「探偵の探偵」第4話

フジテレビのドラマ「探偵の探偵」の第4話を見ました。

「阿比留綜合探偵社」の代表の阿比留佳則(ユースケ・サンタマリアさん)が警視庁の刑事たちを引き連れて日銀総裁の孫が監禁されていると思われる工場内へ入ると、少しずつ謎の金属音が大きくなり、鉄パイプを手にした傷だらけの紗崎玲奈(北川景子さん)が姿を現しました。玲奈さんは、妹と琴葉が世話になったなと言って、愛知県警の嘱託医の矢吹洋子(高岡早紀さん)の頭部に鉄パイプを振り下ろし、工場内へ走り去って行きました。

阿比留さんは事前に誘拐された子供を自分が華々しく助け出す手順を考えていたので、調査会社「スマ・リサーチ社」の「対探偵課」の探偵の玲奈さんや玲奈さんを追いかけて行った捜査一課の刑事の窪塚悠馬(三浦貴大さん)のことよりも先ず地下室に用意しておいた「犯人」の壊れたパソコンのところへ刑事たちを誘導したのですが、壊れているはずのノートパソコンは玲奈さんによって修復されていました。

誘拐した子供の監禁場所を確認するために工場の階段を駆け上がった阿比留さんは、部屋の中から子供の泣き声が聞こえドアを叩く音がしたことに安心していたのですが、そこに再び玲奈さんが現れ、部屋の中からは子供を抱えた窪塚刑事が現れました。自分の犯行であることが警察に知られた阿比留さんは、火をつけたライターをガスパイプの中に放り込んで爆発させ、玲奈さんや窪塚刑事を火の中に閉じ込めていたのですが、次第に火は弱まり、玲奈さんは窪塚刑事と子供を残して脱出すると、阿比留さんを追いかけて、妹の咲良(芳根京子さん)の居場所をストーカーの岡尾芯也(岡田義徳さん)に教えた「死神」なのかどうかを、阿比留さんに尋ねていました。

阿比留さんによると、それは自分ではないということでした。そして、阿比留さんは、妹のこととなると周りが見えなくなるという弱点を玲奈さんに指摘していたのですが、玲奈さんと争いになり、階段の上から突き落とされて意識を失っていました。窪塚刑事は、君は探偵なのかと訊いて誘拐事件を解決した玲奈さんを呼び止めようとしていたのですが、玲奈さんは、探偵は事件なんか解決しないと言い残し、工場を後にしていました。

その後、阿比留さんたちは警察に逮捕されていました。阿比留さんは黙秘を続けているということだったのですが、警察も阿比留さんに捜査協力を依頼していたことを警察の名誉のために伏せることにしたようでした。窪塚刑事は納得できない様子だったのですが、上司の坂東志郎(相島一之さん)は、それも仕方がないという風に窪塚さんに話していました。

阿比留さんのことが分かったのは、社長の須磨康臣(井浦新さん)や同僚の探偵たちの協力があったからのようでした。一か月後、怪我が治った玲奈さんは、桐嶋颯太(DEAN FUJIOKAさん)の勧めもあって、峰森琴葉(川口春奈さん)のお見舞いへ出かけていたのですが、家族に囲まれて笑顔を見せる病室の琴葉さんに会いに行くことができませんでした。

それから一年が経った2015年、玲奈さんは、別のストーカー事件の現場に行くことになりました。同僚の佐伯祐司(六角慎司さん)が写真の画像から檜池(尾上寛之さん)の居場所を特定し、玲奈さんはそのマンションへ向かいました。管理会社を名乗って3階の部屋のドアを開けさせた玲奈さんは、檜池を突き飛ばして女性が監禁されている部屋に押し入り、檜池を締め出した状態で女性を救出していました。そして、置いてあった医療用のメスで冷蔵庫にあった納豆を軽く混ぜ、抗ヒスタミンの粉をかけたものを用意し、ドアを押し開けて部屋の中にやって来た殺人犯の檜池の肩の辺りを突き刺して、その血を溢れさせていました。

女性を助け、警察に電話をかけた後、私のことは黙っていてほしいと頼んでその部屋を出た玲奈さんは、檜池の本棚に岡尾が持っていたものとよく似た「調査報告書」を見つけるとそれを鞄の中へ入れて部屋を出ていました。檜池の血痕は部屋から廊下、非常階段の踊場まで続き、玲奈さんが上から覘いたところ、檜池はその真下に転落して血溜りの中に動かなくなっていました。

現場に警察が到着し、檜池は意識不明の重態で病院へ運ばれたようでした。マンションの防犯カメラの映像を確認した窪塚刑事は、カメラには白く反射して見辛くなっていた謎の人物のガラス戸に映った姿が、髪の長い女性であるのを確認していました。

一方、事件以降姉の織田彩音(中村ゆりさん)夫婦の家で暮らしていた琴葉さんは、ある日、転送が終わったデジタルビデオカメラの映像をパソコンで見ようとして、自分の入院中のものなどと一緒に、姉夫婦が玲奈さんに部屋で正座させて尋問している映像を見つけて衝撃を受けていました。

脚本は徳永友一さん、演出は石井祐介さんでした。

第4話は、前回の予告によると「第1章」の完結編ということだったのですが、「死神」の正体が分かるということではなく、第1話から登場して「対探偵」の玲奈さんを潰そうと狙っていた悪徳探偵の一人の阿比留さんが逮捕されるということでした。

そして、檜池の部屋で見つけた「調査報告書」の書式や作り方などが岡尾の持っていた「調査報告書」と同じものだったことから、玲奈さんは、「死神」がまだどこかで探偵業を続けていることを実感していました。

次回からの「第2章」もその中心の軸は「死神」の捜索なのだろうと思うのですが、玲奈さんが警察に追われるようになるというところが次回からの新しい展開でもあるのかもしれません。

比較をするのはあまり良くないことなのかもしれないのですが、この「探偵の探偵」のドラマを見ていると、TBSのドラマだった「MOZU」の、池松壮亮さんの演じていた新谷宏美のアクションシーンは本当にすごかったのだなということを改めて思います。

展開が速そうに見えて意外と遅いというか、私には少し遠回りに思えてしまうような場面もあるのですが、連続ドラマとしては次の展開も気になりますし、第2章の物語もそれなりに楽しみにしていようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム