「ようこそ、わが家へ」第2話

フジテレビの「月9」のドラマ「ようこそ、わが家へ」の第2話を見ました。

前回の最後の倉田家の郵便ポストの場面を見て、私は勝手に子猫の死骸かと思い込んでいたのですが、そうではなく、「怪我をした子猫」だったようでした。治療を受けたらしい子猫は翌日には元気になっていて、かわいいのでそのまま倉田家で育てることにしたようだったのですが、ドラマを見ている私には、どうして犯人の「ストーカー」は、怪我をさせた?子猫をポストに入れることにしたのだろうと、少し不思議にも思えました。

倉田家の家族は、一応地域の警察官(夙川アトムさん)に相談し、公園に落ちていた煙草の吸殻の証拠も渡して、被害届を出していたのですが、「ストーカー」を「名無しさん」と呼ぶなど、まだ暢気にしていました。

長男の倉田健太(相葉雅紀さん)は、タウン誌の記者の神取明日香(沢尻エリカさん)に被害のことを話すために、高円寺の出版社を訪れ、編集長の蟹江秀太朗(佐藤二朗さん)に気に入られて、そこのデザイナーとして採用されていました。「安定した仕事」が決まった健太さんは、お給料を前借りして、父親の太一(寺尾聰さん)に高いと断られた9万円ほどの防犯カメラを買い、玄関先に設置していました。

「ナカノ電子部品」に総務部長として出向中の銀行員の太一さんは、部下の西沢摂子(山口紗弥加さん)から、営業部長の真瀬博樹(竹中直人さん)が今度は配送課長の平井さんを使って金額を多めに書かれた領収書の接待費を着服しているという不正の事実を知らされて、対処しようとしていました。しかし、確実な証拠が無いということもあって、前回の交通費の二重取りの不正の事実がもみ消されたように、真瀬さん本人にも、平井さんにも、そして社長(近藤芳正さん)にも、再びその不正の事実は否定されてしまいました。真瀬さんも他の「ナカノ電子部品」の社員たちも、なぜか取引先でもある銀行員を敵視しているようでした。

母親の珪子(南果歩さん)は、健太さんが買って来たゼラニウムの花を二度も荒らされた玄関先の花壇に植えていたのですが、その新しいゼラニウムの花もまた抜き取られていました。それでも、荒らされている花壇を見て驚くものの、特に怖がっている様子はなく、ゼラニウムが嫌いなのかしら、とつぶやくくらいでした。

陶芸教室に通っている珪子さんは、講師の波戸清治(眞島秀和さん)に食事に誘われ、早く帰らないといけないからと一度は断ったものの、少しして健太さんからメールが届き、夕食を作らなくてもいいことになったため、主婦仲間の下村民子(堀内敬子さん)の勧めもあって、波戸さんと食事に出かけていました。

夜、健太さんは、テレビ局のアナウンサー志望の大学生の妹の七菜(有村架純さん)が元彼の辻本正輝(藤井流星さん)に待ち伏せをされて声をかけられて困っている様子を、神取さんと見かけていたのですが、神取さんが調べたところ、辻本さんは煙草を吸わない人のようで、公園に吸殻を落とした人物とは別人だろうと結論付けていました。

さらに、帰宅した健太さんは、倉田家のポストに母親と陶芸教室の講師が食事をしている様子が隠し撮りされた写真が投函されているのを見つけて動揺していました。

翌朝、玄関の隣に停めてある車に傷が付けられているのを家族が見つけていたのですが、父親の太一さんは、警察に被害届を出すのを珪子さんに任せて出社し、会社に大量に、太一さんと西沢さんが不倫関係にあると書かれた写真付きのFAXが届いていることを知るのでした。

警察にも渡した防犯カメラのデータを神取さんたちと出版社で確認していた健太さんは、その映像の中に犯人につながりそうな何かを見つけていたようなのですが、それが何だったのかは、私には分かりませんでした。

脚本は黒岩勉さん、演出は中江功さんでした。

初回に引き続き15分拡大版で放送されていた第2話は、展開が全体的にゆっくりとしていて、地下鉄のホームでの出来事から発生したかもしれない「ストーカー」の事件の部分に関しては、前回からあまり進展はしていなかったように思います。

ゼラニウムが三度荒らされたことを健太さんから聞かされた神取さんが、どうしてレベルを下げたのだろう、と疑問に感じていたのと同じように、「ストーカー」の被害の度合いというか、サスペンス調の雰囲気は、前回よりも少し弱まっていたような印象でした。

池井戸潤さんの作品のドラマらしいということなのか、ストーカーかもしれない人物による事件の部分よりも、「ナカノ電子部品」の会社の不正疑惑の部分のほうがしっかりと描かれているような気もしてしまったのですが、でも、それはまだなぜか倉田家に絡んでくる犯人の影が隠れて見えないためかもしれません。

今回の第2話は、前回が面白かったということもあって、私には何か少し物足りないようにも思えてしまったのですが、次回はもう少し謎の「ストーカー」の事件の部分の物語も進展しているのかもしれないですし、次回も楽しみにしていようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム