「無痛~診える眼~」第6話

フジテレビのドラマ「無痛~診える眼~」の第6話を見ました。

為頼英介(西島秀俊さん)が高島菜見子(石橋杏奈さん)のマンションの部屋へ駆けつけると、頭にビニール袋をかぶせられた高島さんが冷蔵庫に寄りかかるように座っていて、為頼さんが袋を外すと、高島さんの頭部からは血が流れていました。ストーカーの佐田要造(加藤虎ノ介さん)の姿はすでになく、為頼さんは「白神メディカルセンター」に搬送される高島さんに付き添い、院長の白神陽二(伊藤英明さん)に頭部と脾臓の損傷を伝えました。診える眼を持つ白神院長も高島さんの状態を診て、緊急オペを始めていました。

その頃、通報を受けて現場へ駆けつけた刑事の早瀬順一郎(伊藤淳史さん)と後輩の太田武司(馬場徹さん)は現場検証を始めていたのですが、被害者の頭に袋がかぶせられていたことや床に凶器が落ちていたことやプリンの空容器が置かれていたことや土足だったことなど、「石川さん一家殺害事件」と酷似していることに憤っていました。

病院へ来た早瀬さんは、高島さんの手術が無事に終わるのを待っている為頼さんに、犯人の佐田と面識があったのに自分に伝えなかったことを怒って責めていました。為頼さんは、佐田に犯因症が診えなかったのだと早瀬さんに話し、気にしていました。

手術は成功し、高島さんは白神院長が用意した個室にしばらく入院することになったのですが、そのことを白神院長の秘書の横井清美(宮本真希さん)は悔しそうにしていました。

目を覚ました高島さんは、担当患者の南サトミ(浜辺美波さん)のことを心配して、自分の鞄の中にあるはずの携帯電話を探していたのですが、見つかりませんでした。その時、高島さんを心配していた清掃員のイバラ(中村蒼さん)が病室にやって来て、痛みが消えるといいですねと声をかけて去っていきました。

南さんは、自分が「死んじゃえ」とメールを送ってしまった高島さんが事件に巻き込まれたことを気にしていて、「私のせい?」とメールを送り、大丈夫だよとの返信を受け取り、病院に警察が来ているとか、その後もやり取りをしていました。

料亭に来ていた白神院長は、開発した痛みを消す薬を製薬会社の人に託していたのですが、一緒に来ていた秘書の横井さんは、電話に出るために廊下に出ていたのですが、その相手は逃亡中の佐田さんでした。高島さんのストーカーの佐田さんは、横井さんから、女性には押しとサプライズが効果的だというアドバイスを受けて、高島さんの部屋への侵入を実行していたようでした。佐田さんは、助けてほしいと横井さんに頼んでいたのですが、横井さんは、傷害事件の犯人となった佐田さんを事務的に突き放して電話を切っていました。

早瀬さんと太田さんは、港に残されていた佐田さんの車を調べていました。車の中には高島さんの盗撮写真があり、早瀬さんと太田さんは佐田さんに激怒していたのですが、佐田さんの行方は分からないままでした。

上司からこの事件の捜査を外されていた早瀬さんに頼んで事件について教えてもらうことにした為頼さんは、現場に落ちていた髪の毛のDNAが南さんのものと一致したことを聞いて驚き、「石川さん一家殺害事件」に酷似していたという高島さんの部屋の様子を見て、犯因症の診えなかった佐田には最初から高島さんを殺すつもりはなかったのではないかと考えていました。

その後、為頼さんは、高島さんの病室の前でメールを見た後廊下を走り出す南さんの姿を目撃していました。病室の高島さんから、携帯電話を失くしたと聞いた為頼さんは、携帯電話は佐田に奪われ、南さんがメールをしている相手は佐田なのではないかと推理していました。

逃亡中の佐田さんは、殺害事件のあった石川家のリビングに隠れて、高島さんの携帯電話から、「お前が死んじゃえ」と南さんにメールを送っていました。南さんは、病室のベッドの周りのカーテンを閉めて閉じこもっていました。為頼さんは、カーテンの向こうの南さんに、高島さんは携帯電話を失くしているから南さんのメールの相手は高島さんではないということを教えていました。ストーカーに盗まれたかもしれないからと、南さんに送られてきたメールの文面を確かめたい旨を話すと、南さんはカーテンの隙間から為頼さんに携帯電話を差し出しました。文面を見た為頼さんは、高島さんではないと確信し、南さんにお礼を言って、早瀬さんに連絡していました。

早瀬さんは上司たちに話し、高島さんの携帯電話の電波から佐田の居場所を見つけたのですが、佐田はすでに石川家にはおらず、高島さんの携帯電話だけを床に残していました。

追い詰められていた佐田さんは、警察の警備が手薄になった病院に来ていました。佐田は高島さんを脅し、病室の外へ連れ出していたのですが、その高島さんがエレベーターに乗せられているところを、南さんが見かけていました。南さんは、高島さんが消えた病室で唖然としていた為頼さんの腕を引っ張り、高島さんがさらわれたことを教えていました。

病院の警備員が確認した防犯カメラの映像から佐田と高島さんが地下にいることが分かると、為頼さんと南さんはその場所へ急ぎました。白神院長は、二人の様子を見守っていました。南さんは、高島さんに刃物を向けて脅していた佐田さんに掴みかかり、為頼さんは、殺してやると叫んで刃を向けてきた佐田さんに、犯因症を見ようとしていました。そして、犯因症が出ていないことを確認すると、佐田さんに、そんな度胸はない、やれるものならやってみろと近づいていました。

葛藤していた佐田さんは、為頼さんに向けていたナイフを捨て、悔しそうにその場から逃走していきました。しかし、地下から出ると、待っていたイバラに銀色の医療器具で殴られて倒れていました。

白神院長は、為頼さんに、自分の眼を信じることにしたのかと言いつつ、それにしても危ないと、為頼さんの犯罪者への率直な言動を注意していました。

早瀬さんたち警察は病院からいなくなった佐田さんの行方を捜していたのですが、その頃、佐田さんは、謎の地下室の手術台の上に寝かされていました。点滴を打たれて意識を朦朧とさせていた佐田さんは、イバラから、痛みについての説明を受けていました。そして、痛みを知ることができない「先天性無痛症」のイバラは、オペを始めます、と白神院長のように言って、手にしたメスを佐田さんの身体に下ろしていました。

脚本は丑尾健太郎さん、演出は木下高男さんでした。

最後、高島さんは更衣室のダイヤルの鍵のついた自身のロッカーを開けていたのですが、ロッカーの中から落ちてきた白いビニール袋からは、手首に腕時計を着けたままの血まみれの手が覗いていました。

早瀬さんは、為頼さんと一緒に診療所で井上和枝(浅田美代子さん)の作った朝食を食べようとしていたのですが、次回からは、佐田さんの手首を切り落とした?イバラさんについての捜査を行うことになるようでした。

今回は、「無痛」というか、「痛み」についての部分が、一気に進んでいたような気がします。私は原作の久坂部羊さんの小説を未読なので、イバラさんの行動に少し驚いたのですが、イバラさんがもしも高島さんのためにそのストーカーの佐田さんの手首を切り落としたのだとするのなら、イバラさんには誰かのために感じる怒りや不満の感情はあるということになるかもしれないですし、それを「精神的無痛者」だと言うことはできないような気もしたのですが、どうなのでしょうか。

佐田さんに犯因症が診えなかったことを悩んでいた為頼さんは、佐田さんに犯因症が見えなかったことは正しかったのだということを確信し、改めて自分の眼で診える事実を信じることにしたようでした。

為頼さんの恩師の久留米実(津嘉山正種さん)は、病による痛みを為頼さんが薬で和らげようとしたのを、このままでいいと毅然と断っていたのですが、為頼さんは、痛みを引き受ける久留米さんのことを心配して、白神院長に相談し、未承認の痛みを消す薬をもらっていました。

痛みは経験によって感じ方が増幅されるというようなイバラさんの説明を聞いて、確かにそうだなと思いました。例えば映画やドラマを見ている私が、登場人物の誰かが傷付けられる場面を見て何か自分のことのように痛そうに思うのは、痛みに関する実体験とその時に感じた嫌悪感と想像力によるのではないかと思います。痛みを感じるくらいが人間らしいのだとドラマの中の久留米さんは話していましたが、痛みを感じ過ぎてもいけないし、感じなさ過ぎてもいけないし、ちょうど良いどこかに自在に?その感覚を置くことは難しそうだなと思いました。

第6話も丁寧に作られているように思えて面白かったですし、次回も楽しみにしていようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム