「相棒season13」第16話

テレビ朝日のドラマ「相棒season13」の第16話「鮎川教授最後の授業」の解決編(後編)を見ました。

前編の第15話では、杉下右京(水谷豊さん)と社美彌子(仲間由紀恵さん)たち東京大学法学部出身者と家政婦の黎子(石野真子さん)が古希のお祝い会を開催した恩師の鮎川教授(清水紘治さん)に睡眠薬を盛られて別邸の地下室に監禁され、「なぜ人を殺してはいけないのか」という試験の回答を書いて提出しなければ撃ち殺すと鮎川教授に脅されるというところで終わっていました。

第16話は、警視庁特命係の甲斐享(成宮寛貴さん)と捜査一課の伊丹憲一(川原和久さん)と芹沢慶二(山中崇史さん)と鑑識課の米沢守(六角精児さん)が「御堂黎子」名義の別邸を見つけ出して地下室に向かった直後、地下室で右京さんの叫ぶ声と銃声が聞こえ、駆けつけると階段の上で猟銃を抱えた鮎川教授が左胸を撃たれて死亡する、というところから始まっていました。

拳銃で撃った黎子さんが直前に鮎川教授に名指しされて銃口を向けられていたことを右京さんたちが目撃していたこともあって、鮎川教授から護身用に渡されていた拳銃を使用した黎子さんには「正当防衛」が認められることになったのですが、実は大学時代に鮎川教授と交際していた黎子さんの母親が「堕胎」を要求されて別れていたことが黎子さんの聴取から判明し、鮎川教授に「殺されかかった」と話していた黎子さんは、鮎川教授への「殺意」を認め、殺人罪で裁かれる決断をしていました。

脚本は輿水泰弘さん、監督は和泉聖治さんでした。

「なぜ人を殺してはいけないのか」というテーマは、途中から、「黎子さんが鮎川教授を撃って死なせたことは、正当防衛か殺人か」というものに変わっていました。

先週に前半を見た私としては、「なぜ人を殺してはいけないのか」という素朴な疑問に対する右京さんの回答が描かれるのかもしれないという点を楽しみにしていた部分もあったので、右京さんや社さんの答案の内容に触れられることがなかったのは、少し残念に思えてしまいました。右京さんの答案については、それを読んだらしい鮎川教授によって、「力作だった」とだけ言われて終わっていました。

鮎川教授と大学時代に交際していた母親のお腹の中にいた黎子さんが「父親」の鮎川教授に「殺されかかった」ことへの復讐を、そのことを「万死に値する」と2年前の同窓会で後悔していたらしい鮎川教授に猟銃を向けられて対峙した際に果たす決意をしたのだ、ということについて、右京さんの聴取を受けていた黎子さんは、「殺意がありました」と認め、そのことで黎子さんの行動は当初の「正当防衛」から「殺人」に変わったのですが、鮎川教授の事件が解決した最後、廊下で右京さんとすれ違った社さんは、右京さんが黎子さんに「ここで撃たなければ殺されると思ったのか、ここで撃てば殺せると思ったのか」と質問していたことを、誘導による暗示だったのではないかと推測していました。

鮎川教授を撃つ時、実際には黎子さんの頭の中は「空白」だったのかもしれない、その空白だった場所に右京さんが「正当防衛」か「殺人」かを入れようとしたので、黎子さんが認めた「殺意」は右京さんの尋問によって誘導されて引き出されたものかもしれない、という趣旨のことを、社さんは右京さんに話していました。

その最後の場面は、もしかしたら、「いつか暴走するかもしれない」と言われていた右京さんの一つの側面を描いたものだったのかもしれません。

ただ、もしも社さんが言ったように右京さんが黎子さんを「殺意」を認めるように誘導して思い込ませていたというのなら、それはとても危険ですし、悪意も感じられそうですし、かつての、岸部一徳さんの演じていた小野田官房長が生きていた頃の右京さんの「暴走するかもしれない」ものが「正義」から出るものだったこととは、かけ離れてしまうように思えました。どうなのでしょうか。

あと、前回で笛吹悦子(真飛聖さん)の「妊娠」が発覚した件も、私には急な展開に思えていたのですが、今回ではさらに「急性骨髄性白血病」になっていて、驚くというか、どうしてこのような展開にすることにしたのだろうと、少し奇妙に思いました。

享さんと父親の甲斐峯秋(石坂浩二さん)を仲直りさせるためだけのために無理矢理の感じで悦子さんを急病の設定にしたわけではないかもしれないのですが、もしそうだとするのなら、残念に思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム