「無痛~診える眼~」最終回

フジテレビのドラマ「無痛~診える眼~」の最終回(第10話)を見ました。

肩を撃たれて橋から川に転落したイバラ(中村蒼さん)の姿が見つからず、診療所に戻った為頼英介(西島秀俊さん)は、刑事の早瀬順一郎(伊藤淳史さん)がイバラに発砲したことを、待っていた井上和枝(浅田美代子さん)と高島菜見子(石橋杏奈さん)に話し、それを聞いていた南サトミ(浜辺美波さん)は自らイバラを捜しに行こうとするのですが、病気なのだからと和枝さんに止められました。

診療所に来た早瀬さんがイバラを凶悪犯だと言って憎んでいる様子を見た為頼さんは、白神メディカルセンターの院長の白神陽児(伊藤英明さん)に言われたのではないかと、白神院長は早瀬さんがイバラを撃つように操ったのだと話していました。白神院長が10年前に弟の心臓を不法に移植したということを聞いた早瀬さんは、白神院長と「石川さん一家殺害事件」とのつながりを調べ始めることにしました。

南さんは、港中央署の刑事の早瀬さんに会いに行く決意をしたようでした。為頼さんと高島さんに連れられて警察署を訪れた南さんは、早瀬さんに、クラスの人たちと一緒になって自分をいじめてきた石川先生を殺そうと思って石川家に行ったこと、石川一家が殺害される現場を目撃したこと、そこにいたのはイバラさんだったことを話し、石川一家を殺したのがイバラさんであると認めていました。イバラさんについて行ったのは寂しい人だということがすぐに分かったからで、少しも怖いと思わなかったし、本当は優しい人だったと早瀬さんに言った南さんは、それでも殺さなければいけないのかと、早瀬さんに掴みかかって強く訴えていました。イバラの犯行が白神院長の薬によるものだと理解した早瀬さんは、イバラを許せないと思いつつも、撃ったことを後悔してもいたようでした。

白神院長と連絡が取れなくなった秘書の横井清美(宮本真希さん)は、為頼診療所を訪れ、そこにいた高島さんに、白神先生は崇高な人だったのにあなたたちのせいで変わってしまったと苦情を言っていたのですが、それなら白神先生人のせいで変わるような人だったということではないですか、と高島さんに反論されると、隠し持っていたメスで高島さんを殺害しようと襲いかかっていました。帰宅した為頼さんは、暴れている横井さんに犯因症を診ていました。そして、メスを奪い取ると、悔しがる横井さんを警察に引き渡していました。高島さんは、いつの間にか人に憎まれていることはたくさんあるのかもしれないということを、為頼さんに話していました。

翌日、石川家と白神院長とのつながりを突き止めた早瀬さんは、為頼さんと会おうとするのですが、為頼さんは、戻って来た白神院長に呼び出されて、白神メディカルセンターに向かうところでした。

院長室にいた白神院長は、無痛治療の研究を続けるために一緒にメルボルンの大学へ行かないかと為頼さんを誘っていました。別の道を行くと言ったはずだと断る為頼さんに、白神院長は、家族の痛みを取り去りたいのだと、為頼さんの亡くなった妻の倫子(相築あきこさん)のことを持ち出していました。為頼さんが悩んでいると、そこへ早瀬さんが拳銃を持ってやって来て、「大切な人、大切な場所」の文章を書いた石川家の妻の彰子さんが、10年前に亡くなった白神院長の弟の怜児さんの元交際相手であったことを為頼さんに教えていました。後に南さんの担任教師となる夫の石川さんは、怜児さんから彰子さんを奪った人でした。

白神院長は、体が丈夫で診察眼もあったけれど優しくて繊細過ぎた弟と、強靭な精神を持っているけれど心臓に疾患を抱えている自分が一体化すれば無敵になると考え、彰子さんに失恋をして山で自殺を図り、脳死状態になった弟から心臓を差し出されていると感じて、そのまま海外で心臓移植の緊急手術を行ったということでした。白神院長は、弟を傷付けておきながら、自分は完璧な幸せを手に入れていると自慢する石川夫妻に、理不尽な死に方をしてもらいたいと思い、無痛治療の研究の協力者であるイバラさんを利用して殺させたのでした。

そのことを打ち明けられた為頼さんは、人は醜いと言う白神院長に、それは否定しない、しかし諦めたくないと反論し、妻を失った苦しみを背負って生きていく、痛みは私だ、と断言していました。

肩の傷口から大量出血しながら必死に川から上がっていたイバラは、小屋で休んでいる時、一匹のアリが這い上がってきた手をじっと見つめていたのですが、それから、為頼さんと早瀬さんと白神院長のいる院長室へ入って来て、ふらつきながら白神院長に近づいていました。イバラを抱きとめた白神院長は、君は私の憧れだった、と言って突き飛ばしていたのですが、床に倒れたイバラの顔に、為頼さんは犯因症を診ていました。そして、為頼先生、ありがとうございました、とお礼を言ったイバラは、早瀬さんが撃った窓ガラスを背に両手を広げて立っていた白神院長と共に窓を突き破って転落して行きました。

為頼診療所には、しばらく休診しますの貼り紙があり、旅支度をしていた為頼さんは、亡き妻の姉の和枝さんに明るく送り出されていました。南さんと高島さんは、イバラさんと白神院長が転落した場所に献花して手を合わせていました。二人で別の病院へ行くようでした。

早瀬さんに会いに行った為頼さんは、犯因症は治らないということと、早瀬さんの殺意は犯因症に苦しむ早瀬さん自身にも向けられているということを話し、それでも刑事を続けたいと言う早瀬さんの右肩を叩いて別れていました。

最後、為頼さんは、母親にあやされながら泣き続けている子供がいる電車に乗っていて、泣き声を聞きながら目を閉じていた為頼さんの旅行鞄には、妻の指輪が付けられていました。

脚本は小川智子さん、演出は佐藤祐市さんでした。

指輪をどこかで失くしてしまいそうだなとも思えましたし、為頼さんがこれからどこへ行くのかも不明のままなのですが、最終回も最後まで面白く見ることができたように思います。

イバラさんと白神院長が自殺をしてしまうという展開が、私には少し寂しく思えたのですが、イバラさんと白神院長にとっては最善の選択だったのかもしれません。

為頼さんは、白神院長に、無痛治療の研究にこだわるのは、白神院長にとって特別な存在だった弟を死なせた痛みから自分が救われたかったからではないかというようなことを言っていたのですが、もしかしたら、白神院長は、善良で鋭い診察眼を持っていた為頼さんは、弟の代わりになりそうな存在だったのかもしれないなとも思いました。

人間らしく生きるためには“痛み”を抱え続けることも必要なのだということが伝わってくるような、良い最終回だったと思うのですが、為頼さんが台詞で説明をする場面がこれまでよりも少し長かったようにも思えました。

先天的無痛症という症状を抱えていた、大切な人だった白神院長に裏切られていたイバラさんが何を考えていたのか、その心理描写がもう少しあってほしかったようにも思えました。仕方のないことなのかもしれないのですが、最終回に一気に「解決」を詰め込んでいるような印象でもありました。

それでも、独特な世界観のある医療サスペンスの連続ドラマとして、全体的にはとても面白かったです。脚本も演出も音楽も俳優さんも、良かったのだと思います。最終回に関しては、私にはいまいちすっきりと見終えることのできた最終回というわけではなかったのですが、最後まで見ることができて良かったです。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム