「○○妻」第7話

日本テレビの水曜ドラマ「○○妻」の第7話を見ました。

久保田正純(東山紀之さん)の家を出た「契約妻」の井納ひかり(柴崎コウさん)は、ビジネスホテル(カプセルホテル?)に宿泊しながら、夜の10時には目を覚ましてテレビに正純さんがキャスターを務める「NEWS LIFE」を点け、正純さんの様子を数秒見ては消すという日々を送っていました。

ひかりさんに家を出て行かれた正純さんは、家の中を散らかしたままにしながら、キャスターとしてのコメントにも精彩を欠くようになっていました。

ひかりさんのことを知った正純さんの家族の反応は、正純さんの上の姉の河西美登利(渡辺真起子さん)や、夫を亡くしてから性格が変わったようになった母親の仁美(岩本多代さん)はひかりさんのことを悪く言っていたのですが、美登里さんの長男の大輝(浦上晟周さん)は、自分が中学受験に失敗したように人生一度でもミスをしたらダメなのかとつぶやいていて、下の姉の久保田実結(奥貫薫さん)は、ひかりさんの味方のようになっていました。

父親のお墓参り(亡くなった子供も入っているのでしょうか)をしていたひかりさんを電話で怪しい宗教施設に呼び出し、怪しい教祖と一緒にいたところをひかりさんに救われていた実結さんは、幸せそうな人を見ると殺したくなるが自分よりも不幸そうな人を見ると助けたくなる、と自分の部屋に招待したひかりさんに話していました。実結さんの部屋には、実結さんがこれまでに失敗した仕事の、謎の健康食品や水の入った段ボール箱が積み上げられていて、なぜか大量のペンギンのぬいぐるみが散乱していました。実結さんは、それから弟の正純さんに会いに行き、ひかりさんが自分の部屋にいることを教えていました。正純さんが到着した時にはひかりさんの姿はなかったのですが、正純さんが帰った後、部屋の角のぬいぐるみの山の後ろからひかりさんは出て来ていました。

死ぬ前に最後にひと言言うとしたら何を言うか、ということを商店街の人に正純さんが聞く企画の夜の生放送のロケを密かに見に来ていたひかりさんは、覇気のない正純さんのリポート振りを見て残念そうにしていました。そして、「死ぬ前に最後にひと言言うとしたら、私はこう言います」と正純さん宛てのメールを書き、それを送ってはいなかったようなのですが、それから正純さんのマンションの部屋に向かっていました。

実結さんがいたことで部屋に入ることができたひかりさんは、実結さんが帰った後、ボロボロのスニーカーを脱いで下駄箱にしまい、荒れた部屋を見て驚いていたのですが、正純さんの部屋に自分が書いた感想のメモの束を見つけていました。そして、「私にはあなたが必要です」と書いたメモをリビングのテーブルの上に置いていたのですが、そこへ正純さんが帰宅し、それに続いて、正純さんの後を付けて来たという酔った風谷愛(蓮佛美沙子さん)がやって来て、出ようにも出られなくなってしまったひかりさんは、台所の陰に隠れて二人の会話を聞いていました。

ひかりさんは、ひかりさんと同じように正純さんのことを尊敬していて、久保田正純には久保田正純のままでいてほしいと訴える風谷さんの気持ちを正純さんが受け入れ、ひかりとは離婚すると言ったのを聞いて震えていて、二人がリビングを離れた後、正純さんのサインの入った離婚発表の書類を見てショックを受け、「私にはあなたが必要です」と書いたメモを持ち帰り、マンションの玄関の前で静かに破り捨てていました。

靴下のまま、いつもの交差点の横断歩道の前まで歩いて来ていたひかりさんは、正純さんに出そうとしていた「死ぬ前に最後にひと言言うとしたら、私はこう言います」のメールを見て、突然「まさずみー!」と大声で叫び、道路に出て、走ってきたトラックと衝突しそうになっていました。

脚本は遊川和彦さん、演出は鈴木勇馬さんでした。

今回は、主人公のひかりさんが最後に正純さんの名前を叫ぶまで一言も話さないというところが少し斬新だったような気がするのですが、ひかりさんの周囲の登場人物の会話や、ひかりさんの表情や行動によって、ほとんど気になることなく最後まで見ることができました。

正純さんの姉の実結さんがひかりさんの「不幸」を知って急にひかりさんの味方のようになっていたところも、それなりに良かったような気がします。風谷さんの正純さんへの意見や思いがひかりさんと同じようなものになっていたというところも、少し意外な感じがしたのですが、正純さんへの気持ちを同じようなものにすることで、アシスタントキャスターの風谷さんと、子供を死なせてしまった過去のあるひかりさんとを対比するというか、その差を広げるというか、そのようなことなのかなと思いました。

このドラマのタイトルの「○○妻」が「契約妻」だったとしても、その最初の趣旨は今の物語の中ではそれほど重要なものではなくなっているような気もします。ただ、一体どうすればひかりさんは救われるのかなということは、気になります。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム