「トーキョーライブ22時」の第11回

昨夜の9時から、私はTBSの日曜劇場の「流星ワゴン」の初回を見ていたのですが、途中の9時54分からは、テレビ東京の「トーキョーライブ22時~ニチヨルまったり生放送中~」を見ることにしました。「第11回」で合っているでしょうか。嵐の相葉雅紀さんのMCの、新年最初の「トーキョーライブ22時」です。

冒頭では、等身大の大きめのナナナ(声は博多大吉さんです。通常の赤いギンガムチェックの服を着たナナナでした)と相葉さんはテレビ東京の前に立っていたのですが、温度計によるとその時の外の気温は3℃だったようで、とても寒そうでした。二人の後ろには1から100までの数字が書かれた大きなパネルがあって、「NGナシよ!10アンサーライブ」という新企画が始まっていました。視聴者から寄せられた質問の中から10個を選んでそれに素早く答えるというものでした。

そのコーナーが終わると、相葉さんはテレビ東京の建物の中に入り、「本日のラインナップ」で伝えられていた通りに、「そんなジャンルに高級品!?さわって当てろHow much」という次の新企画を始めていました。その新企画はいつもの部屋ではなく、別のセットを使っていたのですが、「十二単」という十二枚を並べると虹色のようになるティッシュペーパーや、一年間に50枚しか作ることができないという貴重な毛布や、プラチナが使われている円盤型の消しゴムなどが値段を当てるクイズの品として紹介されていて、何というか、「通販番組」のようにも思えました。

その次は、新企画というわけではなかったと思うのですが、料理紹介コーナーでした。昨年までは、一応「お悩み解決!トーヒョーライブ」の「大解決」の「ごほうび」として作られていたように思うのですが、少なくとも今回は、単独のコーナーになっていました。

紹介されていたお料理は、会員制?の餃子屋さんの、熊本県の天草の食材がたくさん使われているらしい餃子のフルコースでした。中くらいの大きさのナナナを肩から落としそうになりながら相葉さんが食べていたできたての餃子は確かにおいしそうではあったのですが、約1時間の放送の中にいろいろあって、忙しそうでもありました。

そして、その次の最後のコーナーが「トーヒョーライブ」でした。「トーキョーライブ24時」の時にはメインだったお悩み相談企画が、ついに「おまけ」のようになってしまっていました。そして、「大解決」の「ごほうび」というわけではなく、その後には、餃子屋さんが相葉さんをイメージしたという、バジルの葉の乗ったピザのような外観のできたての餃子をMCの相葉さんが食べるというところで終わっていました。

決して面白くないということではないのですが、最初の「トーキョーライブ24時」を好きで「トーキョーライブ22時」を見始めた私には、昨年末の番組の構成がもう少し、あまり良くないほうへ進んでいるという印象でもありました。

放送時間に番組を見ていて特に「生放送」らしく思えたのは、冒頭の外の場面くらいでした。

生放送らしさが少なくなっているように思えてしまうということもそうなのですが、視聴者と電話でつながるラジオのような当初のお悩み相談番組の部分が減って、通販番組や情報バラエティ番組?のようになってしまっているのは、私としては、やはり少しもったいないように思えます。

いろいろな企画が詰め込まれて、最初の頃のいわゆる「まったり」や「ゆるい」というようなほのぼのとした感じが少なくなっているようなところも、私には少し惜しいような気がします。

それでも、企画や構成などが頻繁に変わっていく番組のようですし、毎回の感想を書くことはできないかもしれないのですが、これからの「トーキョーライブ22時」の放送も楽しみにしていようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム