「無痛~診える眼~」第7話

フジテレビのドラマ「無痛~診える眼~」の第7話を見ました。

恩師の久留米実(津嘉山正種さん)の往診に行った為頼英介(西島秀俊さん)は、白神メディカルセンターで無痛治療の新薬の研究を始めようと思っているということを久留米さんに話し、使うかどうかを久留米さんに訊いていたのですが、久留米さんは僅かに手を振って拒み、痛みは私だ、私が痛みだとつぶやいていました。

白神メディカルセンターでは、ロッカーから落ちてきた手首のことで、港中央署の刑事の早瀬順一郎(伊藤淳史さん)と太田武司(馬場徹さん)が、臨床心理士の高島菜見子(石橋杏奈さん)を聴取していました。そこには院長の白神陽児(伊藤英明さん)の秘書の横井清美(宮本真希さん)も同席していて、手首の人物の心当たりを訊かれた高島さんは、佐田要造(加藤虎ノ介さん)の名前を答えていました。「石川さん一家殺害事件」を追っている早瀬さんは、その事件の容疑者を佐田かもしれないと思いつつ、その事件の捜査からは外されているので、あくまでも佐田殺害事件として捜査を始めていました。

白神院長は、秘書の横井さんが高島さんを解雇するべきだと言うのを聞いて、横井さんに疑惑の目を向けていました。横井さんの携帯電話を示し、会食の途中で誰と話していたのかと問い詰め、横井さんが佐田に高島さんを襲わせるようにしていたことを知りました。今までの行動を全て話すように横井さんに命じた白神院長は、それから横井さんに手術器具の管理状況を調べるよう指示していました。

白神メディカルセンターに来た為頼さんは、廊下で清掃員のイバラ(中村蒼さん)にぶつかり、その時には気付かなかったようなのですが、廊下のソファで為頼さんを待っていた刑事の早瀬さんに近づくイバラさんを止めようとして、イバラさんの右手首周辺の怪我に気付き、その腱鞘炎の手当てをしていました。

院長室の白神院長は、イバラの手の怪我を知って問い詰めていたのですが、少し気まずそうなイバラがオペをした、悪いものを取り除いたのだと言うのを訊いて、イバラが佐田を殺したことを察し、激昂していました。しかし、強くなるために薬を飲んでいたというイバラがどこでオペをしたのかを忘れていることを知ると、薬のせいなのかと考えて、事実を隠すことにしたようでした。白神院長は、横井さんを呼び、イバラを監視するよう指示していました。大人しく連れて行かれたイバラは、ドアに鍵のついた病室に隔離され、頭に治療器具を付けられ、カメラで監視されることになりました。

どこかの地下室では、誰かが血まみれの手術台とバラバラに切断された佐田さんの遺体を発見していたのですが、その遺体が入っていた籠には、白神メディカルセンターの清掃課と書かれていました。早瀬さんたちが調べたところ、病院の防犯カメラの映像にも、イバラが何かの入った籠を押していく様子が記録されていました。

指紋の照合やDNA鑑定の結果、佐田が「石川さん一家殺害事件」の犯人であるということになり、被疑者死亡のまま書類送検されることになったのですが、上司の仁川康男(兵動大樹さん)から増員の連絡があったからと送り出された早瀬さんは、捜査本部の部長に、白神メディカルセンターに入院中の南サトミ(浜辺美波さん)の金髪と石川家の現場から採取された髪の毛とが一致したというDNA鑑定の結果表を提出していました。

喉の手術を無事に終えた南さんのことを心配している為頼さんは、聴取をするのはまだ早いのではないかと考えていたのですが、早瀬さんは一刻も早く話を聞きたい様子でした。

妻を失ったとか、弟を失ったとか、そのような過去の話を白神院長と話していた為頼さんは、井上和枝(浅田美代子さん)からの連絡を受けて慌てて久留米さんの自宅へ駆けつけていたのですが、病の痛みを引き受けていた久留米さんは少しして静かに息を引き取り、為頼さんは久留米さんの死を看取っていました。

夜、診療所で久留米さんの死亡診断書を書いていた為頼さんは、そこへ訪ねてきた、久留米さんの死に少し驚いていた早瀬さんから、白神院長の許可が出たから南サトミの聴取をすることになったと言われ、南サトミに犯因症が出るかを確認してほしいと頼まれていました。

南さんに犯因症は出ないと言う為頼さんは、確認するだけでいいからと食い下がる早瀬さんに、一度だけ犯罪を犯さない可能性の人物に犯因症を診たことがあると、亡くなる直前の妻の倫子(相築あきこさん)の様子を話していました。倫子さんは、病気が治らないことを知って、一切の治療を拒んでいたようで、最後は病の痛みに苦しみながら亡くなっていったようなのですが、倫子さんの顔に犯因症が診えたのは、その死亡直前の酷い痛みに苦しんでいる時だったようでした。

為頼さんが早瀬さんに話しているのを聞いていた和枝さんは、あれほど優しかった倫子に犯因症が出るはずはない、見間違えたのだと激怒し、どうしてもっと早く病気を見つけてくれなかったのかと泣いていました。為頼さんも泣きながら、どうすれば良かったのか、治療を拒む倫子さんの意志を無視して治療をすれば良かったのかと悩んでいました。

警察は、イバラさんを逮捕する方針を固めていたのですが、その頃、隔離病棟では、自分を呼ぶ白神院長?の声を聞いたイバラさんが、秘書の横井さんを突き飛ばして病室を脱走していました。院長室を訪れた為頼さんは、院長の机の上に置かれた大量の薬をイバラさんが一気に口に入れるのを見て、慌てて止めていました。そこへ白神院長も現れ、ふらつくイバラさんを二人でソファに運んだのですが、少しして目を覚ましたイバラは為頼さんを強く睨み、その顔を見た為頼さんは、そこに犯因症を診て驚いていました。どうしてイバラ君に、と不思議がる為頼さんに、白神院長は、それはイバラが佐田を殺した犯人だからですと答えていました。

そうして院長室にやって来た早瀬さんたちにイバラさんの引き渡しを約束した白神院長は、為頼さんからいつ彼が犯人だと知ったのかと訊かれると、さっき知ったのだと答えていたのですが、その言葉を聞いた為頼さんは、今すぐ無痛治療の研究を始めることはできなくなったと言い、引き止めようとする白神院長に、痛みについて考えたいと言って、院長室を去っていました。

脚本は小川智子さん、演出は佐藤祐市さんでした。

最後は、為頼さんから声は自分のものだと言われたり、機種変更の連絡をして来た高島さんに笑顔の顔文字のメールを送ったりしていた病室の南さんが、少しだけ自分の声を発してみるという場面で終わっていたのですが、途中ですっと黒く途切れた、はっとするようなその終わり方も、サスペンス的で良かったように思います。

痛みは私だと全ての痛みを引き受けていた久留米さんが亡くなった夜、同じように痛みの苦しみを背負って亡くなった倫子さんのことを思って、夫の為頼さんと姉の和枝さんが泣きながらそれぞれの思いをぶつけ合う場面も、緊張感があって良かったです。

白神院長は、弟を亡くしているようだったのですが、その弟のことと無痛治療の研究のことも何か関係があるのでしょうか。為頼さんは、痛みに苦しむ倫子さんに犯因症を診たことをきっかけに、痛みと犯因症のつながりを研究しようと、白神院長の無痛治療の研究にも参加しようとしていたようでした。

以前の為頼さんの話によると、犯因症はエネルギー過多の状態が現れたものということでしたが、強い痛みに耐えたり、苦しんだりするというのも、自分自身の生きようとする意志の表れだとするなら、エネルギー過多の状態というか、殺気のようなものにもつながるのかなと思いました。

白神院長はこれまでは公正な人のように描かれていたのですが、今回の感じでは、意外とそうでもないようでした。悪い人でもなさそうなのですが、自身の研究や病院を守るためには、犯罪の事実を隠蔽することもある人のようでした。

中村蒼さんのイバラさんの存在感が、今回は特に良かったような気がします。イバラさんの「イバラ」が苗字だったというのも少し意外に思ったのですが、イバラさんも、やはり病院と院長と高島さんのために、「悪いもの」である佐田さんを殺していたようでした。イバラさんが「先天的無痛症」のために自身のものと同じくらい他者の身体的な痛みを理解することができないのだとしても、イバラさんが精神的にも無痛であるということは、今回を見ても私にはまだよく分からないような気がしました。

今回の第7話も面白かったですし、次回の物語も楽しみにしていようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム