「婚活刑事」第11話

日本テレビの深夜の「プラチナイト・木曜ドラマ」の「婚活刑事」の第十一話を見ました。

第11話は、前回の続きです。青山ルミという女性を拳銃で殺害した容疑で極秘に緊急手配された捜査一課の刑事の藤岡躑躅(小池徹平さん)の無実を信じる両国署の刑事の花田米子(伊藤歩さん)と、米子さんが好きになった人は必ず犯罪者という「米子レーダー」を信じる課長補佐の宮谷博之(升毅さん)の二人の捜査風景も面白く思えたのですが、前回の物語の中で、婚約者の篠原沙織(高部あいさん)の交通事故現場の写真を見つけていた藤岡さんは、これまで何度か捜査協力をしてもらっていた刑事の別府幸一(中村繁之さん)を呼び出し、沙織さんを事故に見せかけて殺したのは別府さんであると話していました。

別府さんと一緒に映っていたのは銀竜会の梅津で、藤岡さんが調べようとしていた梅津を警察署のトイレで自殺に見せかけて殺害したのも別府さんだったようでした。沙織さんは、暴力団関係者とつながっていた別府さんを逮捕しようとしたために殺害されたようでした。

藤岡さんの部屋を調べた米子さんと宮谷さんは、玄関脇の閉じられた白いドアの部屋が生前の時のままの沙織さんの部屋であることを知るのですが、その机の上に「結婚日記」を見つけ、密かに持ち帰って読んでいました。

第一章「最悪な出会い」、第二章「運命の再会」と少女漫画風に沙織さんと藤岡さんの出会いの話が綴られていたのですが、警察官としての沙織さんの勝気な性格は、米子さんによく似ていたようでした。

米子さんからの着信に出た藤岡さんは、別府さんとその仲間たちに殴られた後でした。走って藤岡さんを助けに行き、怪我をしている藤岡さんを藤岡さんの部屋へ運んだ米子さんは、私じゃダメですか、と藤岡さんに訊き、藤岡さんは、全て解決したら返事をすると米子さんに約束していました。そして、藤岡さんが右腕の絆創膏の下から鍵を取り出しすと、怪我をしている藤岡さんに代わって、米子さんが証拠品を引き取りに行くことになりました。

コンテナのような形の貸しトランクに入っていたのは、一つのスーツケースでした。別府さんの仲間から走って逃げ、宮谷さんと滝田流星(栗山航さん)が待っていた車に乗り込んだ米子さんがスーツケースを開けると、中には約1億円の札束が収められていました。沙織さんの日記には、「1億円」、「サクラプロジェクト」と記されていました。

電話の向こうの藤岡さんは、米子さんたちに、その証拠を守るよう頼んでいたのですが、その直後、部屋を訪ねてきた刑事たちに連れられ、拘置所へ入っていました。

脚本はますもとたくやさん、演出は青木達也さんでした。

今回のサブタイトルは、「MajiでKoiする5秒前」でした。(広末涼子さんの歌でしょうか。)

半分はコメディ、半分はシリアスな展開の刑事ドラマという印象でした。物語の展開が早いというわけではないと思うのですが、今回は、沙織さんの「結婚日記」というものも登場し、別府さんが悪い人だったことも分かり、最終回へ向けて物語が進んでいたように思います。

警視庁の警務部参事官の佐伯信二郎(大杉漣さん)は別府さんとつながっていたのですが、公園で娘さんと歩いていた両国署の刑事課の課長の塚本樹(鈴木砂羽さん)との関係性にも、何かがあるのでしょうか。

予告によると、次回が最終回だそうです。米子さんの「婚活」がどうなるのか、「米子レーダー」の発動はあるのか、というところも含めて、最終回の物語も楽しみにして見てみようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム