「洞窟おじさん 完全版」第4話(最終回)

NHKのBSプレミアムのドラマ「洞窟おじさん 完全版」の第4話(最終回)を見ました。

第4話は、出身地の近くの山の中の障害者支援施設に預けられ、働くことになった加山一馬(リリー・フランキーさん)が、施設長の丹波総一郎(小野武彦さん)や職員の軽部久美(尾野真千子さん)に支えられながら、無事に「社会復帰」を果たすまでのことが描かれていました。

スペシャルドラマの時よりも長い「完全版」の最終回では、一馬さんが山へ帰らずに施設に残って、他人の役に立つことの喜びを知り、真面目に働くことになった課程が、やはりとても丁寧に描かれていて、とても良かったです。

威張って暴言を繰り返す若社長の木村千次(宇野祥平さん)を一馬さんが大きなカエルでやっつける件も良かったのですが、工務店の仕事仲間の前でカエルを捌く場面には少し驚きました。

深夜物音で目を覚ました一馬さんが、長嶋功(野間口徹さん)の割り箸を作る機械を修理していた場面も良かったです。「人の役に立つ」ということの喜びを、長嶋さんが一馬さんに伝えていたのが良かったのかもしれません。長嶋さんは、仕上がりがきれいなために料亭でも使われている自分の割り箸作りの仕事に誇りを持っていました。

それ以外にも一馬さんは、荒れたままになっていたグラウンドを、見ていて覚えたショベルカーを使って整備したり、そのような機械を盗みに来た泥棒たちを捕まえたり、いろいろなことで人の役に立っていました。

「洞窟おじさん」として体験談を語ったり、近所の子供たちに弓の使い方を教えたりもして喜ばれていました。

久美さんの車で両親のお墓参りに出かけた一馬さんが、両親の死を受け入れて大泣きする場面も良かったですし、久美さんが離れていってしまうショックで裏庭に洞窟を掘ってしまっていた辺りの久美さんとのやり取りの場面も楽しかったです。

一馬さんの担当のお世話係のようだった久美さんとも釣りに出かけていたようですし、スペシャルの時よりも時間をかけて、いろいろな出来事を通して、一馬さんが明るい久美さんに馴染んでいった様子が描かれていました。

黒猫好きの久美さんの「隠れ家」で一緒に食べた久美さんの好きなアイスでブルーベリー知った一馬さんが、ブルーベリーを育てることに決めるまでは、スペシャルドラマでも描かれていたのですが、そこからジャムを作るまでになったことは、新しい物語だったように思います。

一馬さんは、地元の夏祭りで、「洞窟おじさんの手作りブルーベリージャム」を売っていました。とても人気のようでした。

浴衣の久美さんもブルーベリージャムを買いに来ていたのですが、一馬さんを捕まえた警察官の桃園幸作(生瀬勝久さん)と宅間剛(浅利陽介さん)も遊びに来ていて、一年前とは雰囲気の変わった一馬さんを見てほっとしていました。

執行猶予中だから気をつけるようにということも話していたのですが、少し丸くなったらしい一馬さんの様子に、一馬さんは良い人に出会ったのだと嬉しそうにして、ジャムを買って帰っていました。

一馬さんのブルーベリージャムをアイスに乗せておいしそうに食べ始めた久美さんに、一馬さんが、最後まで見捨てないでいてくれたのはあんただけだ、あんたに会えて初めて生まれてきて良かったって思えた、生きるって楽しいんだね、ありがとう、と話す場面が、本当に良かったです。

脚本は児島秀樹さんと吉田照幸さん、演出は吉田照幸さんでした。

「社会復帰」は、良い人と出会って、生きていて良かった、生まれてきて良かった、と心の底から思うことができるようになることなのかもしれないなと、今回の「完全版」の最終回を見ていて思いました。

一馬さんが人に喜んでもらいたいと作り始めたブルーベリーは、本当にたくさん育っているようでした。

エンディングの写真に写っていた方が、「洞窟おじさん」の加村一馬さんご本人のようでした。とても穏やかそうな、優しそうな方に見えました。隣に写っていた女性は、ドラマの久美さんのモデルの方でしょうか。一馬さんの手のひらに乗せられた一粒のブルーベリーの実に、幸せが詰まっているような印象でした。

あまり良くない家庭に生まれ、13歳で家を出て、普通の社会からは少し外れてしまっていたのだとしても、山や川で真面目に生きていた一馬さんが、後には良い人たちに出会うことができて、本当に良かったと思いました。

どのような最終回になっているのだろうと思いながら見始めたのですが、2時間のスペシャルドラマの時には分からなかった部分も描かれていて、まさに「完全版」でした。とても良いドラマでした。私も無事に最後まで見ることができて良かったです。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム