「DOCTORS 3 最強の名医」第8話

テレビ朝日のドラマ「DOCTORS 3 最強の名医」の第8話を見ました。

「いいドクター」とは何かという定義が分からずに混乱していた堂上総合病院の外科医の森山卓(高嶋政伸さん)は、ベーチェット病を患っている担当患者で、性格が森山先生に似ているということで「プチ森」と呼ばれている淵森拓郎(金井勇太さん)のわがままな態度にも苛立っていたのですが、胃カメラや大腸カメラの練習台を務めたことで、研修医の瀬戸晃(浅利陽介さん)にはこれまで以上に慕われるようになっていました。

一方、外科医の相良浩介(沢村一樹さん)は、内科医の皆川和枝(伊藤蘭さん)と共に、「バッド・キアリ症候群」という肝臓の血管が詰まる病気のために堂上総合病院を訪れた久保浩子(阿知波悟美さん)の治療について考えていたのですが、久保さんは心臓にも持病があったため、久保さんや家族は、手術以外の方法での治療を希望していました。

患者さんのことと同時に森山先生を唆している医療グループ法人「満潤会」の動向を気にしていた相良先生は、満堂潤三郎会長(大和田伸也さん)に会いに行き、将来性のある堂上が満潤会の傘下に入るのはもったいない、僕は堂上の消化器外科を日本一にしたいと思っていると話して、堂上総合病院には満潤会が不要であることを率直に伝えていました。

東京医療大学病院を訪れた相良先生は、バッド・キアリの手術の仕方を恩師の教授に教えてもらいに行っていました。教授は、心臓に疾患のある患者の恐怖心を理解しないといけないと、相良先生に話していました。

堂上総合病院では、似たもの同士の森山先生と患者の淵森さんが喧嘩になっているのを看護師の相原亜美(黒川智花さん)が見て困っていたのですが、宮部佐知(比嘉愛未さん)は、病気で辛い思いをしているのは患者さんなのだから私は患者さんの味方になる、変わるべきなのは森山先生のほうだと、相原さんや吉川みずき(阿南敦子さん)に話していました。その会話を聞いていた看護師長兼副院長の田村戸紀子(宮地雅子さん)は、そのような宮部さんに感心していました。

相良先生は、久保さんと家族に、完治のためには手術しかないと、「直達手術」という手術方法を提案し、「チーム森山」の麻酔科医の千住義郎(斉藤陽一郎さん)にも説明をしてもらっていました。そして、不安そうな久保さんに、絶対に助けます、と約束していて、相良先生の言葉を聞いた久保さんは、手術を受ける決意をしていました。

北海道の大学病院に務めている先輩の青柳医師(枡毅さん)から「生体ドミノ肝移植」の協力を頼まれ、堂上たまき院長(野際陽子さん)と桃井事務長(小野武彦さん)の許可を得た相良先生は、月曜日、バッド・キアリの手術と生体ドミノ肝移植の手術を続けて行うことになり、青柳さんや病院関係者も見学室に来ていました。

ちゃんとした医師になった「チーム森山」の外科医の佐々井圭(正名僕蔵さん)と段原保(尾崎右宗さん)と千住先生と一緒に、久保さんの手術を始めた相良先生は、開腹後、肝臓に癌の腫瘍があるのを見つけて手を止め、佐々井先生たちに意見を聞き、少し考えてから、腫瘍の切除を追加したいと説明し、医師たちに納得してもらった上で手術を続行して、無事に久保さんの手術を終えていました。手術室の前で祈るように待っていた久保さんの夫と娘は、母親の手術が成功したことにほっとして、看護師の吉川さんや相原さんと一緒にケア室へ向かっていました。

その頃、森山先生は、急に腹痛を起こした淵森さんの緊急オペを瀬戸先生と行っていました。注目されるオペを行っている相良先生を妬みながら淵森さんの手術を終えた森山先生は、手術室の前に淵森さんの家族が一人も来ていないのを見て、期待されていないというのはかわいそうだよな、まるで俺だ、と自分を淵森さんに重ねて呆然としていました。

脚本は福田靖さん、演出は常廣丈太さんでした。

第8話も面白かったです。

相変わらず拗ね続けている“卓ちゃん”の場面も面白いのですが、相良先生が心臓に不安を抱えている患者さんのために母校で勉強をしたり、皆川先生や千住先生も一緒に患者さんを安心させる努力をしたり、宮部さんが一番辛いのは患者さんだから私は患者さんの味方になると宣言したりするような場面も、医療ドラマとしてとても良かったと思います。

相良先生が久保さんに言っていた、「絶対助けます」というような断定的な言葉は、実際の医師の方は使わないと聞いたことがあるのですが、ドラマの中の久保さんは、相良先生にそのように言われて、少しでも安心することができたのだろうなと思いました。

あと、これまでに相良先生が堂上総合病院を良い病院にしたいと思っているというところまでは分かっていたのですが、今回では、堂上総合病院の消化器外科を日本一にしたいという相良先生の目的が描かれていたので、そのようなところも良かったのだと思います。

予告によると、次回の第9話が最終回だそうです。次回だけで森山先生の性格がすぐに良いほうへ変わるとは思えないような気もするのですが、どのような展開になるのか、最終回も楽しみにしたいと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム