「ベストアーティスト2014」

昨夜、私は「日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2014」を見ていました。毎年恒例の年末の生放送の音楽番組の一つで、見ていたというよりは、テレビを点けて音楽を流していたというのに近いのですが、歌番組は何かをしながら見ることができるので助かります。

番組の総合司会は櫻井翔さん、司会は羽鳥慎一さん、進行は日本テレビアナウンサーの徳島えりかさんでナビゲーターは桝太一さんでした。

主にジャニーズの方の出演機会が多い歌番組だと思うのですが、昨夜の生放送では、「一緒にLIVEを作ろう みんなで選ぶ嵐スペシャルメドレー」という視聴者からの投票企画があって、それは、「COOLメドレー」と「HOTメドレー」のどちらかを投票数が多かったほうが「A・RA・SHI」の後に披露されるというものでした。

そして、Mr.Childrenの「足音~Be Strong」の後に登場した、黒を基調にそれぞれのカラーのラインの入った衣装を身に着けた嵐の5人が「A・RA・SHI」を歌っている間に投票が進み、その結果、「COOLメドレー」は628.871票、「HOTメドレー」は836.365票になり、選ばれたのは「Troblemaker」と「GUTS!」の「HOTメドレー」でした。嵐は黒い衣装の上に赤色のチェック柄のかわいいジャケットを着て、メドレーを披露していました。

私は、どちらかというと、「truth」と「誰も知らない」の「COOLメドレー」を聞きたく思っていました。嵐のメンバーも、大野智さんの誕生日ということもあって、ダンスナンバーの「COOLメドレー」が選ばれるのではないかと思っていたそうです。でも、「GUTS!」は二宮和成さん主演のドラマ「弱くても勝てます」の主題歌でしたし、「日テレ系」という点では番組のテーマに合っているのかもしれないなと思いました。「Troublemaker」が流れてくると、やはり明るい曲なので「音楽の祭典」らしい感じがしましたし、「GUTS!」の時の銀色の紙が会場のお客さんの上に舞ってキラキラとしていたのが華やかでしたし、良かったです。

20周年のTOKIOの「花唄」も、とても良かったです。昨日は空気が冷たかったので、「花唄」を聞いて少し暖かくなったような気がしました。ピンク色の花吹雪が待っていたのも、楽しそうでした。タッキー&翼は、今井翼さんが入院中なので、滝沢秀明さんと他のグループのメンバー(NEWSの増田さん、KAT-TUNの亀梨さん、関ジャニ∞の横山さん、嵐の相葉さん)とで「夢物語」を披露していました。

あと、槇原敬之さんの「Fall」も良かったです。私はこの歌が主題歌になっている日本テレビのドラマは第1話しか見ていないのですが、その第1話を見てみようと思ったのは、主題歌が槇原さんの歌だと知ったからでもありました。昨日の歌番組で聞くまで私はこの歌をちゃんと聞いたことがなかったのですが、槇原さんの新しい歌としては、恋愛?をテーマにしたアップテンポの曲というのが何か久しぶりのようにも思えて、少し嬉しく思いました。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム