映画「るろうに剣心 京都大火編」

昨夜、日本テレビの「金曜ロードSHOW!」で地上波初放送された映画「るろうに剣心 京都大火編」を見ました。本編ノーカットということで、夜9時から11時44分頃まで放送されていました。

原作は、和月伸宏さんの漫画『るろうに剣心』です。 中学生くらいの頃、同級生が持っていたその漫画の本を見せてもらったことがあるような気がするのですが、読んだというほどではないような気がします。

そのようなことも会って、2013年の頃に同じ「金曜ロードSHOW!」の枠で放送されていた映画「るろうに剣心」(第一作)を見た時は、私にはその作品をあまり面白く思うことができませんでした。佐藤健さんの演じる緋村剣心の語尾の「ござる」も、奇妙に思えて気になってしまっていました。

でも、昨夜の「るろうに剣心 京都大火編」(第二作)は、今作から神木隆之介さんが出演しているのだなというくらいの気持ちで見始めたのですが、最初から最後まで面白く見ることができました。

この「るろうに剣心」の映画は「アクション映画」と言われていますが、前作の派手なアクション場面は、私には、アクション場面のためのアクション場面であるように見えていたというか、アクションがただのエンターテインメントの要素になっていたように思えていたというか、そのような印象だったのですが、今作のアクションの場面は、ちゃんと、と一視聴者の私が言ってはいけないのかもしれないのですが、この映画の物語の内容に必要なアクション場面になっていて、前作の時に思えたような不自然さもほとんどなく、人斬り抜刀斎だった頃の自分に戻ってしまうかもしれないことに悩みながら戦う剣心の殺陣のスピード感や迫力を、単純にかっこ良く思うことができました。

その他の主な登場人物は、神谷活心流の師範の神谷薫(武井咲さん)とその門下生の明神弥彦(大八木凱斗さん)と相楽左之助(青木崇高さん)、元新撰組三番隊組長で警官の斎藤一(江口洋介さん)、新政府の役人の大久保利通(宮沢和史さん)、剣心の「人斬り」としての後継者で自分を裏切った明治新政府の転覆と日本の支配を企てる志々雄真実(藤原竜也さん)、瀬田宗次郎(神木隆之介さん)、沢下条張(三浦涼介さん)、逆刃刀の一振を剣心に託した新井赤空(中村達也さん)、その息子の新井青空(渡辺大さん)、元お庭番(忍)の柏崎念至(田中泯さん)と巻町操(土屋太鳳さん)、お庭番の仲間たちを幕府側に殺されやり場のない怒りを幕末最強の剣士“人斬り抜刀斎”の緋村剣心に向ける四乃森蒼紫(伊勢谷友介さん)だったように思います。

佐藤健さんの剣心と神木隆之介さんの瀬田宗次郎、田中泯さんの翁・柏崎念至と伊勢谷友介さんの四乃森蒼紫の戦いの場面なども、とても緊迫感があって、緻密な感じがして、良かったです。

登場人物の名前が難しいところや、髪型や服装が少し奇妙なところなどは、漫画原作らしいところなのかなとも思うのですが、今回の物語自体は、もしかしたら起こり得たかもしれないもう一つの明治時代という感じがして、私にも面白く思えたのかもしれないなと思います。

江戸の徳川幕府が維新勢力に倒されて明治時代が作られた後、もしも、幕府側でも維新側でもない新団体が現れて、維新勢力側以上の武力で国を乗っ取るために明治新政府を倒そうとしていたなら、内戦は続き、この映画のような凄惨な出来事もあったのかもしれないなと思いました。

第二作も第一作と同じく、脚本は藤井清美さんと大友啓史さん、音楽は佐藤直紀さん、監督は大友啓史さんでした。

いわゆる「足手纏い」になってしまいそうな薫さんの場面にもそれほど無駄に思えてしまうようなところはなく、剣心の語尾の「ござる」の口調も、前作の時より少なかったのか、あまり気になりませんでしたし、次週に放送される予定(夜8時頃からだそうです)の続編の、映画第三作「るろうに剣心 伝説の最期編」も、楽しみにしていようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム