「戦場の真心(チムグクル)」

NHKのBS1スペシャル「戦場の真心(チムグクル)~沖縄を救った日系人~」というドキュメンタリー番組を見ました。

ハワイ生まれの日系二世でアメリカ軍の通訳として沖縄戦に従軍していたトーマス・比嘉太郎さんが、米軍を恐れて洞窟(ガマ)に隠れていた住民たちに沖縄の言葉で呼びかけながら、武器を持たずに洞窟内に入って投降の説得を続け、たくさんの住民たちや一部の日本軍人の命を救った、という事実が伝えられていました。

ガレッジセールのゴリさんが案内人を務める、約2時間の番組でした。比嘉太郎さんを演じることになったゴリさんは、来日した比嘉太郎さんの長男のアルビンさんから、太郎さんの本物の軍服を着せてもらっていたのですが、サイズがぴったりだったようでした。

ハワイで生まれた太郎さんは、小さい頃、両親の故郷の沖縄の北中城村の島袋(「しまぶくろ」ではなく「しまぶく」と呼ばれていました)の小学校に通っていたそうです。大きくなって東京へ出たそうなのですが、特高の日本人に怪しまれて殴られ、日本人を怖く思ってハワイに帰ったそうなのですが、ハワイでも、日系人として怪しまれたことがあるそうで、日本にもアメリカにも馴染むことができないでいたということでした。

1941年にアメリカ軍に徴兵された太郎さんは、第100歩兵大隊の兵士として、イタリアのカッシーノで戦ったそうなのですが、その戦いで、187人いた兵士は29人に減ったのだそうです。

1943年の11月、戦地で重傷を負って除隊した太郎さんは、1945年の4月1日にアメリカ軍が沖縄に上陸して沖縄戦が始まると、銃後の日系人のため、沖縄を救うため、通訳として沖縄戦に向かったそうです。

その頃、太郎さんの小学校の頃の恩師の喜納昌盛さんという方が島袋の村長になっていたのですが、村長の会合で喜納さんは、島袋の住民は避難しない、という決断を他の村長さんたちに伝えていました。

喜納先生は、アメリカ軍は民間人を傷つけないはずだと考え、信じていました。沖縄県の中で唯一避難しなかった島袋の人たちは、やって来たアメリカ軍の捕虜となり、その村全体を収容地域のようにされた中で、比較的穏やかに過ごすことができていたようでした。そこで太郎さんは、喜納先生と再会していました。キリスト者だった喜納先生は、住民の心の安定のために神父さま(牧師さまだったでしょうか)を連れて来てほしいと太郎さんに頼み、番組によると、住民たちに洗が施されていたようでした。

私は、沖縄戦でほぼ無傷の村があったことも知らなかったので、驚いたのですが、住民たちの命が助かったのは、やはり比嘉太郎さんや喜納先生のような方がいたからなのかもしれないなと思いました。太郎さんがカメラで写した村の風景は穏やかで、人々も笑顔で楽しそうでした。地獄のようだったという沖縄戦の最中とは思えないような写真でした。

全体で12か13の洞窟に隠れていた住民たちの説得を続けていた太郎さんは、一つの洞窟で住民を助けることができなかったという経験もなさったそうなのですが、そのことは家族にはあまり話したがらなかったそうです。

太郎さんが沖縄の人たちと接する時に常に根底にあったものは、相手を思いやる「沖縄の真心(チムグクル)」だったということでした。心の底からの沖縄の人を救いたいという思いが、米軍を恐れて頑なになっていた沖縄の人の心を開いていったようでした。

日本にもアメリカにも馴染めなかったものの、戦時下では両国をつなぐ存在になった太郎さんのような通訳の方が沖縄戦に来ていて、本当に良かったと思いました。沖縄では、あるいは他の場所でもそうなのかもしれませんが、英語を理解できる人がその場にいなかったためにアメリカ兵の言うことを信用できずに投降を拒んで亡くなってしまったということがたくさんあったのだそうです。

比嘉太郎さんを演じていたゴリさんや、喜納先生を演じていた藤木勇人さんは、当時のことを沖縄の言葉で説明していて、その際には画面に共通語の字幕が出ていました。

トーマス・比嘉太郎さんの功績を伝えることと共に、今の沖縄の人を応援するドキュメンタリー番組でもあったのかもしれないなと、番組を見終わって思いました。歌も、沖縄の歌が使われていましたし、それこそ、沖縄への真心で作られた番組だったのかもしれないと思います。全体的に明るい作りになっていたのも、何となくなのですが、沖縄らしいという感じが伝わってきて、良かったように思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム