「婚活刑事」第8話

日本テレビの深夜のドラマ「婚活刑事」の第八話を見ました。

第8話は、婚活中の両国署の刑事の花田米子(伊藤歩さん)が、年下で強面の組織犯罪対策課の権堂翔太(阿部亮平さん)に一目惚れをされる話でした。

「米子レーダー」の能力を信じる刑事課の課長補佐の宮谷博之(升毅さん)は、かつて面倒を見ていた権藤さんの行く末を心配し、絶対に好きになるなと、権藤さんと米子さんの双方に言い聞かせていました。

その頃両国署では、危険ドラッグの売人のリーダーの峰龍介(大口兼悟さん)を見張っていました。エリート刑事の藤岡躑躅(小池徹平さん)や組織犯罪対策課の巡査部長の本村正義(黄川田将也さん)も捜査をしていたのですが、米子さんへの気持ちが止まらない権藤さんは、米子さんを全身全霊で守りたいと主張し、米子さんは強面に怯えながらも、権藤さんと組むことになりました。

しかし、捜査を続けてもなかなか証拠が見つかりませんでした。ガサ入れの直前に峰さんたちが危険ドラッグをトイレの水に流していたことに気付いた藤岡さんは、両国署に内通者がいるのではないかと考え始めました。

捜査に行き詰って落ち込んでいた権藤さんをオトウサン(赤星昇一郎さん)の居酒屋へ連れて行った米子さんは、権藤さんとオトウサンの面識があったことに驚いていたのですが、それから酔った権藤さんを自宅へ送り、権藤さんから母親の写真を見せられて、女で一つで育ててくれた強かった母親が米子さんに似ているという話を聞かされて、嬉しそうにしていました。

権藤さんに改めて告白をされ、交際の返事を聞かせてほしいと言われて頷いた米子さんは、その後「串升」へ行くと、オトウサンに、この日のために生まれてきたのかもしれないと、愛されることの幸せを感じていました。

ところが翌日、危険ドラッグの売人の一人の早川さんが拳銃で撃ち殺されているのが発見され、近くに権藤さんの警察手帳が落ちていました。ショックを受ける米子さんが藤岡さんと本村さんと家宅捜索へ向かうと、権藤さんの部屋の奥からはたくさんのドラッグと現金が見つかり、本村さんは、権藤さんが武装をしている可能性があると、すぐに捜査を手配していました。

少しして米子さんの携帯電話に権藤さんから連絡があり、急いで権藤さんがいるバーへ向かうと、権藤さんは、峰さんに拳銃を突きつけていました。宮谷さんや本村さんは、権藤さんに銃口を向けていたのですが、知り合いだった早川さんに呼び出されて峰さんに濡れ衣を着せられたという権藤さんの話を信じることにした米子さんは権藤さんの前に飛び出し、権藤君は犯人じゃありません!だって私は権藤君のこと好きじゃないから!と断言していました。

権藤さんはショックを受けていたのですが、宮谷さんは権藤さんが犯人ではないことが分かってほっとしていました。そして、「米子レーダー」を信じていない藤岡さんが内通者は本村さんだと暴くと、追い詰められた本村さんが銃口を米子さんに向け、米子さんを全力で庇った権藤さんは重傷を負ってしまい、入院をすることになりました。

最後、「串升」で宮谷さんと食事をしていた米子さんは、どうしても顔が怖いのだと、権藤さんの告白を断った理由を打ち明けていました。

今回の脚本は杉山嘉一さんで、演出は阿部雅和さんでした。サブタイトルは、「危険なふたり」でした。沢田研二さんの曲でしょうか。

藤岡さんは、交通事故死したということにされている警部補だった婚約者の篠原沙織さんの死の真相を、違法な手段を使ってでも調べるという決意をしていました。

「米子レーダー」の使われ方の変化球のような感じでした。権藤さんが米子さんに一目惚れをするという展開も良かったと思うのですが、その権藤さんと宮谷さんと「串升」のオトウサンとの過去のつながりが描かれていたところも、良かったように思います。

子供のいない俺にとっては娘のようなものだ、と宮谷さんが米子さんのことを心配して権藤さんに話していたのも良かったですし、昔間違えて人を死なせてしまったというオトウサンが宮谷さんに罪を償うよう説得されたことや妻を癌で亡くしていることなどを米子さんに話していたのも良かったですし、今回は、宮谷さんとオトウサンという二人の父親が、米子さんを見守っているというような感じでもありました。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム