「探偵の探偵」第9話

フジテレビのドラマ「探偵の探偵」の第9話を見ました。

「スマ・リサーチ社」の社長の須磨康臣(井浦新さん)の許可を得て、「死神」と思われる「澤柳菜々」の調査を始めることになった「対探偵課」の探偵の紗崎玲奈(北川景子さん)は、助手の峰森琴葉(川口春奈さん)と共に、澤柳菜々と結婚して8日後に殺された夫の妹の高橋理佳(陽月華さん)から入手した、「阿比留綜合探偵社」の代表の阿比留佳則(ユースケ・サンタマリアさん)の調査報告書に載っていた高校の卒業アルバムの写真をもとに「澤柳菜々」について同級生に電話で聞き込みをしていたのですが、「澤柳菜々」は地味な人物だったらしく、その人のことを憶えている同級生はいなかったようでした。

その後、DV夫の沼園賢治(姜暢雄さん)に追われていた市村凜(門脇麦さん)が、「スマ・リサーチ社」に逃げ込んできました。会社の外で玲奈さんを見張っていた刑事の長谷川憲保(渋谷謙人さん)も、その様子を見ていました。玲奈さんはGPSを見ながら、逃げる沼園を自転車で追いかけ、路地裏へ追い詰めて、澤柳菜々の連絡先を聞きだそうとしたのですが、ナイフを振り回す沼園に傷付けられた佐伯祐司(六角慎司さん)を気にしている間に、最新の地図に載っていない工事現場の裏口から沼園に逃げられてしまいました。(玲奈さんは、「対探偵課」の業務の一環として?佐伯さんの他、土井修三(伊藤正之さん)や伊根涼子(高山侑子さん)のGPSも読み取ることができるようにしていたため、沼園を追う探偵たちを追って、沼園の行く先々を見つけていたようでした。)

その頃、「スマ・リサーチ社」の須磨社長と探偵の桐嶋颯太(DEAN FUJIOKAさん)は、紗崎玲奈のせいで警察から目を付けられて困っているという探偵業者たちの会議に出席していました。「対探偵課」をやめるべきだと言う業者たちに、須磨社長は、「対探偵課」を設置することを勧めていました。余裕を持って須磨社長の話を聞いていた竹内調査事務所の竹内勇樹(岩松了さん)は、自分の会社にも「対探偵課」を作ると話して、その会議を終えていました。

「スマ・リサーチ社」に戻った玲奈さんは、伊根さんに案内されて入ってきた市村凜さんに事情を聞き始めました。事件の後にもお世話になったと玲奈さんにお礼を言う凜さんから、「スマ・リサーチ社」の白い封筒に入って送られていた奇妙な小包を受け取った玲奈さんは、「ブックボックス」(本型の箱)の中の手紙を読み、この手紙は「野放図」の事件後に調べて書かれたもので、詳細が書かれておらず少しずつ間違っていることから、自分が書いたものではないということを凜さんに説明していました。

そして、その箱を割った玲奈さんは、中に90日間持つ電池が使われているGPSが仕込まれているのを見つけて踏み潰し、同じものが送りつけられていたDV被害者たちに電話をかけて、すぐに箱ごと浴槽の水に沈めるよう指示していました。

玲奈さんは、管理されているはずの「スマ・リサーチ社」の封筒が使われていることから、社内に協力者がいるのではないかと考えていました。そして、凜さんを安全な場所へ連れて行くことにした玲奈さんは、外にいた長谷川刑事に細かいことは何も話さず、凜さんのために書類を偽造して一軒家を借りました。

その頃、生前の窪塚悠馬警部補(三浦貴大さん)に刺されて重傷を負って入院していた「野放図」のリーダーの淀野瑛斗(丸山智巳さん)が、警察が廊下で騒ぐ子供たちに気を取られている隙に、何者かに筋弛緩剤を打たれて殺害されました。窪塚さんの上司だった坂東志郎(相島一之さん)は、玲奈さんの手口と同じだと考え、再び玲奈さんの関与を疑っていました。

凜さんの家を借りた玲奈さんは、今度は「死神」を誘き出すため、治安の悪い街に本名で部屋を借りるという罠を仕掛けようとしていました。淀野が死亡したことと、公安から15日間の業務停止命令が下ったことを玲奈さんに連絡した須磨社長からは、「死神」のほうでも罠を仕掛けているだろうと忠告されていました。部屋の周囲を見張りながら、玲奈さんは家電を改造してスタンガンを工作し、「死神」が来るのを待っていました。

須磨社長は、淀野の殺害が玲奈さんの犯行なのかと聞きに来た坂東さんから、玲奈さんが追っているものについての情報を提供してほしいと頼まれ、「女の探偵」だと教えていました。

「竹中調査事務所」では、竹中社長のそばにいたもう一人の探偵(葛山信吾さん)が、玲奈さんの捜している「澤柳菜々」を捜しに出かけていました。「ハローワーク」で待っていたその探偵は、男装?の「澤柳菜々」に声をかけ、慌てて逃げ出したその人が自転車に乗って走り去る姿を写真に収めていました。

一方、凜さんのところにいた琴葉さんは、妹に捨てられて絶望していた姉の彩音(中村ゆりさん)から、踏み切りに飛び込むという自殺予告のメールを受け取って動揺していました。

そして、玲奈さんは、部屋に侵入してきた何者かをスタンガンで倒していました。

脚本は徳永友一さん、演出は森脇智延さんでした。

前回に続き今回も、物語の展開が早くて面白かったです。玲奈さんが捜している「死神」に近づいていく感じに、緊張感がありました。

「竹内調査事務所」という探偵事務所は、今回初めて登場していたのですが、その事務所が「澤柳菜々」を追っていたのは、「対探偵」の玲奈さんを潰すための一環でということなのでしょうか。でも、多くの探偵事務所が存在するとか、「スマ・リサーチ社」がその中の一社であるというという描写があったのは、このドラマの当初の「対探偵課」の物語であるという感じが出ていて、良かったような気がします。

男性に逆らわないことが男性から自分を守る方法だという思考の悪循環に縛られている、自分に自身のない凜さんの描写も良かったのだと思いますし、琴葉さんが、私なんかが生き残って良かったのかと落ち込む凜さんを、そう胸を張って言えるように生きていきましょうと明るく励ましていた場面なども、良かったように思います。

「死神」が何者であるのかは、今回ではまだ判明していなかったのですが、「最終章」の半ばとしてこれまでよりも面白くなってきたように思いますし、次回の物語も楽しみにしていようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム