「探偵の探偵」第6話

フジテレビのドラマ「探偵の探偵」の第6話を見ました。

「スマ・リサーチ社」の「対探偵課」の探偵の紗崎玲奈(北川景子さん)と助手の峰森琴葉(川口春奈さん)は、升瀬淳史(中野裕太さん)のマンションの下で、警視庁の刑事の窪塚悠馬(三浦貴大さん)と長谷川憲保(渋谷謙人さん)と鉢合わせになり、長谷川さんを先に車に行かせた窪塚さんから、派手な動きをするなと、玲奈さんが檜池(尾上寛之さん)を殺した犯人として警察に疑われているということを忠告されていました。窪塚さんは、「死神」を追っている玲奈さんに細かいことを訊かずに長谷川さんと帰っていました。

それから玲奈さんは、升瀬の消費者金融会社から送られてきた郵便物を抜き取り、口座が作られている銀行を調べ、枡瀬が滞在している池袋のビジネスホテルを見つけ出し、枡瀬の部屋を受付の人から聞き出して、その隣の部屋を取ってもらいました。そして、升瀬が出かけたのを見て部屋に侵入し、スマートフォンを同期させ、メールを見て「野放図」の存在を知り、椅子の下にあった、「調査報告書」を見て、升瀬が「死神」とつながっていたことを確信するのでした。

琴葉さんは、琴葉さんに謝るために「スマ・リサーチ社」を訪れた姉の織田彩音(中村ゆりさん)がまだ玲奈さんのことを悪く言い、玲奈さんに暴力を振るったことを夫の哲哉(柏原収史さん)のせいにするのを聞いて、私にはお姉ちゃんなんか要らない、と姉を強く追い返していました。彩音さんは、妹は自分がいなければ何もできないと思い込んでいるか、あるいはそう思いたがっているようでした。

探偵の桐嶋颯太(DEAN FUJIOKAさん)に青梅のDVシェルターから失踪した11人の女性について調べてもらった琴葉さんは、その資料を持って玲奈さんのいる池袋のビジネスホテルに向かい、社長の須磨康臣(井浦新さん)のもとに玲奈さんを捜している坂東志郎警部(相島一之さん)が会いに来て「半グレ集団」のことを訊いていたことなどを伝えていました。そして、自分がこれからすることを須磨社長には言わないでほしいと話して升瀬を尾行しに行く玲奈さんを、絶対に帰ってきてくださいね、と見送っていました。

玲奈さんは、「野放図」からの呼び出して出かけていった升瀬をGPSで調べながら尾行し、ある建物のガレージから奥の部屋の様子を窺っていました。その部屋には、行方不明になった妻を捜す「DV加害者」の男性たちが集まっていて、担当の女性に契約のための300万円の現金を渡していました。そこで升瀬の銀行の話を聞いた担当の女性は、すぐに升瀬が探偵に調べられていたことに気付いて部下にガレージを探させていました。

ガレージから飛び出した玲奈さんは、追ってきた「野放図」の男性たちから逃げ続けていたのですが、細い道に入って追い詰められ、鉄パイプで殴られて気絶し、黒い車に乗せられて拉致されてしまいました。

玲奈さんを心配していた琴葉さんは、社長に連絡しようとしたのを思い止まり、窪塚刑事に連絡していました。琴葉さんと会った窪塚刑事は、探偵が扱うのは民事で刑事が扱うのは刑事事件だからここからは刑事の仕事だと言い、「野放図」のところへ行った玲奈さんの行方を一人で捜し始めていました。

脚本は徳永友一さん、演出は品田俊介さんでした。

探偵の玲奈さんが毎回危険な目に遭う、というところは変わっていないと思うのですが、「第2章」の2回目の今回も、「第1章」より探偵の物語らしくなっていたように思えました。

表向きには優しそうだけれど実は裏では不良少女風だった琴葉さんの姉の問題は、何かこれからの事件に関わってくるのでしょうか。それとも、主人公の玲奈さんにも共通する、「姉妹」の問題ということなのでしょうか。

玲奈さんに関わるようになってきた窪塚刑事だけでなく、須磨社長の過去や、玲奈さんや琴葉さんに協力してくれる桐嶋さんのこともこれまでより描かれていましたし、第6話も、“連続ドラマ”としてそれなりに楽しく見ることができたように思います。

次回の予告では、最後の17分?に何か衝撃的な出来事があると伝えられていました。よく分からないのですが、次回の物語も、楽しみにして見てみようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム