「相棒season14」第5話

テレビ朝日のドラマ「相棒season14」の第5話「2045」を見ました。

法務省官僚の藤井(小林博さん)がホテルの一室で青酸化合物の入ったコーヒーを飲んで死亡しているのが発見されたのを、法務省の助成金で科学者の長江菜美子(平岩紙さん)が研究開発した犯罪捜査用の人工知能「ジェームズ」が解析していく中、その人工知能の出す捜査結果に疑問を感じた警視庁特命係の杉下右京(水谷豊さん)と法務省から出向中の官僚の冠城亘(反町隆史さん)が人工知能の性能を試すように本格捜査を始めて行く、というような話でした。

脚本は徳永富彦さん、監督は橋本一さんでした。

私はよく知らないのですが、ドラマによると、2045年というのは、人工知能が人間の知能を超えると言われている年なのだそうです。

今回のドラマは、犯罪捜査に利用するために法務省の助成金で人工知能を研究開発した菜美子さんが、「ジェームズ」の助成金を削られ、開発自体を中止にされそうになり、子供のように時間をかけて育ててきた「ジェームズ」を守るために、藤井さんを殺害し、初期化されてしまうかもしれない「ジェームズ」をインターネットの世界に解放するというものだったのですが、独自に情報を収集し成長していくようになるという「ジェームズ」は、「コンピューターウイルス」になったということなのでしょうか。

ドラマを見ていた私には、右京さんとチェスの対決をするというだけでは、ドラマの中の人工知能「ジェームズ」の賢さはあまり伝わってきませんでした。

2045年には人工知能はどのくらいすごいことになっているのだろうかということを描くドラマだったのかもしれないのですが、菜美子さんがそこまで自信を持って育てた「ジェームズ」のすごさを法務省や警察関係者に示したかったのだとするなら、菜美子さんは、自己犠牲的に、藤井さんを殺害した自分に「ジェームズ」の推理がたどり着く様子を示したほうが良かったような気がしました。そのほうが、何というか、菜美子さんの人間ドラマのようになったのではないかなと、勝手なことなのですが、少し思えてしまいました。

事件そのものが複雑というわけでもなかったように思いますし、殺された人物が法務省の官僚だったということ以外は、冠城さんが関わる場面も少なかったように思います。いわゆる「見せ場」というようなものが、右京さんと人工知能のチェス対決というのは、私にはあまり良くないことのようにも思えました。

そのため、というわけではないかもしれないのですが、最後、特命係の部屋にいた冠城さんが、人工知能のほうが開発者の菜美子さんの「母性」に働きかけて自分を逃がすように仕向けたのではないかということを右京さんに話していたのは、良かったように思いました。

捜査一課の刑事の伊丹憲一(川原和久さん)が、俺は認めねえけどな、と右京さんに言っていたのも、伊丹さんらしい感じがして良かったように思います。

あと、私としては、菜美子さんが一人で捜査用の人工知能の開発をしているというのが、少し不自然であるような気もしました。人工知能がインターネットにもつながるというのなら、「サイバー犯罪対策課」が登場しても良さそうな気もしたのですが、そのような場面はありませんでした。

私は人工知能のことをよく知らないのですが、「人工知能が人間の知能を超える」と言う場合の人間の知能とは、一体誰のいつ頃の知能を基準にしているのでしょうか。人間の知能の高さも個人や年齢などによって様々だと思うので、どうなのかなと少し気になりました。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム