「○○妻」第3話

日本テレビの水曜ドラマ「○○妻」の第3話を見ました。

第3話は、どうしても結婚をしてくれない契約妻のひかり(柴崎コウさん)の気持ちを理解できずに戸惑い頭を抱える人気報道番組「NEWS LIFE」のキャスターの久保田正純(東山紀之さん)が、その苛立ちをひかりさんにぶつけ始め、実は母親の仁美(岩本多代さん)や姉の河西美登利(渡辺真起子さん)や久保田実結(奥貫薫さん)に対して過去にDV(ドメスティックバイオレンス)を繰り返していた人だった父親の作太郎(平泉成さん)と同じように、妻のひかりさんに手を上げようとした自分に嫌気が差して自暴自棄のようになる中、ひかりさんの力で何とか生放送のニュース番組のDVの特集で自分の意見を思い切り出して伝えることに成功するものの、完璧な妻のひかりさんのプレッシャーに耐え切れず、酔って若い新人アシスタントの風谷愛(蓮佛美沙子さん)の部屋に転がり込んでしまう、という話でした。

脚本は遊川和彦さん、演出は猪股隆一さんでした。

第3話も面白かったのですが、今回は、契約妻のひかりさんの謎よりも、好きなひかりさんのことを理解できず、愛されているという実感を持つこともできず、ひかりさんを信頼できなくなりかけてわがままな言動でひかりさんを困らせる正純さんのダメな夫(契約夫?)振りが際立っていたように思います。

何かずっと寂しそうだった正純さんの母親が、実は夫からのDVに苦しんでいたという展開にも少し驚いたのですが、ひかりさんの母の井納千春(黒木瞳さん)の生き方や、それに苦しんできたというひかりさんとひかりさんの父親の話、子供が親から虐待を受ける話の件も含めて、「結婚」や、その結果作られる「家族」の、実際にもある側面を伝えるものだったのかもしれないなと思いました。

ひかりさんのことで情緒不安定になっている正純さんをそれでも「NEWS LIFE」のキャスターとして尊敬している板垣雅己(城田優さん)の場面も面白いですし、酔った時には語尾に「にゃん」を付けて話す正純さんのことを助け、正純さんの妻が「契約妻」であるという秘密を知ってしまった風谷さんと、風谷さんの香水に気付いたひかりさんの場面も、これから増えていくのかもしれないなと思いました。

記憶力も高かったひかりさんの謎が明らかにされていく過程は、少し引き伸ばされている感じでもありますし、物語そのものが面白いというのとは少し違うのですが、これからひかりさんはどうするのだろうと続きが気になって最後まで見ることができました。

予告によると、次回が何か少し怖い感じにも思えたのですが、純粋過ぎる人間は不幸というようなことをつぶやいていた、「結婚」にこだわる正純さんの暴走が物語の中心になるようなことにはならないといいなと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム