政権を取りたくないのかと思えておかしいという風に反論していました。ただ、番組の時間がなくなってしまったため、例えば集団的自衛権のことや武器輸出のことや沖縄の基地の問題のことや特定秘密保護法のことなどの質問は、途中で終わっていました。

小笠原諸島周辺の珊瑚の密猟を取り締まることもしなかった政府が(舛添東京都知事の影も薄いように思えます)、任期を延ばすための延命として行う、税金の無駄遣いの解散総選挙なのだろうなという風に改めて思えてしまい、今の政府をまた少し残念に思いました。以前報道番組か何かで誰かが、今は「政治屋」しかいない、と選挙のことばかりの政治の世界に「政治家」の不在を嘆いていたのですが、本当にそうなのかもしれないなということも改めて思いました。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム