映画「アレクサンドリア」

先日の深夜にNHKのBSプレミアムで放送されていた映画「アレクサンドリア」を見ました。

西暦4世紀のアレクサンドリアに実在した女性の天文学者・数学者・哲学者のヒュパティアを描いた、2009年に公開されたスペイン制作の映画です。監督と脚本はアレハンドロ・アメナーバルさんです。

世界史の本によると、アレクサンドリアは、ギリシャのアレクサンドロス大王がエジプトの地に建設した国家の首都です。アレクサンドリア図書館というとても立派な図書館があったそうなのですが、当時のローマ教皇が異教徒の神殿や施設の破壊許可を与えたとかで、キリスト教徒たちの暴動によって破壊されてしまったそうです。その最後の図書館長が天文学者で数学者で哲学者だったテオンという人で、その娘がヒュパティアでした。とても聡明で美しい人だったそうです。

私も哲学者のヒュパティアのことは以前少しだけ聞いたことがあったので、そのヒュパティアの半生を描いた作品と知って少し気になっていた映画だったのですが、録画に失敗してしまったため、私が見ることができたのは映画の後半部分だけです。

ユダヤ人たちが別の服装をした大勢の人たちに石を投げられて殺されている辺りから見ることになったため、何が起きているのだろうとぞっとしたのですが、ユダヤ人たちを「異教徒」として迫害して殺していたのは、キリスト教徒たちでした。

映画の物語(後半)の主な登場人物は、地動説を証明しようと自ら研究し教えていたヒュパティア(レイチェル・ワイズさん)、ヒュパティアの元生徒で、エジプトの長官になった後、キリスト教を拒絶するヒュパティアを守ろうとするオレステス(オスカー・アイザックさん)、オレステスの友人でありヒュパティアの元生徒で、後にキュレネのキリスト教の主教(司教)になったシュネシオス(ルパート・エヴァンスさん)、強硬派のキリスト教徒で後にアレクサンドリアの総主教となるキュリロス(サミ・サミールさん)、ヒュパティアの家の元奴隷で、ヒュパティアの生徒でもあったが後にキリスト教徒の強硬派のグループに入ったダオス(マックス・ミンゲラさん)でした。

新約聖書の中の「テモテへの手紙 一」の一部(2:11、12の辺り)を読み上げ、哲学者のヒュパティアの抹殺を示唆するキュリロスは、キリスト教の「原理主義者」のようでした。イエス・キリストを崇めながら、キリストの行った「赦し」を、自分たちは「神」と並ぶことのできない「人間」であるという理由で実行しようとしないキリスト教の暴徒たちは、キュリロスと対立しているオレステス長官の弱点を突くという目的もあって、ヒュパティア殺害の計画を立てていました。

弟子のダオスは、ヒュパティアにそのことを知らせに行こうとするのですが、太陽を中心とした地球の軌道が楕円形であることに気付き、自分の信じる学問のために、視野の狭いキリスト教の考え方を拒絶し続けていたヒュパティアは、街中でキリスト教の強硬派の暴徒たちに捕まり、「魔女」とされて、神殿の中で虐殺されてしまうのでした。

意識のあるまま殺されたという説もあるそうなのですが、映画では、キリスト教徒たちが投石のための石を拾いに行っている間に、ヒュパティアの見張り役に付いていたダオスが、ヒュパティアの許可を得て口を塞ぎ、気を失わせていました。

虐殺されてしまう、というヒュパティアの結末を一応知ってはいたものの、映画を見ていた私にはとてもショックでした。映像も美しく、描かれている世界観がリアリティのあるように作られていたためかもしれないのですが、映画を見ている私まで息が苦しくなってしまうほどでした。

映画で伝えられていた、ケプラーが発見する1200年前にアレクサンドリアのヒュパティアが楕円軌道を発見したということを示す確かな資料はないそうなのですが、神殿の天井の楕円形の穴から見えていた青空から宇宙へ上がり、宇宙から地球の、宗教戦争の絶えない人々のいる小さな街を見下ろすという最後も、良かったように思います。

現代では、原理主義的な「過激派組織IS」が占領した土地の神殿や文化財を勝手に破壊しているそうですし、本当に嫌だなと思うのですが、各宗教の対立を原因とした暴力的な破壊行動や殺戮がずっと昔から現代まで、似たような内容で脈々と人類の中に受け継がれているのを思うと、やはり人類のすることはほとんど変わらないということなのかもしれないですし、「歴史は繰り返す」のかもしれないなと、寂しい気持ちになります。

ある時に何か酷い破壊や殺戮が起きて、その時には本当に酷いと思っても、しばらくすると忘れて、少しずつ時代が変わって、そこに暮らす人たちも少しずつ入れ替わって、結局似たようなことをまた誰かが愚かにも繰り返してしまうということなのかもしれません。

今はまだこの映画「アレクサンドリア」をもう一度最初から見たいというような気持ちになることはできないのですが、とても丁寧に作られている映画のように思えましたし、機会があったならいつか前半も見てみようと思います。後半だけという中途半端な見方になってしまったのですが、それでも、私もこの映画を見ることができて良かったと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム