「相棒season13」第13話

テレビ朝日の「相棒season13」の第13話「人生最良の日」を見ました。

茨城県のガソリンスタンドに隣接する家で経営者の男性が開いている金庫の横に倒れて死亡しているのが見つかったある日、都内のコーヒー店で「危険ドラッグ」の摘発の捜査に協力していた警視庁特命係の杉下右京(水谷豊さん)と甲斐享(成宮寛貴さん)は、アイスコーヒーを注文した茨城県の訛り?のある爪の先の黒い女性・山田淑子(床嶋佳子さん)の抱えていたエコバッグの中に札束が無造作に入れられているのと、警察用語に気付いて慌ててその場を後にした挙動不審な動きを見て、その女性を尾行することにしていました。

一方、都内のホテルでは覚醒剤の密売をしているらしい女性が死亡しているのが見つかり、捜査一課の刑事の伊丹憲一(川原和久さん)と芹沢慶二(山中崇史さん)は、女性を残してその場から姿を消した、遺棄致死の疑いがあるミュージシャンの四宮裕二(湯江健幸さん)の行方を追っていました。

山田淑子さんを追う右京さんと享さん、二人に協力する鑑識員の米沢守(六角精児さん)、かつてヒット曲を出したことがあるミュージシャンの四宮裕二を追う捜査一課の伊丹さんと芹沢さん、麻薬の密売を行っている暴力団を追う組織犯罪対策五課の角田課長(山西惇さん)、大木長十郎(志水正義さん)と小松真琴(久保田龍吉さん)、淑子さんから四宮裕二のライブのチケットを一枚譲られた「花の里」の二代目女将の月本幸子(鈴木杏樹さん)は、その後、その四宮さんの「Best Day of My Life」というライブを行う予定のライブハウスの前で合流し、二人で会場から出て来た、一部お互いの利害が一致していた様子の淑子さんと四宮裕二の粗い逃亡の計画を阻止するのでした。

今回の脚本は、山本むつみさんでした。監督は橋本一さんでした。

いろいろ盛り沢山ということだったのかもしれないのですが、何というか、私には少しがちゃがちゃとした話だったようにも思えてしまいました。

特命係の右京さんと享さん、米沢さん、伊丹さん、芹沢さん、角田課長、大木さん、小松さん、そして幸子さんまでもが集結し、全員集合の感じがあったのですが、それが物語の筋の上で必要な展開だったというよりは、私には、全員集合のために物語の筋があったというような印象でした。

四宮さんに取り損ねた薬物のお金を支払わせようとしていたヤクザの二人がコメディー風に描かれていたので、その部分が重くならずに済んでいたのだとも思うのですが、その代わりにというか、茨城県の郊外に暮らしていた淑子さんの身の上話の件は、急に社会問題的な要素が含まれた重いものになっていました。

地元のたいやき屋「花の里」に通っていたという、高校時代の淑子さんと友人の思い出からつながった、二人がファンだったいわゆる「一発屋」のミュージシャンの四宮さんと関わることになった今回の事件を、淑子さんが四宮さんのヒット曲になぞらえて「人生最良の日」だと右京さんたちに答えたのも、私には少し無理矢理の感じがしてしまったのですが、さらに最後、海のほうから数発の打ち上げ花火が上がっていたのにも、少し驚きました。

どうして突然花火が上がったのか(もしかしたら私が聞き逃してしまった部分があるのかもしれないのですが)、よく分かりませんでした。何かのイベントの花火が、「人生最良の日」を迎えることができた淑子さんを祝福するように、その時偶然上がったという意味だったのでしょうか。決して面白くないというのではないのですが、私には何か少し奇妙にも思えてしまいました。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム