「デザイナーベイビー」第1話

NHKの「ドラマ10」枠の新ドラマ「デザイナーベイビー 速水刑事、産休前の難事件」の第1話を見ました。

主人公の速水悠里(黒木メイサさん)は、妊娠8ヶ月の刑事さんということでした。速水さんは、庶務課で仕事をしていたのですが、城南大学附属病院の産婦人科で元陸上選手の近森優子(安達祐実さん)と次期ノーベル賞候補の物理学者の近森博(池内万作さん)の新生児が誘拐されるという事件が発生し、上司の日村健吾(神保悟志さん)に頼まれて、警視庁捜査一課特殊犯捜査係へ戻り、西室義一(手塚とおるさん)や土橋福助(渡辺大知さん)と、その新生児誘拐事件の捜査をすることになりました。

妊婦としてその病院への潜入捜査を始めた速水さんは、優子さんが病室で目を離した隙に新生児が誘拐されたということに気付いたのですが、優子さんは生まれてから一週間経つその子供にまだ名前をつけていませんでした。ただ、一応「ノゾミ」という名前を考えていたようでした。

速水さんは、子供を誘拐するのは子供を欲しがっている人なのではないかと推理し、患者さんたちのことを調べ始めました。ノゾミを誘拐をしたのは、不妊治療の末ようやく授かった子供を流産してしまったことについて城南大学附属病院産婦人科の教授の須佐見誠二郎(渡部篤郎さん)を責めていた岸田トモ(安藤玉恵さん)でした。トモさんと夫の裕也(淵上泰史さん)は、警察の追っ手を逃れるため、すぐにアパートの部屋を出て行ったのですが、その誘拐犯の逃走の様子を、製薬会社の車を運転していた人物(柿澤勇人さん)が見ていました。

脚本は早船歌江子さん、演出は岩本仁志さんでした。

原作は、私は未読なのですが、岡井崇さんのミステリー小説『デザイナーベイビー』です。

少なくとも第1話は、ドラマを見る前に思っていたよりも面白かったように思います。

妊娠8ヶ月の刑事さんが捜査に加わるのは危ないのではないかなと思いながらドラマを見始めたのですが、見始めると、その点はそれほどには気になりませんでした。むしろ、その状態が新生児誘拐事件の捜査に活かされるという展開になっていたような気がします。

もう少しで生まれてくるはずの子供を流産してしまったらしいトモさんが新生児誘拐事件を起こしたのは、本当に子供を欲しかったというだけの理由であるようだったのですが、誘拐された新生児・ノゾミの母親の優子さんが心配していたのは、2番目の子供となるノゾミが実は「デザイナーベイビー」であることが知られることであるようでした。いなくなった妹のことを心配していた長男は、「デザイナーベイビー」ではないのでしょうか。優子さんは、新生児のノゾミよりも長男のことを気にかけていたようでした。

「デザイナーベイビー(デザイナーベビー)」というのは、遺伝子操作によって親が望む通りの外見や能力を持つように作られた子供のことだそうです。ドラマの中の城南大学附属病院産婦人科の胚培養士の山原あけみ(斉藤由貴さん)によると、日本にも実際に作る技術はあるのだそうです。

全8回のドラマだそうです。警察関係者や医療関係者などの登場人物の多いドラマのようにも思えたのですが、第1回では、まだ誰が誰なのか分からなくなったりはしませんでした。あと、速水さんの夫?の下地浩介(山崎樹範さん)には中学生くらいの子供がいました。すごく面白いドラマなのかどうかはまだ分からないのですが、ミステリーの連続ドラマとして見やすいドラマになっているかもしれないなと思いました。

ところで、これはこのブログのことなのですが、私は「カテゴリ」の欄で、冬ドラマと春ドラマ、夏ドラマと秋ドラマを、その年の前期・後期のように分けています。そして今回から、夏ドラマと秋ドラマを別にしようかどうしようかと迷い、一度は別にしてみたのですが、何だか気になってしまい、戻すことにしました。一応このドラマから、「2015年秋ドラマ」です。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム