「学校のカイダン」第5話

日本テレビの土曜ドラマ「学校のカイダン」の第5話を見ました。

第5話は、文化祭実行委員になった生徒会長で2年1組の生徒の春菜ツバメ(広瀬すずさん)が、「マルシェレストラン」の計画を、リーダーの麻生南(石橋杏奈さん)の意向に沿って阻止しようとする「プラチナ8」の香田美森(通称・みもりん、杉咲花さん)と、みもりんの号令に従って文化祭の準備をボイコットしようとする「腑抜け」のクラスメイトたちを、謎のスピーチライターの青年・雫井彗(神木隆之介さん)の策略の下に反対に仲間外れにし、一人になっても準備を進める姿をその生徒たちに見せて、文化祭の前日に須堂夏樹(間宮祥太朗さん)の声を使って教室に呼び出したみもりん率いるクラスメイトたちにピンク色のメガホンを向け、誰かの号令に合わせて動くのではなく、自分の意志で動こう、同じ釜の飯を食おう、と訴えて、文化祭当日の朝、参加したいとそれぞれ野菜を持って戻ってきたクラスメイトたちと、ツバメに黒トリュフを渡し、本当は笑うのが苦手なのだとリーダーの南さんに指輪を返して「プラチナ8」を脱退したみもりんを迎え入れ、野菜のたくさん入ったクリームシチューを完成させた「マルシェレストラン」を無事に成功に導く、という話でした。

脚本は吉田智子さん、演出は南雲聖一さんでした。

今回はスピーチライターの彗さんが最初から最後まで原稿に書いた言葉でツバメさんが演説をしていたのですが、演説の様子も自然に見えて、良かったような気がします。

文化祭の準備に2年1組の生徒たちが参加しないのを教師たちが認めるという、また奇妙な私立明蘭学園高等学校だったのですが、この高校には中学校も付属しているのでしょうか。「プラチナ8」の内のみもりん以外は同じ中学校の出身者のようだったのですが、中学校時代に教室で一人でお弁当を食べていたのを同じクラスの同級生たちから笑われていたみもりんと、みんなと一緒になって一人でお弁当を食べている生徒を「一人飯」と笑っていた元「腑抜け」生徒のツバメさんが、自身の過去を乗り越える感じで友達になっていたところも、良かったです。

一人脱退者を出した「プラチナ8」は、これから「プラチナ7」になるのでしょうか。最後、みもりんから返上された指輪を捨てていた「プラチナ8」のリーダー?の南さんは、ツバメさんと彗さんが会っているところを目撃していました。

この高校では2年生までが文化祭に参加するようで、2年1組以外のクラスのことはあまり描かれていなかったのですが、他のクラスの生徒たちは準備も当日も「文化祭」を普通に楽しんでいる様子でした。

2年1組には、大勢の「腑抜け」の生徒と、その生徒たちを率いる「権力者」の生徒しかおらず、彗さんの言う「腑抜け」生徒は、文化祭をボイコットすると言うみもりんに付くか、高校生活最後の文化祭を楽しもうとするツバメさんに付くかしていただけだったようにも、少し見えました。

「同じ釜の飯を食おう!」の演説でツバメさんの側に流れた生徒たちは、今回は正しいほうへ(普通の高校生として正解のほうへ)流れ着くことができましたが、いつかはまた、誰かの「号令」によって、どこかの方向へ流れていくのかもしれません。学校は「社会の縮図」だと言われているのを私も聞いたことがあるのですが、もしもそうだとするのなら、たくさんいる、クラスの大部分を占める「腑抜け」の生徒たちは、世論そのものではないとしても、世論や社会を動かす大きな波を作る存在なのかもしれないなと思います。

その全体の流れの波を作るために、良くも悪くも、演説(言葉)はやはり大きな力になるのだろうと思いますし、演説を聴く人の一人としては、その内容を鵜呑みにするのではなく、自分でもよく考えて行動するということが大切なのだろうなと思いました。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム