「リスクの神様」第7話

フジテレビのドラマ「リスクの神様」の第7話を見ました。

呉服屋から始まり、百貨店、ホテルなどの事業を拡大してきた「烏丸屋ホールディングス」は、1年前に社長の岡崎竜太郎(小野武彦さん)を息子の大樹(中村俊介さん)が解雇して自ら新社長になった直後、買収したばかりの日陽ホテルが3ヶ月ほどで経営破綻したということもあって、その株価が下がり続けていました。そして、サンライズ物産が岡崎元社長と同じく筆頭株主であったため、危機対策室の西行寺智(堤真一さん)や神狩かおり(戸田恵梨香さん)は、烏丸屋ホールディングスの経営再建に関わることになりました。

調査の結果、日陽ホテルの倒産が烏丸屋ホールディングスを陥れるための計画倒産だったことが判明し、新社長の方針に反対していた監査役員の花村(大谷亮介さん)が投資会社リバーファンドの代表の片山(手塚とおるさん)と組んで行っていたことだと分かりました。その投資会社は、いわゆる「ハゲタカファンド」でした。

烏丸屋ホールディングスがTOBで「敵対的買収」をされるかもしれないと考えた西行寺さんは、現社長の大樹さんに、買収を防ぐためには元社長で筆頭株主でもある父親と組むしかないと話すのですが、大樹さんが迷っている間にリバーファンドが目標の株を取得してしまいました。神狩さんは、「ホワイトナイト」を探すことを大樹さんに提案し、大樹さんは、知り合いのアジアグローバル証券の代表(木下ほうかさん)にそれを依頼することにしました。しかし、「再建計画書」をまとめた直後、種子島敏夫(古田新太さん)の調査によって、その代表が片山さんとつながっていることが判明するのでした。

今まで老舗のブランド力でやってきただけだと大樹さんに言った西行寺さんは、最良の方法は父親と手を組むことだと勧め、大樹さんを連れて烏丸屋呉服店を訪れました。息子に裏切られたというショックから立ち直っておらず、怒りが収まらない父親の岡崎元社長は、息子が持ってきた経営提案書と手紙を読もうともしませんでした。アジアグローバル証券とリバーファンドのつながりをハゲタカだったと伝えた大樹さんは、お願いしますと頼んでいたのですが、都合がいいと怒る父親に追い返されてしまいました。

臨時株主総会が始まると、怒る株主たちの席の前列には、リバーファンドの代表とアジアグローバル証券の代表と岡崎元社長が得意そうに座っていました。しかし、投票の結果、現社長を辞めさせて元社長を社長に戻すという案は否決されました。岡崎元社長は、ファンド2社を裏切って反対票を投じていたようでした。

神狩さんは、「親子の情」が勝ったものと考えていたのですが、西行寺さんの考えはそうではありませんでした。株主総会の前、岡崎元社長に会っていた西行寺さんは、情を捨て切れていないから会社の危機が見えていないのだと話し、情を捨てるよう頼んでいました。あなたの大切にしたいものは烏丸屋とその社員たちではないのですかと説得していました。一見仲直りをしたかのように見える岡崎元社長と大樹現社長の親子の和解は、経営戦略の一環のうちにあるものでした。

脚本は橋本裕志さん、演出は城宝秀則さんでした。

今回の西行寺さんのリスク回避は、サンライズ物産に烏丸ホールディングスの「ホワイトナイト」を頼まずに済んだことのようでした。ただ、もし坂手社長(吉田鋼太郎さん)に頼んだとしても、坂手社長は烏丸屋の経営には関わらない予定だったようでした。

第7話まで見ているのですが、このドラマが連続ドラマとして面白いのかどうかが、私にはいまいちよく分からないままです。決して悪いというわけではないのですが、登場人物たちの会話が説明的過ぎるようにも思えますし、会話の中に専門用語が多くて、しかも早口で話すので、私には上手く聞き取ることができないところも多いような気がします。

第3話でアメリカの子会社の「サンエナジー」へ出向させられていた、元広報部主任の橘由香(山口紗弥加さん)がサンライズ物産の白川専務(小日向文世さん)に会いに来ていたところは、連続ドラマとしては良かったと思います。

橘さんと白川専務のメタンハイドレートの実用化の計画が上手く行かないという問題は、30年前に西行寺さんの父親の関口孝雄(田中泯さん)が逮捕された事件の旧ソ連のガス田開発などのサンライズ物産のエネルギー開発事業の問題につながっていくようでした。

危機管理の専門家の西行寺さんがサンライズ物産で仕事を始めたのは、本当は父親の事件の真相を探るためなのではないかなと思うのですが、その部分は今回もまだほとんど描かれていませんでした。何か散漫としているような感じもしますし、登場人物の感情の流れが平淡であるような感じもしますし、このドラマを見ながら少し眠いような気持ちになってしまうところもあるのですが、次回もまた見てみようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム