「アルジャーノンに花束を」第8話

TBSの金曜ドラマ「アルジャーノンに花束を」の第8話を見ました。

第8話は、亡くなったはずの父親の久人(いしだ壱成さん)の幻影を見るようになった白鳥咲人(山下智久さん)が、「脳生理科学研究センター」で実験台になっている白ネズミのアルジャーノンにもその症状が「ALG」の副作用として現れていることを知り、幻覚を見始めている自分もいずれアルジャーノンのようになり「退行」すると気付き、それを止めるための治療法を自ら探し出すことを決めて、家族のようになった望月遥香(栗山千明さん)や、研究センターの蜂須賀大吾(石丸幹二さん)に協力を頼み、研究センターに泊り込みで治療法を探る研究を始める、という話でした。

脚本は池田奈津子さん、脚本監修は野島伸司さん、演出は吉田健さんでした。

蜂須賀さんの下で働いている研究員の杉野史郎(河相我聞さん)は、製薬会社の社長の河口玲二(中原丈雄さん)に、脳が萎縮して長時間眠り込んでしまう娘の梨央(谷村美月さん)の病の治療法を、咲人さんに見つけ出してもらおうと提案していました。

親友の父親からそのことを聞いた大学生の小出舞(大政絢さん)は、「ドリームフラワーサービス」の柳川隆一(窪田正孝さん)から咲人さんに話してほしいと頼むのですが、柳川さんは、トラブルがあると話す咲人さんに梨央さんの治療のことを言い出すことができず、その後、(絵本に出てくる王子様のように)梨央さんの回復を願っている檜山康介(工藤阿須加さん)と3人で研究センターの咲人さんを訪ねるのですが、応対に出た遥香さんは、咲人さんに自身のための研究を優先してもらうために、咲人さんは友達などいないと言っていると嘘をついて、3人を突き放して追い返していました。

今回の「アルジャーノンに花束を」のドラマでは、以前のユースケ・サンタマリアさん主演の「アルジャーノンに花束を」のドラマとは異なり、主人公が「天才」になっているという描写が少ないような気がしますし、咲人さんは「天才」というよりは「普通の青年」のように見えるのですが、それは、咲人さんの「成長」の目的が、「ドリームフラワーサービス」の友人たちと「対等」になることだったからなのかもしれないなとも思います。

知的障害のあった咲人さんを捨てたことを後悔している母親の窓花(草刈民代さん)は、遥香さんと一緒に再び母親の家を訪ねた咲人さんに、抱きしめてほしいんでしょう、と両腕を広げて近づいたのを咲人さんに、もういい、と拒絶されていたのですが、そうして咲人さんが帰った後、自分には母親の資格がないのだと悩む窓花さんに、「ドリームフラワーサービス」の所長で咲人さんの父親の久人さんの後輩の竹部順一郎(萩原聖人さん)が、母親の資格があるかどうかを決めるのは子供だと思うと話していた場面も、良かったです。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム