「ウロボロス~この愛こそ、正義。」第3話

TBSの金曜ドラマ「ウロボロス~この愛こそ、正義。」の第3話を見ました。

第3話の事件は、第1話や第2話の時とは異なり、児童養護施設「まほろば」の職員の柏葉結子(広末涼子さん)を撃ち殺した事件をもみ消した「金時計の男」につながっていくものでした。

ホームレスの男性が撲殺されるという事件が新宿で相次ぎ、刑事の日比野美月(上野樹里さん)の提案で単独捜査を行うことにした龍崎イクオ(生田斗真さん)は、浪人生に襲われそうになっているところを助けた4件目の男性がその最中に姿を消したこと、写真の中の1件目と2件目の被害者がシャツ一枚の姿で倒れていたことを、不審に思っていました。

一方、松江組の若頭の段野竜哉(小栗旬さん)は、闇医者の劉さん(山本學さん)から、20年前に来た、4人の日本人の一人の、背中に銃弾を受けた傷のある男が今は新宿でホームレスになっているらしいということを教えてもらっていました。

竜哉さんと話し合い、4件目の被害者になりかけていたホームレスの男性が背中に傷のある男だと考えたイクオさんは、その人を探し出して会いに行くのですが、その男性は、もう一人別の男性に命を狙われていました。流れ弾に当たって肩を負傷した刑事の美月さんによると、撃った男性は元刑事の九条隆明(北村有起哉さん)でした。

イクオさんは、繁華街のロッカーから拳銃とGPSの機械を持ち出していました。それから、ホームレスの湯浅さんを追って雑居ビルへ入った竜哉さんは、九条さんに腹部を撃たれながら、湯浅さんと共にビルの上のほうへ逃げていました。そして、部屋の奥へ行き、窓ガラスを背に立った竜哉さんは、竜哉さんがヤクザであることを知った九条さんに追い詰められていました。九条さんには、逆恨みをした暴力団の人に妻を殺された過去があり、その時一緒に撃たれた息子は今も意識不明で病院をたらい回しにされながら入院の状態にあるということでした。九条さんは、息子を助けるという交換条件で誰かの依頼を引き受けて、湯浅さんを殺すことに協力していたようでした。

九条さんは竜哉さんを撃とうとしたのですが、窓ガラスを背に立っていた竜哉さんが体をずらすと、そのすぐ後ろのビルにイクオさんが拳銃を構えて立っていて、窓のガラスを割って飛び込んできた銃弾に倒れていました。

足を引きずっている湯浅さんを追い詰めた竜哉さんとイクオさんは、20年前の事件のことをその場で尋ねて、湯浅さんが「結子先生」の事件のことを憶えていることを知ったのですが、その時、まだ生きていた九条さんに襲われそうになり、九条さんを倒そうとしている間に、また湯浅さんに逃げられてしまいました。

イクオさんは、お互いに銃口を向け合っていた九条さんが、別のビルの屋上にいた人物に撃たれて即死したのを見て、その場から消えていた湯浅さんの行方を追ったのですが、湯浅さんは雨の路上で血を流して倒れていました。逃げた湯浅さんは、通りかかった自転車の警官(モロ師岡さん)に3人のことを知らせようとして、口封じのために撃ち殺されてしまったのでした。

雨の中、胸部を撃たれて倒れている湯浅さんの遺体を見たイクオさんは、20年前の記憶を思い出していました。背中を撃たれていた男を撃ったのは、結子先生でした。

20年前の雨の夜、目を覚まして1階へ降りたイクオさんは、結子先生が棚の引き出しから拳銃を取り出すところを見ていました。引き出しの底にもう一つの底があり、そこに拳銃が入っていて、拳銃を取り出した結子先生は、代わりにそこに「ウロボロス」のシルバーのネックレスを収めていました。イクオさんがいることに気付いた結子先生は、「みんなにも伝えて、これから何があっても強く生きるって。約束だよ、イクオ」と伝え、拳銃を持って施設の庭へ飛び出して行きました。

イクオさんと竜哉さんは、倒れている湯浅さんの背中に古い傷があるのを確認し、事実を知る一人を失ったことを後悔している様子でした。

その後、湯浅さんが勤めていた会社が「まほろば」とつながっていたことなども分かったようだったのですが、新宿第二警察署の強行犯係だったイクオさんは、美月さんの父親で警視庁警務部の主席監察官の日比野圀彦(光石研さん)の指示で、警視庁捜査一課の11係への異動が決まっていました。

脚本は古家和尚さんで、演出は石井康晴さんでした。

銃声の響く場面が多かったような気もするのですが、物語はテンポ良く進んでいて、最後まで見ることができました。窓ガラスの前に立った竜哉さんの背後にイクオさんが重なるように隠れて拳銃を構えていた場面にも、はっとしました。

イクオさんと竜哉さんが20年前の結子先生の事件の真相を探ることが中心の物語のようなので、その他の、例えば美月さんや新宿第一警察署の刑事の蝶野真一(滝藤賢一さん)の場面などは、今はまだあまり関わりがあるようには見えないのですが、いつかはそのような登場人物も、中心の事件の問題に関わっていくのでしょうか。

あと、私としては、結子先生が拳銃を隠し持っていたということが分かったことで、結子先生が、私には結子先生には少し不釣合いのようにも見えた、「ウロボロス」のデザインのシルバーのネックレスを結子先生が持っていた理由が、少しだけ分かったような気もしました。分かったというか、もしかしたらその「ウロボロス」は結子先生の知り合いの形見なのかもしれないななどと、勝手にではあるのですが、少しイメージがつながったような気がしました。

次回から龍崎イクオさんは捜査一課の刑事になるようなので、新しい展開があるのかもしれないなと思います。刑事ドラマやミステリードラマとしては、私にはまだすごく面白いというのとは違うような気もするのですが、それでも、物語の続きは何となく気になります。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム