「ランチのアッコちゃん」第3回

NHKのBSプレミアムの「プレミアムよるドラマ」の「ランチのアッコちゃん」の第3回を見ました。

高潮物産の第4営業部で働く派遣社員の澤田三智子(蓮佛美沙子さん)は、「ランチの取替えっこ」の最終日の金曜日、お弁当を渡した部長の黒川敦子(戸田菜穂さん)から、月曜日と同じカレー屋さんへ行くよう指示されていました。

そして、カレー屋さんを訪ねると、老人ホームへカレーを持っていく準備をしていた店主(駿河太郎さん)から、40分ほど店番をしてほしいと頼まれていました。店主は黒川部長のことを「アッコちゃん」と呼び、毎週金曜日には、アッコちゃんに頼んでいるのだと話していました。

カレーが焦げないようにお鍋を混ぜて底が見えたら店先の看板を外しておけばいいからと店番を頼まれた三智子さんは、店主に代わって、お客さんたちにカレーを出し続けていました。

常連のお客さん(浜野謙太さん)たちが来た時、三智子さんは、カレーのお鍋の底が見えていることに気づいて、慌てて看板を外していました。その三智子さんを見てカレーがないことに気付いたお客さんが諦めて帰ろうとしているのを見た三智子さんは、迷っていたのですが、手持ちのカードで何とかすると言っていたケータリングの井川芳夫(田山涼成さん)の言葉を思い出し、新メニューで良かったらと、みじん切りにしたタマネギとベーコンをバターで炒めて、そこにご飯を入れて残ったカレーを混ぜて、ドライカレーを作っていました。真ん中には卵の黄身がのっていました。

そのドライカレーを二人のお客さんがおいしそうに食べていると、店主が帰ってきて、三智子さんのドライカレーを味見していて、どうですかと三智子さんが心配そうに訊ねると、いいねと答えて、「みっちゃんのドライカレー」として新メニューに加えると話していました。

三智子さんが会社に戻った時には昼休みはすでに終わっていたようだったのですが、黒川部長は三智子さんに自分の忘れ物を取りに行ってもらっていることにしてくれていたようでした。

給湯室にいた三智子さんは、通りかかった黒川部長にお礼を言い、どうして自分とランチの取替えっこをすることにしたのかの理由を訊こうとしていました。一杯のお茶を上手に入れることのできる人には全てのことができるという諺があると三智子さんに話していた黒川部長は、三智子さんが入れた一杯のお茶を飲んで、三智子さんに成長の可能性を感じていたようでした。

最初のお弁当の味はしょぼかった、と黒川部長は三智子さんに話していたのですが、三智子さんのそのお弁当の味は、黒川部長の親しかった料理の下手な誰かの味に似ていたということでした。

「ぶたまろ君」という会社のキャラクターに女王様キャラを登場させようと企画を考えていた三智子さんは、金曜日のお弁当に、その「イジワーニャ女王」のイラストの「キャラ弁」を作っていたようでした。その企画を評価していた黒川部長は、「ブラッシュアップ」をするよう三智子さんに指示していました。

古書店「ハティフナット」へ行き、最初の日に取ろうとしていた、アストリッド リンドグレーンの『カッレくんの冒険』の本を手に取っていた三智子さんは、店主の笹山隆一郎(成田凌さん)に大人が児童文学を読んでもいいのではないかと言われて、その本を買っていました。笹山さんは、三智子さんと同じく『長くつ下のピッピ』も好きだったようで、三智子さんは、初めて見た笑顔の笹山さんに何か好印象を持っていました。

会社の休みの土曜日、三智子さんは部屋で新キャラクターの「イジワーニャ女王」の企画書を作っていました。そして、月曜日、企画書を出社した黒川部長に提出していたのですが、翌日の火曜日、三智子さんは、黒川部長が突然退職したことを知るのでした。

会社の廊下には、代表取締役社長を更迭したという内容の文書も貼られていたのですが、黒川部長の知り合いのケータリングの井川芳夫さんは、高潮物産の代表取締役社長だったようでした。黒川部長は、井川さんが会社を去ることが決まったことを受けて、同時期に退職することを決めたようでした。

黒川部長が退職したことで、第4営業部は解体されることになりました。三智子さんも他の社員たちも、会社に残ることができるということだったのですが、三智子さんと親しかった同僚の原田ちひろ(野呂佳代さん)は、会社を辞めて起業すると三智子さんに話していました。三智子さんは、第2営業部へ異動することになったようでした。

脚本は泉澤陽子さん、演出は青島太郎さんでした。

第3話は、三智子さんが、突然目の前からいなくなった「アッコさん」の姿を街中に探そうとするところで終わっていました。

アッコさんの登場とその「ランチ」によって、たった一週間で、三智子さんの人生が良い方向へ変わっていく様子が、温かく描かれていたように思えて、良かったです。今回のカレー屋さんの場面も、何だかほのぼのとしていて、面白かったです。

次回からは、第2営業部での三智子さんの物語が始まるようだったのですが、「黒川部長」を辞めたアッコさんは、予告によると、移動ポトフ屋さん?を開いていました。三智子さんが企画していたかわいい女王様のイラストがお店のデザインに使われているようでもありました。

あと、私は第1話を見た時、古書店に貼られていたポスターの感じから冬ではなくて春先の2月の頃なのかと思ったのですが、そうではなくて、やはり冬だったようでした。井川さんと黒川部長が会社を辞めることになったという告示の文書の日付が11月だったからです。でも、次回予告の第2営業部では、バレンタインデーのチョコレートの話が出ていたので、もしかしたら私の見間違いかもしれません。それは次回を見れば分かることなのかもしれないですし、ともかく、次回の物語も楽しみにしていようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム