「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」最終回

フジテレビのドラマ「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」の最終回(第9話)を見ました。録画をしておいたものです。

最終回は、婚約者の猪熊夕貴(木村文乃さん)が殺されたと思い込んだ刑事の里見偲(松坂桃李さん)が、連続殺人犯の橘カラ(菜々緒さん)の殺害を実行しようとする話であり、サチさんだったカラさんの本当の正体が判明する回でもありました。

別荘の地下室から助け出された夕貴さんに違和感を感じた里見さんは、夕貴さんの母親の協力を得て毛髪のDNA鑑定を行った結果、夕貴さんと同一の人物であるという判定に納得できずにいたのですが、カラさんの出身高校を訪ねて卒業アルバムを見せてもらったところ、サチさんが夕貴さんと瓜二つであることが分かり、養女だったサチさんと養女であることを里見さんに打ち明けていた夕貴さんが双子だったことを突き止めるのでした。

そして、里見さんは、橘カラを殺害してカラさんに整形したサチさんが、今度は再び整形をして夕貴さんになりすましているということに思い至り、夕貴さんと同じ顔のサチさんが夕貴さんを「とっくに殺した」と言うのを聞いて、また。土に埋められかけている画像を見せられて、サチさんを殺害する決意をするのですが、サチさんが生きている夕貴さんを里見さんに見せたことで、里見さんはサチさんを殺さずに、逮捕することにしたのでした。

夕貴さんになりすましたサチさんが里見さんの拳銃で撃ったカラさんの顔をした女性は、カラさんがボクシングジムで誘った女性だったようでした。レナ(入山杏奈さん)も、サチさんの指示に従って整形手術を行っていた月本圭(要潤さん)も警察に保護され、事件の検証を行っていた里見さんと夕貴さんの上司の安藤実(船越英一郎さん)は、夕貴さんが殺されなかったことについて、唯一の肉親を殺すことができなかったのではないかと結論付けていました。

警察に捕まったサチさんは、本当は自分を殺したがっていたのではないかという里見さんの推理を、正しいと認めていました。

脚本は佐藤嗣麻子さん、演出は本橋圭太さんでした。

前回の放送の後に言われていた「予測不可能な結末」は、確かにそうだったのかもしれません。サチさんがカラさんになったと言うところまでは分かっていましたが、サチさんのカラさんと夕貴さんが生き別れになって別々の家庭の養女となっていた双子の姉妹だとは気付きませんでした。

でも、最終回のその「予測不可能」な展開が面白く思えていたのは、最初のほうでサチさんのカラさんが里見さんに言っていた「とっくに殺した」の辺りまででした。

カラさんが里見さんに見せた夕貴さんの写真の雰囲気から、夕貴さんは生きているのだろうということが分かってきたからです。そして、やはり夕貴さんは無事でした。しかも、監禁されてから何日経ったのかということもいまいちよく分からなかったのですが、大怪我をさせられているようだった割には、とても元気そうでした。

夕貴さんが生きているということは、道徳的には良いことなのですが、このドラマの物語を一応(特にカラさんを中心に)毎回見てきた私としては、あまり良く思うことができない展開というか、やはりアニメの「アンパンマン」を思い出すような展開だったようにも思えてしまいました。

夕貴さんに整形した(あるいはもともとのサチさんの顔に戻った)カラさんが、里見さんの中では時々カラさんに見えていたという演出は、一瞬“変身もの”のようにも見えましたが、そのほうが分かりやすいかもしれないですし、良かったと思います。

ただ、サチさんが橘カラに整形した場合と同じく、カラさんは夕貴さんになるために、数日の間に身長や体型まで整形手術で変えることができたということなのでしょうか。そのような辺りは私にはどうしても不自然に思えてしまいました。

カラさんになりすましていたサチさんが、夕貴さんになりかわろうとしていたサチさんが、最後には「人情」によって里見さんに屈することになったような結末も、私には少し残念に思えてしまいました。あるいは、サチさんだったカラさんは、連続殺人犯ではありましたが、「完全悪女」ではなかったのかもしれないなとも思いました。何となく、ドラマを見ながら、竜頭蛇尾、という四字熟語を思い出してしまいました。それでも、菜々緒さんの演じる「橘カラ」は、それなりに良かったように思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム